。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


ピンクのお花1


☆オラクルカードへの質問のしかた


よく、恋愛ですとタロット占いで「彼は私のことをどう思っているのですか?」や「彼と付き合えますか?」や「彼と復縁できますか?」というような質問をされる方が多いのではと思います。

しかし、オラクルカードは『占い』ではなく『ご神託』なので、こういう質問の仕方は向いていないのです。

オラクルカードは相手の気持ちや自分の気持ちを見たり、相手の状況や自分の状況を見たり、「Yes」「No」を聞いたり、時期を見たりするようなことにはあまり向いていません。そういうのはタロットカードのほうが明確に答えてくれます。

オラクルカードはあなたが天使さまたち(聖なる存在)に聞きたいことについてのメッセージを伝えてくれたり『あなたに今とても必要なメッセージ』を伝えてくれたりするものです。

タロットカードに質問する時のタブー(やってはいけないこと)に、「相手を主体として質問してカードを引く」というのがあるので、オラクルカードも「相手を主体として質問してカードを引く」ことはタブーと考えたほうがよいと思います。

「相手を主体として質問してカードを引く」というのは、例えば「彼は私をどう思っていますか?」「彼は浮気をしていますか?」「彼には彼女がいますか?」「彼は結婚していますか?」など、「彼は~~~ですか?」という質問の仕方です。

なので、必ず「自分を主体として質問してカードを引く」ようにするのです。「私は~~~について~~~ですか?」という「私は」「私が」という風に「私」を主体としてカードを引くのです。


オラクルカードに質問する場合、


「私が彼とうまくお付き合いするには私はどうしたらいいですか?」
「私が彼とお付き合いすることで私はなにを学びますか?」
「私と彼とはどんなことに取り組んでいけばいいですか?」
「私が彼と仲良くなるためには私はどうすればいいですか?」
「私が彼ともう一度やり直すには私はどうすればいいですか?」


恋愛なら、こういう感じで天使たちに聞くことになります。
自分を主体としてどのように考えたり行動していくのがいいのかを聞くようにしたほうがいいでしょう。

でも、オラクルカードを持っていなくてガイドブックのカードの意味を読んだことがなかったり、オラクルカードを手に入れたばかりだとどういう質問の仕方をすればいいのかわかりませんよね。


そういう場合、まずはあなたが天使さまたちに聞きたい質問文を考えて、その質問に関する状況や心境を詳しく天使さまたち聖なる存在に話し、またオラクルカードリーダーさんに話せたら話したりしてからカードを引きます。

天使たちはあなたのことを何もかも知っています。あなたのことはすべてお見通しです。ですので取り繕ったり嘘をついたりして状況や心境を話さなくてもいいのです。
天使たちは真実を話した時、あなたのことを咎めたりしません。安心して真実を話してください。

オラクルカードリーダーさんに心境や状況を話せたら、その上で天使さまたちにはこう聞いたほうがいいと思う質問の仕方にオラクルカードリーダーさんが直してくださったりすると思います。

オラクルカードリーダーに嘘の状況や心境を話すと、オラクルカードリーダーはその話を真実だと思ってカードを引きます。ですがそうするとカードの結果も嘘の話へのアドバイスのカードを引きますから、あなたにとって本当に必要ではないメッセージをいただくことになってしまいます。

なので、オラクルカードリーダーに状況や心境を詳しく伝えたくないなら、あまり状況や心境を伝える必要はありません。オラクルカードリーダーに話せる範囲でいいです。でもオラクルカードリーダーに真実を話すようにしていただければと思います。
真実を話すと引くカードが違ってきてあなたが本当に天使たちから聞きたいメッセージが来ます。

なので、質問の仕方についておすすめするのは、まず天使さまたち聖なる存在に聞きたいことの状況や自分の心境を詳しく話して、「このことについてメッセージをください。お願いします」と質問するといいと思います。


「質問が思いつかないけど、メッセージが欲しい」という方は、「今、私(または●●さん)に必要なメッセージをお願いします」という質問でカードを引くといいと思います。

あまり難しく「質問のしかたはこうしなきゃ」とか「この質問のしかたでいいのかな・・・?」と考えないで大丈夫です。

聞きたいことの状況と心境を詳しく天使さまたちに話して「これについてのメッセージをお願いします」と質問してカードを引いてみてください。


なお、カードを引く枚数が少ないと、質問と一見関係なさそうなカードを引いたり、質問と関係のないカードを引く場合があります。

質問と関係ないカードの場合は、「あなたにはその質問よりこちらのほうが今いちばん大切なメッセージですよ」という場合です。

また、質問と一見関係なさそうなカードであっても、あなたに必要なメッセージで、そのメッセージが質問したことに繋がってくる場合があります。

例えば、恋愛について質問したのに「親子関係を癒しましょう」という意味のカードを引いたら、それは一見恋愛に関係なさそうに思えますが、家庭環境がうまくいっていないならマイナスのループにはまっているから恋愛だけがうまくいくということはありませんよということなんですね。

まず親子関係がうまくいくように親御さんとよく話し合って意見交換しあって謝れるところは謝って、ご両親を許せるようになるためにセルフヒーリングに努めたりすることがマイナスのループから抜け出すことに繋がり、そうなると親子関係がうまくいっていることであなたの精神状態が良好になり、恋愛にも良い影響をもたらすということになるんです。


一見、質問と関係なさそうなカードを引いたとしても、すべては繋がっていますので真剣に受け止めてください。


カードを引くときは天使さまたち聖なる存在に対して、そしてオラクルカードに対して真摯に誠実に向き合うようにして、引いたカードでいただいたメッセージについて真摯に誠実に受け止めて、メッセージについて真摯に誠実に考えて、どのように行動することが自分をより幸せに、より良くなっていくのかを考えるようにされて行動するといいと思います。

実は、カードや天使たちに対して真摯に誠実な態度で向かわなくても、問題はないのです。
なぜなら、天使たちはあなたのことをなにもかもわかっていて、あなたの本質を見ているので、表面的な態度で見たりはしないからです。

オラクルカードのメッセージを受け止めてどう考え行動するかはあなたが決めていいのです。

ただ、あなたがメッセージを実行にうつさなかったりすると、何度でも同じカードを引きます。

しおん えつこ

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2011.05.14 / Top↑