。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


オラクルカードのプロになる方で、オラクルカードリーディングセッションの料金設定をどうしたものか悩む方って多いと思います。

特にオラクルカードリーダーはまだ日本全国的に数が少ないですから、相場と言われるセッション料金が決まっていないですから・・・

それに、シックスセンスが目覚めていて天使たちから直接メッセージがいただけるオラクルカードリーダーさんと、私のようにシックスセンスが目覚めているとはあまり言えなくて、引いたカードのガイドブックの意味を噛み砕いて説明するようなリーディングをするオラクルカードリーダーとでは、セッション料金の設定金額に差が出ます。

私がプロになる前に、リーディング(シックスセンスで天使たちからのメッセージを聞くこと。チャネリングのこと)の先生に、セッション料金をいくらにしたらいいか、天使たちに教えてほしいと質問して聞いてみていただいたところ、先生が天使たちに尋ねてくれたのですが、

「自分の好きな金額に決めていいと言っています」

とのことでした。

チャネリングができるオラクルカードリーダーであるマイミクさんが、セッション料金で悩んでいるので、しおんさんはどうされていますかと聞かれたので、セッション料金を伝えたのですが、私が

「天使たちは、セッション料金について、自分の好きな金額に決めていいって言うでしょ?」

と聞いたら、「言う言うw「自分で決めなさい」って」とおっしゃっていましたので、たぶんどのリーディングの先生がチャネリングで聞いても、天使たちは「自分で好きな金額に決めなさい」と伝えてくることでしょう。

私が聞きにいったリーディングの先生は、

「いただく金額に見合うだけの内容を提供しないといけませんよ。」

とおっしゃっていました。

伝える内容が濃く充実しているほど、セッション料金を高く設定してもクライアントさまは納得してくださるはずです。

でも、いくら内容が濃く充実していても、あまりにも高額だと申し込めるクライアントさまもそうはいないので、依頼が来ませんから、そのへんきちんと理性と愛で考えなければなりません。

私の場合は、臨床心理士の心理カウンセリングのセッション料金や、鍼灸師・整体師のマッサージ料金や、タロット占いの対面や電話鑑定のセッションや、スピリチュアル鑑定の電話セッションの相場というか…よくあちこちで提示されている金額を参考に決めました。

タロット占いの対面セッションの相場は、1件20分~30分で3千円で、10分延長ごとに千円課金というところは多いと思います。

メールセッションの場合、会社に勤めている事務職の人が、朝9時~5時まで取引企業に一日中メールを書いて送信していたとしたら、日給6000~6500円というところでしょうから、時給¥800くらいですよね。だからカードリーディングメールやフォローメールを書くのにかかる平均時間を探り出して、価格を決めるという手もありますが・・・

ただ、セッション料金を企業の時給で考える必要はないとセラピストさんたちからは言われました。
おそらく事務作業とは違うからということだと思います…

タロット占いのメールセッションだと、1件3千円でフォローメール3回というのは良心的価格で依頼しやすいので、ご参考にされるのもいいと思います。私はメール1回につき¥400という超低い価格に設定したこともあります。

ただ、金儲け主義に走ると、霊格が低くなり、波長が低くなって、天使たちと繋がれなくなり、低次元の存在と繋がるようになるという話は聞きますので、良心価格でクライアントさまがご依頼しやすいようなセッション料金を設定されるのはいいと思いますが、内容が濃く充実しているのであれば、高いセッション料金でもクライアントさまはご納得されると思います。

対面スピリチュアルカウンセリングはセッション1時間で2万は相場ですので、それも参考にされるといいかもですが、2万はそうなかなか出せる金額ではないので、よほど力量があって良いメッセージを伝えられるなら別ですが、もしかしたら有名だったり信頼性があると思っていただけないと、ご依頼はあまりないかもですね。

『与えることと受け取ること(等価交換の法則、エネルギー交換の法則)』と『因果応報の法則』と『カルマの法則』のことを理性と愛でよく考えて、セッション料金は好きな金額にされるといいと思います。

あまり参考にならなかったでしょうか・・・^^;

オラクルカードリーディングのセッション料金に相場はないものと思ったほうがいいと思います。

オラクルカード1本だけで生計を立てていくのは難しいと思います。


【追記】2012.7.6

友達のセラピストさん2人から、セッション料金について、アドバイスをいただきました。

何分いくら、とか、カード1枚につきいくら、というのは、「この人、お金でやっているな」って思うから、本当に良いセッションを望んでいるクライアントさまは依頼しないのだそうです。

そして、

「経費はいくらか」

「自分はいくらほしいと思っているか」

を計算して、セッション料金を決めて、一度セッション料金を決めたら、その価格より上げるのは難しいことだから、決めたセッション価格で(よほどのことがないかぎり)やっていくのがいいそうです。

そして、経験のあるなしという、どれくらいの年月このプロ稼業をやっているかとか、腕はどれくらいあるかとか、セッションした人数などは、セッション料金を決めるのに考えなくていいとのことでした。

これは少し、参考になったでしょうか?

いただく金額に見合うだけの内容やセッションをご提供することというのは頭に置いておいて、セッション料金を決めてくださいね。

しおん えつこ

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2011.05.17 / Top↑