。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


6月13日の深夜(もしかして14日の午前深夜?)に天国に逝った産みの母へ捧げる薔薇の花束の薔薇のピックアップ写真その4です。

薔薇16

薔薇17

薔薇18

薔薇19

薔薇20

全部で20枚撮ったので5枚ずつ掲載しましたが、この記事で写真は全部掲載し終わりました。
(*^^*)

咲いてくれてありがとう。
母も喜んでくださっていると思います。

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2015.06.25 / Top↑

6月13日の深夜(もしかして14日の午前深夜?)に天国に逝った産みの母へ捧げる薔薇の花束の薔薇のピックアップ写真その3です。

薔薇11

薔薇12

薔薇13

薔薇14

薔薇15

web拍手 by FC2
2015.06.25 / Top↑

6月13日の深夜(もしかして14日の午前深夜?)に天国に逝った産みの母へ捧げる薔薇の花束の薔薇のピックアップ写真その2です。

薔薇6

薔薇7

薔薇8

薔薇9

薔薇10

web拍手 by FC2
2015.06.25 / Top↑

6月13日の深夜(もしかして14日の午前深夜?)に天国に逝った産みの母の若い頃のお写真を2枚いただいたので、いつもは行かない薔薇の花の種類が豊富なお花屋さんへ行き、薔薇の花束をお迎えしてお写真の前に飾り、母にプレゼントしました。

色んな角度から写真を撮ったら20枚でしたので、5枚ずつ小分けして掲載していきます。

薔薇1

薔薇2

薔薇3

薔薇4

薔薇5

web拍手 by FC2
2015.06.25 / Top↑

6月3日から産みの母のことで東京に行った時、病院の最寄駅の駅前のスターバックスの開店を待っているとき、花壇があってその中でとても惹かれた可愛らしいお花があったので写真を撮りました♪

花壇の花1

花壇の花2

とってもかわいいです
(*^^*)

web拍手 by FC2
2015.06.25 / Top↑

聖母マリアさま


聖母マリアさまの絵が私にも描けないかなと思ってメモ帳にさらさらっと描いてみました。

私の絵心ではこれが精一杯・・・

ですが、けっこう気にいっています♪
(*^^*)

web拍手 by FC2
2015.06.25 / Top↑

NHK総合 ETV特集『小さき命のバトン』の再放送を見ました。

望まぬ妊娠をして悩んでいる方や、望まぬ妊娠をして出産した人が匿名で赤ちゃんを預けられる『赤ちゃんポスト』を2007年にやりはじめた熊本県の産婦人科の『慈恵病院』の赤ちゃん縁組についての特集です。

慈恵病院
http://jikei-hp.or.jp/

さんの、

こうのとりのゆりかご(慈恵病院)
http://jikei-hp.or.jp/cradle-of-the-stork1/

というものがあります。

望まぬ妊娠で産んでもどうしても育てられない方や、お金がなくて産婦人科に通院できないような全国の女性たち、赤ちゃんを養子にもらいたい御夫婦の赤ちゃん縁組の相談を受け付けてくださっています。

この特集内では望まぬ妊娠をした女性を叱るようなシーンはありませんでしたので望まぬ妊娠をした女性にちゃんと自分の経済力を考えて安易にセ●●●をしないように叱ったりなさる方がいてくださればと思います。

叱ってもどうにもできないものなのかもしれませんし、望まぬ妊娠をしてセ●●●というもののことの重大さをすでに女性たちが気づいているから叱らないということならそれはそれで1つのやり方なのかもしれませんが、やはりそういう時に手厳しく愛を持って叱りつける先輩女性は必要だと私は思っています。

私自身は両思いになった体験がないためわかりませんが、好きな男性、もしくは好きとかいう気持ちではなくなんとなく付き合った男性に求められて雰囲気やシチュエーションでヒートしてそういう行為に及んでしまう理性が働かないどうしようもない事情もあるのかもしれませんが、ほんとうに女性にはご自分の経済力だけで子供を育てられる養育費も稼げないのなら、安易にセ●●●という行為をしないでほしいものだと思います。

男性はご自分の経済力や子供1人を成人まで育てる養育費がいくらかかるかなんて知らないで快感だけを本能的に性欲で求めてセ●●●の行為をするようですし、自分の性欲の要求に応えないと

