。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。

※この日記は2017年5月22日(月)に普段のブログのほうに掲載したものです

これは過去にもなにかの記事で書いたことなのだけれど、
お身内を亡くして悲しまれている方からのメールを読んで、
メールでお返事した時に書いたものを一部掲載しながら、
この記事用の文章も書きながら編集(?)して掲載しますね。

゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。‥*‥゜゜‥*。。*‥☆‥*゜゜

●●さん、私達には『いまここ』しかないんですよ。
『いまここ』『いまこの瞬間』しか私たちにはないんです。

これは悟っている人がよくおっしゃっていることですが、
私はヒーリングに取り組んで過去の傷を癒している間に、
これに気づきました。

時間を細かく分けるとコンマの世界になってしまうけれど、
単純に1秒前と1秒後と『いまこの瞬間』で考えてみてほしいのです。

時計の針が動いて『今この瞬間』が『1秒前』になると、
それはもう『今』ではなくて、

『頭の中の脳の記憶にしかない時で、今ここにない幻想』

になります。

それがさらにもっとどんどん過去になっていけば、
その『1秒前』のことは思い出しもしませんが、
強烈に記憶に残っている『過去の時の幻想』は
『思い出す』ことはできても
『今ここに現実として無い』もので、『記憶』です。

もちろんその過去の『記憶』を思い出して
『今この瞬間』においての自分の感情が湧きおこったりします。
それが『過去の追体験』というものなのでしょう。

時計の針とメモリ(?)を見たり思ったりする
『1秒後』の未来は『まだ来ていない』ので、

『頭の中にしかないもの(予想)』

になり、これも『今この瞬間』にない現実にはないものです。
それが『未来』という『予想の幻想』です。

すると、私達にとっての『現在、在る』のは
『今この瞬間だけ』になり、
現実とは『今この瞬間だけ』で、
『今この瞬間』のみが『確実にあると感じている現実』となります。

ここがなかなか悟っていない私達には難しいところ・・・
頭でこれがわかっても私たちは脳の中で
記憶を思い出して『再現』している『過去』を生きているか、

まだ来ていない現実にない予想の『未来』を考えて生きているかで、
『今ここ』を生きていないのです。

よく悟っている方が例えるのが、
『コーヒーを淹れて飲む』の話です。

コーヒーを飲もうと思う、
するとすぐ『次にコーヒーを淹れる為にすること』という
未来を考えてお湯を沸かし、ドリップの準備をするのだけど、
コーヒー豆を挽いているいるときには、

『淹れてカップに注がれたコーヒーを思い浮かべてそれを飲む』

ことに思いを馳せていてまだ来ていない『未来』を見ていて、

『お湯を沸かしている今のこの瞬間』
『ドリップをしている今のこの瞬間』

に『集中していない』ので、『今を生きていない』のです。

で、なぜこの話をしたかというと、
●●さんはお母さまのことに関して、
『今のこの瞬間』または今のお母さまの情報がないことで、
過去のお母さまの状態に思いを馳せて、
「母は辛かったんだろう」という、
本当にお母さまがそうだったかどうかわからない
過去のお母さまの想いを『想像』して考えています。

つまりその●●さんの『お母さまを想う気持ち』は
過去が『今この瞬間』だった時に
『そうだったのかどうかわからないこと』で、
現実では『なかったかもしれないこと』なので
『幻想』に過ぎないのです。

確かなのは、

『お母さまを失って悲しい●●さんの思考とそれに基づく感情』

なのですね。

感情は思考が先にあって感じるものなのだそうです。

体から解放されて、いつても●●さんのそばにいて
●●さんを見ていることができる
『今現在』『今のこの瞬間』のお母さまの情報を
五感で得ていないので、●●さんは

『あったかどうかわからない過去』
(お母さんが私のことで辛い思いをしていたに違いないという過去)

を何度も思って思考して生きていることになります。
つまり『過去を生きている』のです。

なので、今、お母さまがどうしているかを知りたいなら、
これはもうそちらにいるミディアム(霊媒師)さんに
セッションをお願いするか、

先ほどご紹介した『愛する人を亡くした悲しみ』を癒す
フラワーエッセンスを摂り続けて
『お母さまを亡くした悲しみの感情エネルギー』を浄化するか、
私がブログで紹介しつづけている
ブルーノ・グルーニングさんのハイルシュトロームを受け取るかなので、

フラワーエッセンスもミディアムのセッションもお金が・・・
ということなら、
私はブルーノさんのハイルシュトロームを
受け取ることをおすすめします。

※ハイルシュトロームの受け取り方はこの動画で見られますが、
ブルーノ・グルーニングさん関係の動画を観るだけで
ハイルシュトロームが流れてきます。

奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん3 医師が証明
https://youtu.be/5z_e3ImESBA

