。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


オラクルカード(まはたエンジェルカード)を『占い』だと言っている(または書いている)プロの方々がたくさんいるようですが、


オラクルカードは占いではありません。

オラクルカードは ご神託 です。



オラクルカードは、天界の聖なる愛の光の存在たちからのメッセージをカードにしたもので、『ご神託』のカードです。

チャネリング(シックスセンスを用いて天界の聖なる愛の光の存在や、スピリチュアルワールドの人たちとコンタクトを取り、メッセージをもらうこと。最近ではリーディングと言います)のためのカードですから、天使たちからの介入と、引き寄せの法則が働いていて的確なカードしか引きません


オラクルカードを『占い』か『ご神託』かをクライアントさまに強要する必要はないとおっしゃるプロの方々もいらっしゃいますが、クライアントさまがオラクルカードを占いだと思っていらっしゃると、『当たるも八卦 当たらぬも八卦』という姿勢でメッセージを聞くので、それではなんのためにオラクルカードを引いて『ご神託』のメッセージを聞くのかということになり、メッセージがアドバイスとして活かされなかったりします。

それに天使たち聖なる愛の光の存在たちに失礼とも言えます。天使たち聖なる愛の光の存在たちは「失礼だ」なんて思う存在ではありませんが、聞く側のこちらの姿勢として真摯で誠実な態度での姿勢で聞くことは大事なことであり、そうすることが望ましいと私は思うのです。


オラクルカードは、現実や未来を当てたりするようなものではなく、占いではないので相手の気持ちを見たり、自分の気持ちを見たり、時期を占ったりするものではありません。

(yesかnoかを見るのは、カードに『YES』のカードや「その通りです」「あなたは正しい道を進んでいます」「そのまま進んでください」などのカードがあるデッキで聞けば、聞けなくもありません)

あなたの今の心の状態や生活でしていることや人生についてのアドバイスを天使たちが伝えてくれるメッセージカードです。

簡単に言うと、オラクルカードは天使たちと会話するためのカードです。

オラクルカードは、引いたカードのメッセージについて自分で考えて、どうしていくかを自分で決めて行動していくことが大事なのですが、オラクルカードのメッセージ通りにしたら、うまくいった、幸せになった、ということはよくあることです。

「これこれについてこうしたいんだけど、どう思う?」

と聞くと、たいてい天使たちは「あなたはどうしたいのですか?」というカードを出してきます。

だから、自分で考えて「こうしたい」と決めたら、

「私はこれこれについてこうしたいです。メッセージをください。」

と聞いてカードを引くと、それについてメッセージをくれます。

迷っていることがあって決めかねていたり、どうしていいかわからなかったりしたときは、状況や心境を詳しく伝えながらカードをハンドシャッフルして、

「今の私に必要なメッセージをください」

と聞いてカードを引くと、今のあなたに必要なメッセージのカードを出してきます。

これについて、当たったとか、当たらなかったとか、そういう物の見方をすることはおすすめしません。

カードのメッセージを受け入れた上で、自分で考えてどうするか決めて行動していくかが大事です。

「天使たちがカードでこう言って来たけど、私はそうしたくないもん!」

とあなたが思うなら、思うようにされるといいでしょう。その代わり、あなたがいつまでもやらなかったら、状況が変わるまでは何度カードを引いても、あなたがやる気になるまで、天使たちは根気よく同じメッセージのカードを出してきてあなたに促します。

これは何度か、オラクルカードを引いてみて試してみるのがおすすめです。

こちら↓のサイトでオラクルカードの1枚引き・3枚引きができます。


ライトワークス
http://jma-healing.com/index.html

(右メニューの下にある『オラクルカード無料体験』をクリックです)


『ご神託』のカードであるオラクルカードを何度でも引いて、あなたが幸せになるためにあなたの人生にオラクルカードをお役立てください^^


※最近わかったことですが、天使たちがエゴ(神と分離したことによる怖れからくる自我)と共に私たちがこのセカイを作った時の『設定』を見て言ってくるため、オラクルカードは聖霊の道具ともエゴの道具ともなることがわかりました。ですから引いてリーディングするときに、聖霊の視点で見ることも必要になる場合があります。ですがこのセカイの『設定』はその通りに働いていてそのように私たちが作っているので、オラクルカードのメッセージをそのまま受け止めても大丈夫です。

しおんえつこ
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2011.05.17 / Top↑