「オレのこと好きじゃないんじゃないか?(愛していないんじゃないか?)」

と思ったり性欲を解消できない不満で交際をやめてしまったりするようなどうしようもない男性の方々の話も聞きますが、本当に相手の女性を大切に思っていてセ●●●が赤ちゃんができてしまう行為であることや自分が養育できる経済力があるかどうかなどを考えてくださっている理性的な責任をきちんと取るような考えがある人ならきちんと避妊についてはしっかりとやってくださるはずです。

ひとつ女性が望まぬ妊娠をしてしまう理由について私が知っているのは、相手の男性がより快感を強く感じるために避妊具をつけないで女性と行為をなさること、女性はそれで妊娠してしまったらという不安を持つけど相手の男性に捨てられることを恐れて避妊具なしでの行為をしてしまうことがあるということです。

これはその女性が親からしっかりと愛されてこなかったため、愛されないことの怖さと寂しさを知っているから、セ●●●に応じないことで相手の男性に捨てられて愛されなくなることの恐怖と寂しさを感じたくないために避妊しない行為に応じてしまうということです。

この場合、こういう女性にはセルフヒーリングをしてしっかり心を癒して満たすことがとても大事です。

レイキヒーリング、フラワーエッセンス、ブルーノ・グルーニングさんの聖霊治療、癒しの大天使ラファエルやイエス・キリストや聖母マリアさまのヒーリング(高次元のエネルギーはほとんどこうとわかるように感じません)などの私がいつもブログでこれでもかと何度も紹介しているエネルギーでのセルフヒーリングが大事です。

エネルギーでのセルフヒーリングに取り組むとトラウマ(心の傷)が癒されて心の愛のバケツに愛の水がいっぱい溜まって心が癒されて満たされて、寂しさを感じなくなり、他者から愛されなくても平気のへーになって、心がしっかりとしてきて、自分をちゃんと大事にして生きることができるようになります。

つまり、相手の男性から避妊なしのセ●●●を求められたらきっぱりと断れるようになるし、避妊具なしのセ●●●を断ったことで別れるとか言われてももっと私のことを大事にしてほしいという意見をきっぱりと言うことができるようになりますし、自分のことを大事にできるしセルフヒーリングによって愛されなくても平気のへーだからそんな自分のことを大切にしてくれないような男性と別れることは怖れを感じないと思います。

男性とデートで割り勘の食事代を支払う経済力やカラオケに行ったり漫画を買うお金があるなら、ぜひフラワーエッセンスを購入して摂ってみてほしいです。

お金がないなら大天使ラファエルか奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの聖霊治療に取り組まれるととてもいいです。

大天使ラファエル、イエス・キリスト、聖母マリアさま、またはお釈迦さまや観世音菩薩さまなど聖人聖女のヒーリングのやり方は、たとえば大天使ラファエルなら、こんな感じで自分の言葉で大天使ラファエルを呼んでヒーリングしてもらうのです。

「大天使ラファエルさま(さまはつけなくてもかまいません)、今すぐここに来てください。あなたのヒーリングエネルギーで私をヒーリングしてください。●分間(ここで時間を言う)ヒーリングエネルギーを流してください。来てくださってありがとうございます。」

このように「今すぐここに来て下さい」と「来てくださってありがとうございます」を必ず言ってヒーリングしてもらいましょう。

イエスさまなら「イエスさま」、聖母マリアさまなら「聖母マリアさま」という名前に変えて自分の言葉で呼んでヒーリングしてもらうのです。

ヒーリングしてもらったら「ありがとうございます」と心からの感謝の気持ちで言うと、イエスさまたちへのお給料となります。

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの聖霊治療のやり方は正式なハイルシュトロームの受け取り方というのがちゃんとあるのですが、とりあえずこの記事では、

「ブルーノさん、助けてください。ハイルシュトロームを流してください」

とお願いするとハイルシュトローム(治癒エネルギーの流れ)は流れてきます。

自己流でやるとなかなか奇跡の治癒は起きないのだとブルーノさんの交友会の代表からはお聞きしていますが、まずハイルシュトロームを感じてみて、幸せな体験をしたりするようになったなら、ブルーノさんの正式な友となるために交友会への入門を考えて交友会の入門案内を受けてみるといいと思います。