奇跡のヒーラー
ブルーノ・グルーニングさんはこんな方↓

難病が治った 奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん①
https://youtu.be/kkECeW5mGkE
※これはブルーノ・グルーニングさんを伝える
ドキュメンタリー映画(DVD3枚、5時間半)を、
私のスピリチュアルのお師さんである
『スピリチュアルTV』の初代運営者テディさんが
40分くらいに編集してくださった動画です



愛する人を亡くした悲しみを癒すフラワーエッセンスは
こちらのページで『説明』を見ると良いと思います。

シャンドゥルールカフェさん
『ブリーディングハート』
http://www.chandeleur-cafe.com/shopdetail/004001000012/

『ブリーディングハート』のフラワーエッセンスで
フラワーエッセンスセラピストさんからのご紹介で
クライアントさまにご好評だというお店の安いところだと、
こちらのサイトさんでリンク表示できればいいのですが・・・

iHearbさん
ブリーディングハート
(愛する人を失った悲しみを癒す)

https://jp.iherb.com/pr/Flower-Essence-Services-Quintessentials-Bleeding-Heart-Flower-Essence-1-fl-oz-30-ml/16164

上記アドレスが変わっていたらiHerbさんのサイトから探し出してくださいませ↓
https://jp.iherb.com/c/flower-remedies?bids=FES

あと、『スターオブベツレヘム』や
『レスキューレメディ』のフラワーエッセンスも
愛する人を亡くした悲しみにとても良いと思います。

レスキューレメディ
http://www.pass-thyme.com/shopping/bb039.asp

スターオブベツレヘム
http://www.pass-thyme.com/shopping/bb029.asp

心がらくになってくるし、
これらのフラワーエッセンスを摂ることは
お母さまのことを忘れることとは違って、
●●さんがお母さまを思いながらも
お母さまを喜ばせられるように
前向きに生きて行けるようになるものなので、
お母さまが安心することだと私は思いますが・・・

それと、もうご存知かもしれないけれど、
心が癒される川のせせらぎの動画を2つご紹介します^^

【自然音】
せせらぎ - 4 / 1 Hour Nature Sounds - Babbling Brook Sounds

https://www.youtube.com/watch?v=64eIdY9GQN4

【自然音】
せせらぎ-5 / 1 Hour Nature Sounds - Babbling Brook Sounds

https://www.youtube.com/watch?v=48sNsMhiscg

川の水がとても透明で美しく、
せせらぎの音も良いので、
お母さまのことを考えたり何か物思いにふけったり
お仕事したりしているときに流してみると
いいんじゃないかなぁと思います^^

●●さんが過去のお母さまの
そうかどうかはわからない
「辛かったんだろうなぁ」の想いを想定して
悲しみたいなら悲しんでもいいけれど、

『今この瞬間』はもう肉体から解放されて
自由になって●●さんのそばにいつでも来させてもらえて、
あちらの世界でもいろいろ学びはじめて、

「あらまぁ、あらまぁ、こんな世界があるのね」

って言いながらあちらの世界でお勉強をしたり楽しんだりして、

「今日は娘に会わせてください」

と●●さんを見に来ているのが
お母さまの『今この瞬間』の今現在なのに、
●●さんは過去のお母さまを思い浮かべて泣いているから、

「●●ちゃん、それはもう今のお母さんじゃないのよ。
お母さんはいつでもあなたに会えているから幸せなのよ。」

とメッセージを送っているはずなのです。

だから●●さんが悲しんでいるのは、
お母さんの辛さじゃなくて、

「お母さんに会えなくて幸せを感じて満足できない私」

を思いやっているだけで、
「自分が可愛いのだ」ということがわかりますか?

キツイ言葉だと思いますが、私がこの、

「愛する人を失って悲しいのは自分が可愛いだけだ」

という発言をしている人の記事をネットで見た時、
私は●●さんに大失恋して自殺したいほど苦しんでいる時で、
鞭打たれているようでした。

「なんてことを言う人なんだろう。この人は人の気持ちがわからないんだ」

と思ったものですが、その後、長年ヒーリングに取り組んで、
この人の言っているのがわかる『心の境涯』になりました。

この「自分が可愛いだけだったということだったのだ」は、
人の主観と価値観の「思考(物の考え方)」なのではなく、
心を癒したものはそういう『心の境涯』になるのです。

手厳しいでしょう?
私もこのことを言っている記事を見て、
相当きつかった、傷を負っているところに鞭打たれたようでした。
傷口に塩を塗り込まれる思いでした・・・
相手が好きだからこそ、大切だからこそ、
悲しんでいるのだと思っていたからです。

