。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


☆オラクルカードの浄化とカードを引く場の浄化と自己の浄化について

オラクルカードを扱う場合、自己浄化をして、カードの浄化をして、カードを引く場の浄化をしてからカードを引くことが望ましいです。

★オラクルカードの浄化のしかた

1:こぶしで叩く方法
2:お香またはセージの煙にくぐらせる方法
3:クリスタルを置く方法

この3つがあります。

1:こぶしで叩く方法

利き手と反対の手(ペンを持たないほうの手)にカードをひとつの山にして(ひとつにまとめて)持ち、利き手(ペンを持つほうの手)でこぶしを作ってカードを強くコン!と叩きます。これで古いエネルギーが抜けます。

エネルギーを抜いたカードに1枚1枚触れていって、自分のエネルギーを入れます。カードに触れるだけで触れた人のエネルギーが入ります。
外出先などで1枚ずつカードに触れてエネルギーを入れていくことができなければ、カードの角を綺麗にそろえてカードの角に触れます。

エネルギーを入れたカードの山を扇形に少し広げて両手に持って、左胸(心臓のあたり)に持ってきます。そしてカードに祈りを込めます。

祈りの込め方はガイドブックを参考にするといいですが、私は必ず次のような祈りをします。


「このカードは、最高神である創造主と、天使さまたち天界の聖なる愛の光の存在から祝福されます。

このカードで私は天界とのチャネリングができます。

ロウアーセルフと自我が邪魔をすることなくリーディングができます。

このカードで私は多くの人のお役に立つことができます。

このカードで私はクライアントさんの背中を押し、前向きに考えていただけるようにメッセージを伝えることができます。

メッセージを伝えるときに私の口から愛の言葉が紡げます。

このカードは祝福されます。」

これはあくまで私がカードに込める祈りの言葉です。

これでカードを叩く方法の浄化は終わりです。

自分以外の人がカードに触れた場合はこれをやってエネルギーを抜き、あなたのエネルギーを入れなおしてください。


2:お香やセージの煙にくぐらせる方法

あなたのお気に入りのお香に火をつけて焚くか、セージの葉に火をつけて焚いてその煙にカード1枚1枚をくぐらせる(お香の煙にカードを触れさせる)だけです。

お香はあなたのお気に入りのお香で良いですし、安いお香でもかまいません。仏壇用のお線香でもあなたの好きな香りなのなら問題ありません。

なぜ「好きな香りなら」と言うかというと、嫌いな香りのお香を焚くとそのにおいで苦痛を感じてしまい、苦痛のエネルギーがカードに入ってしまうからです。だから好きな香りのお香にしてください。

私はインドの安い瞑想用の『シヴァム』というお香を使っています。シヴァムは甘さのない香りなので、私は『はちみつの香りのお線香』を一緒に焚いています。

なるべくしないほうがいいのは、カードの山をお香の煙にくぐらせるという方法です。
できるだけカード1枚1枚をお香の煙にくぐらせましょう。

お香の煙にカードをくぐらせるのはたまにやるので大丈夫です。毎日やれるのならやってもいいです。
誰かがカードに触れて気になったときもやるといいです。


3:クリスタルを置く方法

カードの山の上にクリスタルを置き、クリスタルに「このカードを浄化してね」とお願いし、浄化されたなと感じるまでクリスタルをカードの山の上に置いておくだけです。

クリスタルは水晶や魔よけ効果のある石はおすすめです。

クリスタルで浄化したあと、クリスタルを浄化してください。

クリスタルの浄化は、水が大丈夫な石なら流水で浄化したあと日本酒に漬け込み「浄化されたな」と感じるまで置いておきます。色が焼き付けてある石は日本酒は色落ちしてしまうので漬け込まないほうがいいです。太陽光が大丈夫な石なら太陽光に数時間当てて浄化します。塩が大丈夫な石なら天然塩を深めの小皿(お茶碗など)に持ってその中に石を入れて「浄化されたな」と思うまで置いておきます。月光に数時間当てる方法はすべての石を浄化できると聞いています。


★場の浄化のしかた

次のやり方は、すかいふわりさんのワークショップで教えていただいたやり方です。

カードを引く場所にクロスを敷いて座ってください。(クロスはなくても問題ありません)

1:頭の上に野球ボールくらいの白い光をイメージします。

2:白い光が大きくなって自分を包み込むイメージをします。

3:白い光をまた野球ボールくらいにしてお腹の中に入れるイメージをします。

4:お腹の中の白い光をまた大きくして自分を包み込むイメージをします。

5:白い光をさらに大きくして自分のいる部屋を包み込むイメージをします。

6:白い光をさらに大きくして自分の家全体を包み込むイメージをします。
 (団地の場合はこのあとさらに白い光を大きくして団地全体を包み込むイメージをします)