目に見えないエネルギーでのヒーリングは、最低でも3ヶ月は取り組んだほうがいいですし、心の傷が深い場合は何年という単位でのセルフヒーリングが必要ですし、愛のエネルギーチャージは頻繁にしたほうが心にはとてもいいです。

赤ちゃんを育てられる経済力や覚悟がないなら、安易なセ●●●はしないように、もし相手の男性がセ●●●を求めてくるようになったら、きちんと赤ちゃんができてしまう行為なんだということや子ども1人が成人までにかかる養育費(最低額で2000万円)のことや養育する責任をきちんと持つ覚悟があるかについて、お互いの経済力について、きちんと話し合ってからの話だと思います。

それもしてくれないような男性はあなたのことを大切に思っていないか、きちんと責任を持ってくれない男性だということを踏まえておかないとなりません。

web拍手 by FC2
2015.06.14 / Top↑

「5日間東京に行くのでベランダの鉢植えの水遣りができないから枯らしてしまうかも・・・」

と奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの交友会の友に言ったら、

「しおんさんちにはブルーノさんのちらしがたくさんあるから映画上映会のちらしを鉢植えの底に1枚1枚敷けば枯れないかも」

と友が提案してくださって、なるほどとそうしてからでかけました。

帰宅してすぐにベランダに水遣りに行ったら、紫陽花さん2鉢は窓際側に置いておいたのですが葉っぱがしなっとなっていて水遣りしたら復活。

そしてベランダの柵際の鉢植えさんたちの土を触ったら湿っているんです。

もしかしたらブルーノさんが強い風と雨を降らせて天の水遣りをしてくださっていたのかな・・・と思っていましたら・・・

昨日の夕方、鉢植えさんに2日間水遣りをしていなかったから

「鉢植えに水やらなきゃな~」

と思いながらテレビを見ていたら、突然のすごい雨と風が!

10分くらいか待っても止まないのでブルーノさんに、

「ブルーノさん、私が水遣りをなかなかしなかったので天の水遣りをしてくださっているのですね。
鉢植えさんたちのどが渇いているのですね。
雨が止んだらすぐに水遣りをします。」

と言ったら3分後くらいかに雨がパッと止んだので、すぐに水遣りをしました。

ブルーノさん、私が東京に行っている間、きっとこんな風に天の水遣りをしてくださっていたんだなって確信しました。

強風雨で人がすごい濡れてしまって申し訳ないのですが、街の木々もたくさん水が飲めましたし、うちの鉢植えさんも枯れなかったのでみなさん許してくださいませ・・・

ブルーノさん、天の水遣り、ありがとうございます。

ひまわりさん、小さな鉢のはどうやらダメそうなのですが、大きな鉢植えのほうはすくすく育っていて茎も太くなって立派になってきています^^

12日くらい前はこんな感じ
ひまわり3

今日(6月12日金曜日)はこんな感じ
ひまわり4

そしてロベリアさん2鉢も枯れている葉っぱもありますがまた花がたくさん咲きましたので、写真に撮っていませんのでまた明日にでも撮りたいと思います。
web拍手 by FC2
2015.06.13 / Top↑

NHK総合の、もしかしたら『クローズアップ現代』かもしれませんが、シングルマザーについての25分間の特集がありました。

地方のシングルマザーについてのことをやっていました。

富山県で暮らすあるシングルマザーAさんはお子さんが1人いらして、朝8時から働いて収入は10万円、家賃と光熱費で3万円、食費3万円、そして地方ならではの出費で車の維持費やローンで3万円、その他で1万円でほとんどお金がなくなってしまうそうです。

ごはんのおかずは2品だそうですが、食費を節約するためにAさんは自分がおかずを食べないということもしているそうです・・・

正社員で働きたくても子供が病気になることがわかっている会社側はシングルマザーを正社員では雇わないので、結局アルバイトやパートで働くしかないそうです。

中部地方で暮らすシングルマザーは14万人、シングルマザーの平均年収は、

富山県・・・235万円
静岡県・・・194万円
名古屋市・・・249万円

だそうです。

地方ではシングルマザーが充分な収入を得ながら子育てができる仕事が限られていて、性風俗で働くシングルマザーもいるそうです。

性風俗は子供が病気の時など急に休んだりすることができる仕事でもあるからだそうです・・・

霊的には性風俗は危険なので私はおすすめしませんが、充分な収入で子供が病気の時にきちんと寄り添ってあげて子育てしないとならない方にやめたほうがいいとはとても言えません・・・