フラワーエッセンスやブルーノ・グルーニングさんなどの
エネルギーヒーリングに取り組むと、

「こんなに長いこと悲しんでいたのは、自分が可愛いだけなのだ」

ということにいずれ気づきます。

●●さんにはエネルギーヒーリングが必要です。
それはお母さまのことを忘れることではないのです。

この方の記事はとても良かったです↓

シルバーバーチの霊訓とともに歩む
愛する人を亡くした人へ

http://slverbirch.blogspot.jp/2014/10/blog-post_13.html

やっぱりありましたね、
『スピリチュアリズム普及協会』さんの、
高級霊シルバーバーチさんのお言葉・・・

3.『シルバーバーチの霊訓』の画期的な「死生観」と「霊魂観」
http://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/about_sb/sb-comm/sb-comm-03.htm

私のブログに書いた、

愛する人を失って悲しいのは・・・
http://slverbirch.blogspot.jp/2014/10/blog-post_13.html

には、なぜ「愛する人を失って悲しい」のか、
それはどういう点が悲しいのかについて記載しています。

私の心の中には「お母さん」という女性がいません。
人生で産みの母からも継母さんからも
『母親に愛される』という体験がないからなのです。

だからお母さまを亡くした方の悲しみが
どれほど大きいのか、知ることができません。

片想いでしたが、10年の大失恋を経験したことがあります。
それのもっととてつもないものなのだろうと・・・
そう思うしかありません。

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2017.05.23 / Top↑

他の記事に追記して書いておいたことなのですが、
これだけの独立させた記事も掲載しておくことにしました。

私は『お心づけ』でセッションをせざるを得ない
『売れないオラクルカードヒーラー』だったので、
無料でセッション契約した方は別にいいのですが、

振り込まれた金額を見て、
「う~ん、これは・・・」
とさすがに思った金額というのがあります。

スピリチュアルなセッションで個人活動している方や、
他の職種の専門職で個人活動をしている方が、

☆お小遣い稼ぎ程度でいいからお心づけでやっているのか、
☆ご依頼がないから少しでもお金が稼げればとお心づけでやるしかないのか、

どちらにしても、専門職で個人活動している方が
『お心づけ』でおやりになっている場合、
その『お心づけ』の金額はどういう風に考えるかというと、

そのプロが自分のために仕事(労働)をしていただいたのだという
『労働賃金』を正規価格の一般相場価格を参考にした金額を出して、
(プロは社会人で大人なので厚生労働省の決めた最低労働賃金は最低でも支払う)
その仕事で受け取ったサービス・商品などに感じた『価値』の金額を上乗せする


という物の考え方をして金額を決めないと、
金額によってはそのプロの方に対してとても失礼にあたります。

その個人のプロは人生最期の日を迎えて
遺体と遺骨の処理も生きている人にしてもらわないとならない
『社会人』(大人)なので、社会人のプロとしての労働賃金にもならない金額を
お心づけでお渡しするのは失礼にあたります。

プロはあなたの小・中学生の子どもではないし、
あなたのお母さんでもお父さんでも兄弟姉妹でもありません。

職種によって正規価格の一般相場価格は違いますので、
その金額を労働賃金として参考にしたほうがいいですし、

『お心づけ』でもそのプロの仕事ぶりが良かったのなら、
一般相場価格を支払ったり、それ以上の
あなたが仕事ぶりに感じた『価値の金額』を
一般相場価格やそれを参考にした『労働賃金』に
『上乗せ』して支払ってもいいものなので、
小銭を出す『募金』とは考え方が違います。

『お心づけ』=「数百円でもいいんだ、3~4千円程度の格安でいいんだ」

なんて考えて

「うちはお金がないし、お金もったいないし、支払いたくないし、
数百円・3~4千円で済ませよう~」

なんて、それがプロに対して失礼にあたる金額なら、
そのプロは二度とあなたのご依頼は受け付けないし、
あなたとはパッと縁を切ることもあります。

少なくとも、私がされたように

「高額の鑑定師のなになに先生のセッションを
ちゃんと正規価格を支払って受けたいけど、
あなたのセッションは超格安しか支払わないわ」

なんてことをやれば、
私なら二度と悩み相談は引き受けないし、
ご縁を切りますね。
(ご縁を切りましたね)

カウンセリングセッションの内容や
提供されたサービス・商品が気に入らなかったのだとしても、
だからといって

「こんなものにお金を支払う価値はない」

と考えるのは違います。

そのカウンセリングセッションやサービス・商品が
「良いと思うか」「悪いと思うか」は、
あなたの『感性』や『五感の感覚』がどうなのかの問題なのです。

どんなことでもサービス・商品の売買契約の考え方は、
わかりやすく考えるなら、

「お店でパスタを注文して出してもらって食べたのと同じ」

と考えるとわかりやすいです。

あなたが注文したパスタを、
お店のマスターやシェフが腕を振るって
プロとしてのちゃんとしたパスタを作ってお出しした、
それを食べたあなたはご自分の味覚(五感の感覚)と感性で
「不味い、美味しくない」
と思っても、