7:白い光をさらに大きくして住んでる町全体を包み込むイメージをします。

8:白い光をさらに大きくして住んでる市または区全体を包み込むイメージをします。

9:白い光をさらに大きくして住んでる都道府県全体を包み込むイメージをします。
 (都道府県の地図を思い浮かべてその地図が白い光で包まれているイメージをするやり方でもいいですし、光を大きく広げるイメージでもいいです)

10:白い光をさらに大きくして日本全体を包み込むイメージをします。
 (日本地図を思い浮かべて日本地図が白い光で包まれているイメージをするやり方でもいいですし、白い光を大きく広げるイメージでもいいです)

11:白い光をさらに大きくして地球全体を包み込むイメージをします。
 (地球儀または宇宙から見た地球の映像を思い浮かべて、地球儀または地球の映像を白い光で包み込むイメージをするやり方でもいいですし、白い光を大きく広げるイメージでもいいです)

12:大天使ミカエルさまを呼んで守護してもらう

このイメージをすることで場の浄化はできます。
なお、お香やアロマを焚くのも合わせてするとなおいいです。(焚かなくてもかまいません)

大天使ミカエルさまを呼ぶときは、次のような感じで大天使ミカエルに話しかけてください。

「大天使ミカエル、今すぐここに来てください。私は今からオラクルカードを引きます。私がカードを引いている間、この場と私を邪悪なエネルギーや存在から守ってください。来てくださってありがとうございます。」

これで大天使ミカエルさまが来てくださり、守護してくださいます。


★自己浄化のやり方(これはカードを引く前にやるといいです。)

レイキヒーリングのファーストを習っている方は12ポジションに手を当てる自己浄化ヒーリングをしましょう。

それ以外の方はチャクラクリーニングをしましょう。
寝転がってチャクラに手を当ててイメージする方法です。


1:時間のあるときのやり方

まず恥骨のあたり(第一チャクラ)に意識を向けて両手を当てて白い光を流すイメージをして、赤い円盤を思い浮かべ、その赤い円盤にくすんでいる部分があったら白い光を円盤に流すイメージをし、綺麗な赤色になったら第一チャクラのクリーニングは完了です。

次に下腹のあたり(第二チャクラ)に意識を向けて両手を当てて白い光を流すイメージをして、オレンジ色の円盤を思い浮かべ、その円盤にくすんでいる部分があったら白い光を流すイメージをし、綺麗なオレンジ色になったら第二チャクラのクリーニングは完了です。

次に胃のあたり(第三チャクラ)に意識を向けて両手を当てて白い光を流すイメージをして、黄色い円盤を思い浮かべ、その円盤にくすんでいる部分があったら白い光を流すイメージをし、綺麗な黄色になったら第三チャクラのクリーニングは完了です。

次に胸の中央(第四チャクラ)に意識を向けて両手を当てて白い光を流すイメージをして、緑色の円盤を思い浮かべ、その円盤にくすんでいる部分があったら白い光を流すイメージをし、綺麗な緑色になったら第四チャクラのクリーニングは完了です。

次に喉(第五チャクラ)に意識を向けて両手を当てて白い光を流すイメージをして、青色の円盤を思い浮かべ、その円盤にくすんでいる部分があったら白い光を流すイメージをし、綺麗な青色になったら第五チャクラのクリーニングは完了です。

次におでこ(第六チャクラ)に意識を向けて両手を当てて白い光を流すイメージをして、藍色の円盤を思い浮かべ、その円盤にくすんでいる部分があったら白い光を流すイメージをし、綺麗な藍色になったら第六チャクラのクリーニングは完了です。

次に頭のてっぺん(第七チャクラ)に意識を向けて両手を当てて白い光を流すイメージして、紫色の円盤を思い浮かべ、その円盤にくすんでいる部分があったら白い光を流すイメージをし、綺麗な紫色になったら第七チャクラのクリーニングは完了です。

※円盤が思い浮かべにくかったらボールを思い浮かべるか、もしくはその場所がそのチャクラの色で光っているイメージをするのでもいいです。

これでチャクラクリーニングは完了です。


2:時間のない時、外出先でのやり方

まっすぐに座った状態(立っていてもいいです)で、頭のてっぺんから尾骨まで1本のライン(パイプ)が通っているのを思い浮かべてください。そのライン(パイプ)に頭のてっぺんから白い光と尾骨までサーッと通します。

これで簡易的なチャクラクリーニングはできます。


自己浄化(チャクラクリーニング)→場の浄化→オラクルカードの浄化

この順番で浄化してからカードを引いてください^^


しおん えつこ
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2011.05.17 / Top↑