しかし性風俗は若くてそれなりに綺麗な女性じゃないとできないと思います、若くて綺麗なうちは雇ってもらえるのでいいですが、性風俗で子供を大学まで通わせようと思っていても、子供が大学生くらいになる頃に40代や50代で年いった女性だなとわかるような容姿だと雇ってもらえないか、雇ってもらえていても指名がないか、仕事をまわしてもらえてもお客さんが不満を感じて苦情を会社側に言ったりすれば仕事はまわしてもらえず辞めることになるだろうと思うんですが・・・

富山県に『えがおプロジェクト』があり、

えがおプロジェクト
http://www.egao-toyama.net/

では、シングルマザーの方の悩み相談や、料理教室などシングルマザーの方々の為の交流会をやっているそうで、車で2時間かけていらっしゃる方もいるそうです。

そして番組では『日本一子育て村』である、島根県邑南町(おおなんちょう)に移住するシングルマザーもいると紹介されていました。

まず、第二子以降は保育料無料、中学卒業まで医療費無料、、暮らすのは町が町営住宅を用意していて3LDKで家賃は月4万4千円、島根県邑南町(おおなんちょう)に来てすぐに暮らすことができるようになっているそうで、移住したある女性はブルーベリー農園で働いていました。

そのブルーベリー農園で週に5日働くと給料は手取りで15万円ですが、残業はなく17時で仕事をあがることができるそうで仕事を17時であがって車でお子さんを保育園に迎えに行けるそうです。

そのかわり、畑仕事するなら農作業、毛虫などもピンセットで取ってペットボトルにぽとんと入れて集めたりで、そのブルーベリー農園で働く女性は毛虫の顔を怖がりながらも『母は強し』でこなしていました。

島根県邑南町(おおなんちょう)の地元の人たちもシングルマザーを応援していて、隣の家のご家族がある女性のお子さんを一緒に遊びに連れて行ってくれたりして、お子さんものびのびと暮らしていたりして、町の役所の人が様子見に来てくれて声がけしてくれたりとしていて、シングルマザーが孤立することがないようにされていました。

島根県邑南町(おおなんちょう)に移住を考えたりしたシングルマザーの方や子育て家庭のご家族の方はこちらのページへ↓

島根県邑南町(おおなんちょう)
http://www.town.ohnan.lg.jp/docs/2011042800013/

子連れ恋愛と再婚(Step Family)、ひとり親家庭を応援する、

NPO法人『M‐STEP』
http://m-step.org/

の理事長さんは、

「シングルマザーは『働くお母さん』ではあるけれど、『働かなくてはならないお母さん』でもあるので覚悟が違うんです」

とおっしゃっていました。

私はこのブログに、

パートナーの経済力をアテにしないことです
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1181.html

女性は子供を産むなら自分の経済力で育てられる人数にしましょう
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1540.html

この2つの記事を書いていますが、若い女性にはほんとにきちんと自分の経済力のことを考えて、セ●●●をすることについてと子供の人数について、きちんと考えていただきたいです。

もちろん男性にも考えて欲しいですが、男性は本能(性欲)での快感を強く求める気持ちで理性がふっとぶ方や、子ども1人を成人まで育て上げるのにどれくらいお金がかかるかを知らなくて家族計画をきちんとできる理性がない方や、今の社会システムでは低賃金の仕事ばかりでそういう仕事で働いていて経済力がどうしてもない方も多くいますでしょうから、女性がしっかりしないとなりません。

私は何度かブログに書いていますが、セ●●●に踏み込めない心の持ち主であったことと、恋する人から振り向いてもらえるだけの女性的・人間的魅力があの当時なかったこと、自分に経済力がなく自分が食べて行くのもやっとだったので子供を育てられる経済力がないことや男性はアテにならないことがわかっていたので、そういう行為に踏み込みませんでした。