あなたが注文してお店が注文を受け付けた時点で
商品と金銭との交換の売買契約が成立しています。

シェフやマスターは注文したものを出した、
あなたは一口でも食べた、

となると、美味しかろうが不味かろうが、
お店が最初から決めていてあなたが承諾したパスタ代金を
あなたは不平不満を思っても支払わなければならない、

という売買契約が成立していて、
パスタには労働賃金が含まれているので、

お心づけでやっているプロの仕事が
気に入っても気に入らなくても、

お金を支払いたくないから振り込まないで逃げるとか、

あんまりお金出したくないから、
数百円で得したいから数百円でいいでしょとか、

最低労働賃金は時給800円(790円)で
かかった時間の何時間分支払うんだから
数千円でもそれでいいでしょとか、

そういうのはプロに対して大変失礼ですし、
そういう人は死んだあと地獄に堕ちるか『反省部屋』行きで、
未来世に渡って責任を取らされるか、

実は子どもや自分や家族が病気になって
急に高額な金額の出費でお金が出て行きましたとか、

急にブランド物の高額の洋服とかバッグとかに一目惚れして
猛烈に欲しくなって衝動買いしたけれど、
1回着たり使ったら急に熱が冷めて、

「あれ?なんでこんな服やバッグが欲しかったんだろう?
ぜんぜん魅力を感じない・・・
こんなもの買うんじゃなかった。
お金無駄遣いした・・・;;;」
とか、

やたらとお腹が空いて空腹を満たすために
カフェでランチとか讃岐うどん屋さんや焼き立てパン屋さんで
1000円~1800円とかを頻繁に食べてしまって
すごくお金が出て行ってしまう・・・とか、

スピリチュアルな話だと、エネルギーボディから
エネルギーがごそっと持って行かれる、
なんて話もありますが、

急な医療費の出費とか、洋服やバッグの衝動買いや、
やたらと空腹でお店で食べるとか、
女性はこれに心当たりがある人がわりといますよ。

と、こういう形で等価交換のエネルギー交換をする羽目になるのです。

お坊さまになにかしていただいた時、
『御布施』をお渡ししますね。

生きている以上、亡くなった身内やご先祖さまのこととかで
お寺さんは必ず利用します(キリスト教とかは知りません)が、
お坊さまへの『御布施』となると、

数万単位~何十万とか何百万とかの世界ですが、

あなたのご家庭はなにかでお寺さんにお願いした時、
その万単位以上の御布施を総世帯収入の貯金から
お寺のお坊さまに支払うことをしなければなりません。

スピリチュアルカウンセラーの一般相場価格なんて
最低貧困層世帯でもなければ、
インターネットができるようなご身分の方なら、
総世帯貯金からパッと出せるお金です。

病気で労働が困難で生活保護で暮らしている私ですら、
半年とかかかってお金をコツコツ貯めて、
1時間15,000円のスピリチュアルカウンセラーさんの
1時間セッションを受けるのですから、

生活保護ではないだろう一般労働市民の
インターネットができる経済力のあなたがたが
お心づけが数百円とか数千円とかは
プロとしての労働をしていただいたことに対しての
労働賃金にもならないので、
プロに対してとても失礼なのです。

ここで、『自由金額』をお渡しするお支払いによくあるものを
わたしなりに良識・常識をもって説明しておきます。
金銭感覚の価値観が違う方もいらっしゃるとは思いますが、

『労働賃金や謝礼として自分が渡されたら失礼と思うかや、
相場価格を参考にして、
相手方に失礼のない金額

でお考え下さいませ。

募金=小銭~上は上限いくらでも

ご寄付=小銭でもいいけれど大抵は千円単位~上は上限いくらでも

お心づけ=最低労働賃金は最低でも出すか、一般相場価格を参考に労働賃金を決めて価値を感じた金額を上乗せする。
(お心づけの場合、支払っていただくなら上限はいくらでもの世界ではなく、仕事への等価交換としてなのでいただきすぎてはいけない。なのでその仕事の料金の一般相場価格を参考に。冠婚葬祭なら相場価格は検索すると出てきます)

御布施=これは仏教のお寺さんの『尊いお坊さま』にお渡しするので、最低でも1万とか3万などの万単位から上限いくらでもになります。のし袋や友禅紙のお封筒に入れてお渡しするのがベスト。

