。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


『レイキ 魔界』『レイキは魔界のエネルギーだと言われた』で検索をかけてこのブログに訪れる方が時々いらっしゃいます。


『レイキは魔界のエネルギーではありません』
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-137.html


の記事には、あの当時わかったことを書きましたが、さらにわかったことがありましたので、この記事に書くことにしました。


私は聖霊さんとイエス・キリストからのメッセージである『奇跡のコース(ア・コース・イン・ミラクルズ)』を学んでいます。

カテゴリー『奇跡のコースについて』と『天使と聖霊について』もご一読くださればと思います。


奇跡のコースについて
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-category-21.html

天使と聖霊について
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-category-36.html


さて、このセカイ(この世とあの世)は、『God is(神、在り)』の世界(これが実在であり現実。天国または神の国と言う)に居る、ひとつの大きな神の子という愛の光である「わたし(あなた)」が、眠りについて夢の中で作っています。

『真実のわたし(あなた)』の『こころ』(意識)がこのセカイ(この世とあの世)という夢の中のセカイ、幻想世界を作っています。このセカイはこの世もあの世も『わたし(あなた)』の『こころ』が『見て』いる幻覚です。

つまり、このセカイ(この世とあの世)は神(創造主)が創っていないセカイなので、実在していません。

天使は、『わたし(あなた)』の心がこのセカイを作るときに、エゴ(自我)と共に作った、神の愛を忘れないための存在で、神(創造主)の創った存在ではないから、天使は幻想ですが、このセカイという幻想世界のスピリチュアルワールドには存在しています。なぜなら天使も大天使も愛の『意識』だからです。

『わたし(あなた)』の『こころ』が天使に意識をフォーカス(集中)して『見て』いるから、いることを感じますし、このセカイにおいて、天使は聖霊の道具となった時は、神の愛を見せてくれて、私たちを助けてくれます。(天使はエゴ(自我)の道具であるから、エゴ(自我)の道具となっている時もあります)

このセカイで『わたし(あなた)』の『意識(こころ)』はなんでも見れます。なんでも見れるということは、『わたし(あなた)』の『意識(こころ)』は顕在意識と潜在意識の『私(あなた)』が望むものをなんでも見せるということです。

天使に意識を集中して見ようと思ったら天使を感じられるのと同じように、『魔界がある』『悪魔がいる』と思ってそこに意識を集中すると、『意識(こころ)』はなんでも見れますから、魔界と悪魔を『見る』(感じる)ことになります。

魔界や悪魔を『見て』いる人は、そこに意識を集中しているから見るのですね。

魔界や悪魔をまったく信じていない人は、魔界も悪魔も『見る』ことはありません。天使が幻想であるように、悪魔も幻想です。魔界や悪魔を『見たい』、『ある』と思った人が『見る』のだということです。『意識(こころ)』はなんでも見れるからです。


このことを知るまで、魔界や悪魔が怖いと私も思っていましたが、このセカイはわたし(あなた)の『こころ』が『見て』いる夢(または幻覚)なので、魔界もありませんし、悪魔もいません。

このセカイを幸せなセカイにするのもしないのも「わたし(あなた)」の「こころ」です。

どうせなら、幸せな夢を創りましょう。

あなたの内に神(創造主)が置いた、聖霊に頼んでお願いすればいいだけなんですよ。

レイキが魔界のエネルギーだと言われて心配なら、こう聖霊さんに頼めばいいのです。

「聖霊さん、わたしは宇宙の愛の癒しのエネルギーを受け取りたいです。わたしに宇宙の愛と癒しのエネルギーを送ってください。わたしに受け取らせてください。そして流させてください。」

聖霊さんは必ず応えてくれますから、これで大丈夫です。

『レイキ』も『シータヒーリング』も『リコネクティブヒーリング』も、『名称』に過ぎないそうです。
どれも宇宙の愛と癒しのエネルギーです。


。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。

なお、悪魔については、悟りに到達された賢者テラさんと言う方が、スピリチュアルTVに出演されて悪魔について語っています。

その動画がこちら↓
賢者テラさん キリスト教から覚醒しました
http://www.ustream.tv/recorded/39500895

経験なクリスチャンの方は「なんてこというんだ」と思われるかもしれませんが、スピリチュアリティ(神聖性)を学ぶなら、その宗教にどっぷり浸かるのではなく、他のスピリチュアリティを説いた覚者の本くらいは読まれたほうがよろしいかと思います。

聖書と福音書は私はまだ読んでいませんが、さまざまな国の聖者が世界中にいらっしゃって悟りについてのセミナーをやっていらっしゃるので『聖書だけがすべてではない』と言えると思います。

ユーチューブでキリスト教団体 Lehigh Valley Japanese Ministries  の動画をいくつも見ましたが、そこの団体の信者さんの悪魔が訪れて来た体験や、幽体離脱して魔界に堕ちた体験や、臨死体験で魔界に堕ちた体験をした信者さんたちが体験談を話す動画の中で、信者さんたちが話していたのは、

イエスさまに助けを求めたら十字架がぱっと現れてその十字架を悪魔につきつけたら悪魔がひるんだとか、

死んでから誰かに呼ばれて廊下に出たらそこに居た人々に連れられて行った先で暴行を受けて瀕死の状態になった時に、「神に祈りなさい」という言葉が聞こえてきて小さいころに歌った讃美歌を歌ったら暴行してきた人がひるんで、イエスさまが現れて天国に連れていかれたとか、

そういう体験談の動画がありまして、レイキで悪魔が訪れたり魔界に連れていかれたりしたなら、神さまとイエス・キリストに助けを求めるといいのではと思います。

大天使ミカエルに助けを求めても助けに来てくれるかもしれませんね。

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2011.05.17 / Top↑