私はこんなえらそうなことを言えるような立場ではない、社会的弱者の立場で国に保護されている身でこんなことを書いて申し訳ないのですが、私などは子供時代の虐待や(これは克服できていると思います)、長年の栄養不足な食生活とハードな肉体労働、睡眠不足、2回の大失恋やらでストレスの負荷などかかって統合失調症になってしまいましたから人生なにがあるかわからない、健康で生きられる保障もないので、若い女性には自分の経済力とセ●●●と子供についてはしっかり考えていただきたいです。

私もやはり少しでも働けるようになって、そして体力をつけてボランティアでなにかの貧困支援をしたいなぁと思います。

編み物で貧困支援していた方もいらっしゃったので、編み物講習会に通うのをまた再開できたらなぁと思っています。
仕事は農業を狙っています。

web拍手 by FC2
2015.06.12 / Top↑


産みの母の最期に立ち会えるかと思って5月3日に名古屋を出発して東京へ行き、8日に名古屋に帰って来ました。

名古屋に戻ってから連絡がまだないので、母は延命措置でまだ生き延びていると思います。

東京で4日間、10年ぶりに母の病室で1時間半~2時間ほど姉と一緒に過ごして姉から言われたことで、私が社会不適合者であることをきちんと見つめて、きちんと社会でやっていけるようにならないとなぁと思う4日間でした。

私は病気で国に保護されている身で社会的責任を負っていないので自分の好きなことだけやってのほほんと過ごしていてスピリチュアリティの勉強をしてスピリチュアルTVばかり見ていますが、そんな私を支えてくれているのは一般社会人なんだと姉に強く言われて、病院で働いている医師の方や看護師さんや、電車で乗り合わせた人々、深夜バスや市バスの運転手さん、駅員さん、新幹線で働く車内販売のお姉さんや女性の切符拝見の方、そして名古屋に帰宅してからテレビをつけてテレビに出ている人たちを見て、私ももっと社会に適合してやっていけるようにならないとな・・・と思いました。

できれば無償ボランティアではなくて、障害者雇用でちゃんと雇われて働けるようになるように・・・

農業を狙っていますが、政令指定都市である名古屋にいたほうがいいなら今住んでいるおうちでずっと暮らして、週1日からの工場内軽作業でもいいし、なにかおおざっぱな記憶力しかなく忘れやすい私でもメモをとってメモを見ながらできるなにかのお仕事で雇っていただいて少しでも働けるようになるようにがんばりたいです。

今はB型作業所で週1日5時間内職みたいな作業訓練をしてワンコインいただいてという活動とボランティアがせいいっぱいですが、もしかしたら長年かけて取り組んで勉強すれば少しずつでも覚えられるかもなので、アロマオイルやフラワーエッセンス、対話士、心理カウンセリング、NLP、コーチング、タロット占い、編み物、ソーイングなどの資格の勉強のどれかをやってみるといいのだと思います。

私でもできそうな気もするのだけど、対話士の資格って難しいのかな・・・
今月はお金がすっからかんなので何ヶ月かお金をがんばって貯めて、対話士の資格の資料を取り寄せたり、タロット占い教室に通うことも考えてみます。

私が自分で私の個性や特徴だと思っていたことは、姉によると
「統合失調症だからだ」
とのことで・・・

たとえ覚醒へのプロセスでの幻聴幻覚なのだとしても、まともに日常を過ごせず精神科に通院して統合失調症のレッテルを貼られるともうそういう風にしか見てもらえないんだなと痛感しました。

でも私負けないっ。
そういう風にしか見られない人もいるのはわかっているけど、愛の意識の高い人はそういう風に見ないことも体験しています。

ヒーリングに取り組めば統合失調症でも回復するんだ、たとえ無償ボランティアでも社会で役に立つこともできるんだと発信していきたいです。

web拍手 by FC2
2015.06.12 / Top↑

スピリチュアリティを20年以上勉強なさられていて、聖霊とイエス・キリストからのメッセージとされる『奇跡のコース』の解説や、デヴィッド・ホーキンズ博士が書かれたご著書の内容などを解説してくださっている方から、

清水友邦(しみずゆうほう)さん
『覚醒の真実』
http://www.amazon.co.jp/%E8%A6%9A%E9%86%92%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E8%A6%9A%E9%86%92%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%8F%8B%E9%82%A6/dp/486451139X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1433091912&sr=8-1&keywords=%E8%A6%9A%E9%86%92%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F