お賽銭=小銭~上はお賽銭箱に入れば上限いくらでも。ただし小さな神社だと大金はお賽銭箱に入れずその神社の近所の方にお訊ねして神主さんにお渡しするのがいいかも。
(よく5円がご縁がある、25円が二重にご縁があるにつながりとても良いとか言いますが、お賽銭は「私のために神さまにお仕事をしていただく」のでお願いごとによってはお賽銭の金額はよく考えることと、
お賽銭は神社運営費だということをお考えくださいませ。神社では神主さんと巫女さんがお勤め(労働)していますので、もしかしたら全国の神社で集まったお賽銭が神社庁に集められそこからお給料が支払われているのかもしれませんね。

玉串料=御布施と同じと考えたほうがいいと思われます。日本神道の神社でご祈祷をしていただいたりするのにお渡しする御布施みたいなものです。玉串料は金額があらかじめ決まっているものならその金額だけでもいいし、別に謝礼としてお封筒に入れたお金をお渡しするのもありかと思います。玉串料で「上限はいくらいくらまで」という金額が決められている場合もあるようです。必ずしも日本神道の神社だけに限らす、日本神道の神さまに助けていただく宗教団体でも神通力での除霊や浄霊をしたりするのにいただくお金のことを『玉串料』と言っている団体さんもあります。

献金=これはご寄付と同じと考えていいと思います。キリスト教団体の礼拝やミサなどでご寄付することを献金と言うようですね。キリスト教団体に入信すると聖書の聖句の言葉から『収入の10分の1を寄付する』という決まりがあるとお聞きしています。これはそのキリスト教団体の信者になったら最低でもご寄付しなければならない決まりがあるようですので、キリスト教団体の信者になる場合、収入の10分の1の献金をしても貧困世帯になって生活が困窮しないような経済力があるかはお考えになられたほうがいいと思います。


主婦の立場の、特に専業主婦の立場の
金銭感覚でプロの労働賃金を考えるのは違います。
よほど箱入りのお嬢様や早い年齢からの病気でもない限り、
あなたも主婦になる前に会社で一正社員として働いていたはずなので、
その時のボーナス含めた年収をもらっていた
花の独身試合を思い出してほしいのです。

専業主婦は夫や子どものために
無料・無償労働をしてお小遣いも大してもらえないとか、、
パートで働くとなると子どもの将来のために
家事労働以外に雇用での仕事もこなすわけで、
そうなると

「私は無償・無料の愛の労働をしているんだから」

と考えてしまうかもしれませんが、
それは自分が愛する家族と認めた夫と
自分が産んだ子どもに対する家事労働と雇用労働なので、
家族でも血のつながりがあるわけでもない
『赤の他人』の社会人のプロに
無償・無料・格安での労働をさせるのは違います。

主婦として夫からいただいている『お小遣い』から
プロへの労働賃金(依頼料)を支払うのではなく、
プロに依頼するのなら『総世帯貯金』の中から
労働賃金(依頼料)を出すというのが当たり前です。

ネットには大したことはしないけど超格安でやっている、

「え、こんなもん?」

な簡単なセッションをするアマチュアや趣味活動の方もいますが、
本格セッションを受けたいなら一般相場価格の金額は出さないと
本格的なことができるプロやセミプロでも
時間をすごく割いてじっくり話を聴いてくれるプロは
いないと考えたほうがよろしくて、

「友達は悩みを聞いてくれるもの」

と考えて、じゃあプロと友達になる立場になろうと
無料・数百円や数千円で本格的なセッションをしてもらおうと
プロに近づいてご依頼契約もせずに
「悩みがあるんですが・・・」
と訊くのは失礼です。

そこ、おわかりいただけますか?
あなたがなにかのプロで、
その技術や知識などで仕事としてお金を稼いで
子どもの学費や老後の貯蓄や生活費や税金を支払う立場なら、

あなたは初めから無料で悩み相談をしてもらう目的で
友達的な立場を取って近づいてきた相手に、
労働賃金にもならない無料や数百円や数千円で
プロとしての仕事をしてこき使われたいですか?

初めから他に収入があるから低価格で提供しますという
ちゃんとしたプロもいたりしますので、
低価格料金を示しているプロにお願いすればいいのです。

『お心づけ』でおやりになっている方は、
『自由金額』である分、
良識・常識をもって相場価格を参考にした
失礼のないきちんとした金額を振り込んでくださる方を
求めている方も多いはずなのです。

そうじゃないプロの方は、アマチュアか趣味活動かで、
どれほど本格的なお仕事や
スピリチュアルなセッションができる方かわかりませんし、
スピリチュアルなカウンセラーなら
どれだけ波動が高い(振動数が細かい)か、
愛の人なのか、親切な人なのか、
心が癒されている人なのかわかったものじゃありません。

(スピリチュアルカウンセラーは波動を高くするために
長時間のエネルギーヒーリングで自己浄化に努める必要があります)

プロはたとえクライアントさまが『友達』だったのだとしても、
失礼にあたる金額を包まれたな(振り込まれたな)と思ったら、
その人とご縁を切ることもしますから、
『友達』だったとしても
「そんな人は友達じゃない」
と考えてご縁をスッパリ切ったりもするでしょう。

自分というプロを無料や数百円や超格安でこき使って
搾取ばかりしていく人たちが自分のセッションをいつでも受けるために
自分に執着している状況・状態・プロと顧客の人間関係を築いていたら、
自分はこの仕事で納税して生計を立てていって
社会人として人生最期の日を迎えて遺体と遺骨の処理をしていただけるような
経済的自立と精神的自立ができる社会人のプロに
いつまで経ってもなれないということなのですね。

私の鑑定会社の占い師の友達が指摘してくださいましたが、

「プロとアマチュアの間にいるセミプロの立場の人が
集客のために『いい人合戦』をしていることで、
そこにつけ込むことになれている人たちが
搾取をしているのだと思うのですが違いますか?
しおんさんのブログを見て寄って来た人も。」

とのことですが、的を得ていると思いますが、
セミプロの方もクライアントさまも心当たりありませんか?

私は心当たりありまくりです。

搾取する人は

「私さえよければいい。
プロの立場のあなたがお金を稼げなくて
納税をして生計も立てて行けなくて
ホームレスになって一家路頭に迷って
餓死するのなんて私かまわないのよ。」

と言っているのと同じです。

『お心づけ』でやっているプロの立場の方が、
初めから低価格料金を提示しないでやっているのは、

「高額なお振込みはたいへんありがたいので
どうぞみなさん高額なお振り込みをしてくださいせ♡
だから下限の低価格も上限も決めていません♡
経済力は人それぞれだからでお金持ちの方もいらっしゃるからです。
社会人としてわきまえてくださっている方は
ちゃんとした失礼のない金額を振り込んでくださいますよね^^」

ってことを実は言っているということです。

この記事の内容をお分かりになっていただける方は、
良識・常識のある、愛の視点もあるだろうまともな社会人です^^

解らない方は
「ペ●●の快感だけはいっちょまえに求める幼稚園児」
ですから、カウンセリングセッションで何を言っても無駄だなとよく思います。

ちなみに私は大人と子どものどちらもやれていると思います^^

自分がわかっていることならわきまえるところはわきまえて、
ブログやSNSなどではお子ちゃまなこともする・・・

ということです。

web拍手 by FC2
2017.05.22 / Top↑

先日、パイプオルガンと神楽に使われる雅楽の楽器の
笙(しょう)だと思うのですが、笙における神さまのお話を
ピアノをやっていらっしゃる友達Aさんと
メールでやりとりしていました。

先ほどまたそれについてのお話を友達にメールしてみたのですが、
ちょうどこれについての記事も書こうと思っていたところだったので、
メールの文章を利用して掲載することにしました♪

昨日、ある集まりに参加して
お茶の時間にパイプオルガンと笙の話をして、
神楽の『浦安の舞』の動画のことをみなさんにご紹介しました。

それで、パイプオルガンと笙の音色が
洋楽器と和楽器で素材も違うだけでなく、
楽器の大きさもぜんぜん違うのに音色が似ているので、

パイプオルガンと笙が神さまの声色とするなら、
西洋人と日本人は遠く離れた地の人々なのに
神さまの声色を同じような声色だと
感じていたのが不思議ですと話したのですが、

神さまの声色が同じなら西洋人と日本人が
感じていた神さまは同じ神さまを感じていたのではと、
今ふと思いました。

さらに、パイプオルガンと笙は
音と音の隙間の無音の瞬間がないけれど、
パイプオルガンと笙の奏で方が
神さまが語り掛ける『喋り方』だとすると、
西洋人と日本人は神さまが音と音の隙間のない
喋り方をなさると感じていたということなので、
それも西洋人と日本人で遠く離れた地の人々なのに、
やはり同じ神さまを感じていたのではと思いました。

それで、パイプオルガンは、
『トッカータとフーガニ短調』が、
神さまの威厳と手厳しさの迫力を感じて、

「そなた、
日頃の行い改めよ―!!」


という感じでとても怖かったけど、

『タイスの瞑想曲』や『アヴェマリア』は

神さまとてもお優しい♡
神さまとても聖らか♡

と感じたという話もみなさんに話しましたが、

日本の神楽は平安時代の貴族の世界の雅楽なので、

「穏やか」
「平安」
「平穏」
「平和」
「厳か」
「優しい」
「柔和」
「のんびり」
「ゆったり」

みたいな曲と演奏のものが多くて、
神楽も怖い系の舞があると聞いてはいるけれど、
日本の神さまはお優しい~という感じで
日本人の平和好きなところが感じられるけど、

パイプオルガンの演奏はすごく圧巻の迫力の怖いのや
優しいのや清らかなのも、
教会の聖堂というすごく音が響くなかで
大きな音を奏でて四方八方から音が迫ってくる迫力が、