という本をご紹介いただきました。

この本の中に統合失調症のことについて書いてあるとのことだったので、読んでみたのです。

覚醒のプロセスにおいて、その状態が周囲に理解されず、統合失調症や精神障害とされてしまうことについてちらっと書かれていたのですが、

「統合失調症とは覚醒のプロセスから言うとこれこれこうで・・・」

と詳しく説明がされているわけではないため、医師にこの本をパッと見せて

「ここ、読んでくださいますか?」

とお願いして読んで頂いて・・・というわけにはいかず、この本を最初から最後まで読んでみていただいても精神科医にご理解いただけるものなのかどうかはわからないところでした。

この本の最初の方には、自然分娩と病院出産との違いについて、ウガンダの女性が自然分娩で出産した赤ちゃんと病院出産の赤ちゃんとの違いについて書かれていたりもしましたし、

覚醒に至るプロセスにおいての説明を、いろいろ覚者の言葉を引用したりしての解説がされていて、覚醒している方でないと書けない内容なのではないかなと思いました。

さらにすごくびっくりしたのが、マザー・テレサについての話が書いてあったのです。

マザーが、キリスト教で言う『魂の暗夜』というものを10年くらいの期間ずっと体験なさられていて、奉仕活動をなさられている傍ら、ご自分の中に愛があるとはまったく感じられず悩んでいらして、その闇の心を受け入れて愛するのに10年ほどの期間がかかっていて、闇を愛して初めて『照明体験』をなさられていたのだということが、マザーの発言を聞かれて本を書かれた方の文章を引用して書かれていました。

マザーほどの方が『魂の暗夜』を体験なさられているのなら、私という凡人が自分の中に愛を感じられていなくてもおかしくはないのだと思いました。

そして、沖縄では覚醒へのプロセスで一般の人に理解できないような状態になっている人を、まずユタさんのところへ連れて行くのだと書いてありましたが、10年くらい前でしょうか、ひょんなことでなにかを検索した時に、若いユタの女性のブログを見ることになり、そこに書いてあったのは、だいたいこんなことだったなと思い出して書くと、

「ユタになる人は(ユタになるためのプロセスの)洗礼を受けます。ある日突然、人に見えていないものが見え、人に聴こえていないものが聴こえ、それらによって街中をさまよい歩いたりします。そういう人を沖縄の人たちは

「この人はユタになる人だ」

と判断して、そっとして見守っていてくれるのです。

そうして私も1ヶ月ほど町をさまよいました。」

幻聴や幻覚を見て異常なことを口走ってすぐに精神科に連れていかれた私の体験している、幻聴や幻覚、異常感覚はどうなのだろう、脳の異常なのか覚醒へのプロセスなのか、どちらなのか知りたいところです。

ちなみにスピリチュアルTVでやまがみてるおさん特集をしていた時に、チャットにやまがみてるおさんがいらしていて、私が1日思考が止まったという体験談を話したら、やまがみてるおさんから

「しおんさん、それは『目覚め体験』です。それは高評価してください。」
「私もエゴの消滅プログラムを体験している過程で幻聴に悩まされました。」

とおっしゃっていましたから、本当は私は統合失調症ではなく覚醒へのプロセスをたどっているのかもしれないけれど、糖尿病を抱えているので修道院に入って修行というわけにもいかず、お金がないので霊能者に師事するわけにもいかずで、低賃金でバリバリ働いてなんとか生計を立てて行く仕事もできない体の状態ですから生活保護で保護していただくためにも精神科に通院するしかないわけでして・・・

もっと覚醒の視点から統合失調症について詳しく説明してくださっている本があればと思いました。

ですが覚醒についてまとめられているこの本は読んでよかったと思います。

統合失調症患者を見下してバカにする人もいますが、覚醒へのプロセスで周囲に理解されず統合失調症の診断名がつき精神障害者にされてしまった人なのなら、そういう人かもしれない人を見下してバカにすることについてそれがふさわしいのかは考えてみる必要があるのだと思います。

精神科医には、覚醒、悟りについてを勉強していただきたいものだと思いました。

web拍手 by FC2
2015.06.01 / Top↑