西洋の神さまはやはり狩猟民族の人々の激しさの性格から、
人間に悪がはびこったときに
神さまがノアの大洪水を起こして
人間一掃という激しいことをなさったり
バベルの塔を破壊して人間同士で
言葉がわからないようにしてしまったりとか、
モーセさんでしたっけ、
逃げるのに神さまにお願いしたら
海を割って道を作ったとか、

パイプオルガンはその神さまの
激しくエネルギッシュなものを感じるなぁって思いました。

それで、昨日、帰宅してから
パイプオルガンの動画を聴いていたら、
関西学院の高等部3年生の男の子が、
誰にも教わることなく独学でパイプオルガンを練習して、
耳コピで暗譜して演奏している動画を2つ聴いたのですが、
自分だけで練習して弾けるようになったとは
思えないほどすごくうまくて、
その男の子が、

『白色彗星&宇宙戦艦ヤマト』の2曲を
演奏している動画が出てきて、

「宇宙戦艦ヤマトかぁ♪
白色彗星なんてすごくきれいな曲なのかなぁ♪」

なんて思って再生したら、
1曲目の白色彗星は

地獄の曲でした・・・

すごく怖かったですが最後まで聴きました。
(>0<|||)

この曲を作曲した人は
幽体離脱して地獄に行ってきた人に
違いないとまで思ってしまいました。

人生2度目の五感で地獄を感じたものでした・・・

ちなみに1度目の地獄体験ですが、
小学校に入学した次の日だったか、
教室の片隅に小さな本棚があることに気づき、
絵本がいっぱいあったので絵本にさほど興味がないのに
なんとなくなにか読んでみようという気持ちになって、

「じごくのえほん」を見つけて、

「わぁ、じごくってなんだろう?」

とページを開いて恐怖の地獄絵図を見てしまい
地獄の恐ろしさを見てしまいました・・・

なにもたくさんの絵本の中から
一発どんぴしゃで人生初の
じごくの絵本を自ら手に取らなくても・・・orz

4歳で神社と神様を知って
神さまに語り掛けるようになった私に
神さまのお導きによるとしか思えない
地獄絵図の絵本に一発どんぴしゃ引き当て事件・・・

悟りを語っているヤギコーチが

「地獄はありません、天国しかありません」

って言っているけど
神さまが小学校1年生の私に
地獄のえほんを引き当てさせたので
私は地獄はあると思います・・・

怖いよ~
(>0<;)
地獄怖いよ~
(>0<;)

ユーチューブ動画で『パイプオルガン』で検索した時、
『白色彗星』の演奏動画があった場合、
地獄の曲でとても怖いので
素敵なキラキラした曲だと思って
再生なさらないようご注意くださいませ・・・

【後日談】2017.5.22

ある方が、パイプオルガンは笙の進化形なのだと教えてくださいました。

昔の人は光を神さまだと思っていて、
それが宗教建築にも表されているのだそうですが、
(聖堂の天窓から光が射すというのとかですね)
笙の音色はその光を表したものなのだそうです。

それで笙もパイプオルガンも音と音の隙間の無音の瞬間がないのですね。

また、ピアノをやっている友達が教えてくださいましたが、
昔の人は空気は神の創造物だと考えていたそうで、
フルートは息を吹き込むけれど
パイプオルガンはそこらへんの空気を取り込んで奏でるので、
より純度が高いと考えられていたそうです。

より空気の純度が高いことで
神さまに近いということですね^^

パイプオルガンは笙の進化形ということなので、
笙が西洋に入って来て音の出し方を研究されて
パイプオルガンが作られた・・・ということなのかなと思いました。

ピアノをやっている友達が教えてくださいましたが、
マリー・アントワネットが使っていた扇子も、
日本の扇が元になっているとのこと・・・

日本のものを西洋に取り入れた品物は色々あるとのことで、
そういえば、もとなおこさんの『レディー・ヴィクトリアン』で
レディー・エセルが浴衣を寝間着になさっておられたり、

私は紅茶が好きだったので紅茶についてのテレビ番組を見た時、
紅茶のカップが和食器を元にして作っている素敵なカップで、

そういうの、『ジャポネズム』と言うとのことでした♪

笙が西洋に持ち込まれたと考えましたが、
それはおかしな話ではありませんね^^

web拍手 by FC2
2017.05.18 / Top↑

2017年5月14日に、
ある友達Aさんとお別れすることをした、
という日記を投稿しました。

ある友達とお別れしました
http://blog.goo.ne.jp/sion-etsuko/e/8029a796b7008fab9668a1b335f9676b

投稿後、上記記事で書いた、
1人だけメールでお付き合いし続けている
聖職者の魂で賢者タイプの
魂年齢が大学生レベルはありそうな
心の悩み相談をしている遠方の女性と、

『私に近づいてくる人』についてのことの
やりとりをしていたのです。

前になにかの記事に書いたことがあると思いますが、

『私を見ただけで』
『私を見て私が発言したことをちょっと聞いて』
『私のブログや配信したライブや過去動画を見て』

近づいてくる人はわりといるんです。

私を『見た』だけで、もうこうなってくると
容姿やパッと見た印象とかの話だけではなく、
前世とか過去世とか絡んでくるかもしれないのです。
このお別れしたAさんは
「しおんさんとは前世でお会いしたと思う」
ということをおっしゃっていましたが、
私のほうはそう感じたりはしなくて、
私は私の人生の中で
「過去世でお会いした!」
と感じた人は29歳の時に恋したと勘違いした
男性1人だけなんです。

必ずしも前世は関係なく、
今世の今現在、私がどういう印象を相手に与えるか、
の話なだけかもしれません。

それで、聖職者の魂で賢者タイプの友達Bさんに、
私に近づいていらした方々のなさることが
みんな同じであることを伝えたところ、
音楽の世界のトップとトップに群がる人たちのことを
少し教えていただきました。

それは音楽のトップの方が、
自分から吸収しようと、得ようと
群がってくる人たちにどのような対応を
しているかについてのことでした。

どのようなご対応をしているかは、
業界裏話なのでここではちょっと明かせませんが、
スピリチュアルカウンセラーの世界でも
同じようなことはしているだろうとのことでした。

つまり、特定のスピリチュアルカウンセラーに
群がってくる人たちは、いわば「ファン」で、
「ファン」というのは例えば、
『使いさしの口紅をあげても喜ぶ人』
なのだそうです。
スピリチュアルカウンセラーだけでなく、
プロは群がってくるファンを利用するということを
Bさんはおっしゃっいました。

そこで私は私に近づいてくる人のことで、
何日か前に友達Bさんにこういうことを伝えました。
私がお出ししたメールの内容の一部です。

「私が持っているものって、
どうやら聖母マリアさまのエネルギーが
流れて来ることのようなのです。
聖母マリアさまはすべての人の、
特にすべての女性の守護をしているそうなので、
私だけが聖母マリアさまのエネルギーを
放っているわけではないはずなのですが・・・

どなただったかしら、エネルギーを感じる方が、
「しおんさんはエネルギーフィールドが大きい」
と言われたことがありますが、
ブルーノ・グルーニング交友会で出会って
退会されていった方もエネルギーを感じたり霊感がおありで、
うちに遊びに来ていただいた時に、

「しおんさんから聖母マリアさまのエネルギーが流れてきます」

とおっしゃるんですが、
私の観音像顔と体が大きく太った体型と、
社交的な会話と人への思いやりはこういうものだ
という当たり前のちょっとした親切で、
(それは好感とか好意とかを感じたとかの話じゃなくて、
社交的になんです)
私を

「優しいお母さん(相手は無自覚)」
「優しいお姉さん(これは認識があるようです)」
「優しい娘(にしたい子。求めているのは結局突き詰めると母性愛)」

だと勘違いされてしまわれて、
要は母性愛を求められてしまうんです。

お母さんの愛は無償・無料のため、
私から優しくしてもらってメリットを与えてもらっても、
私にメリットは与えなくてもいい、
なぜかお金も与えなくていい、
なので、
聖母マリアさまのエネルギーが流れてくることで
近寄ってくる人を利用しようにも、
利用しようがないのです。

男性の場合は私を支配して命令に
従わせようとするのですが、
乱暴な男言葉を使う女性も
私のことは子分にしたり命令して支配するんですが、
それはなんなのかがよくわからないのです。

男性の場合は私は彼女でも奥さんでもないのに・・・
あるカウンセラーの男性の方も
恋愛感情を持たれているわけではないと思うのですが、
その方もエネルギーを感じる方なんですが、
で、霊能者さんも私のエネルギーを観ますが、
一時期テディさんが

「ネガティブエネルギーがなくなって観音波動になっているよ!」

っておっしゃってくださった時期があるのですが、
それって慈母愛のエネルギーですよね、
私の生命エネルギーっておそらく
ほとんどを使い果たしてしまっているので、
聖母マリアさまがエネルギーを流してくださって
なんとか私が生きていられるようになさっているのか、
霊能者さんとかエネルギーを感じる方は、
私個人のほとんどなくなってしまった生命エネルギーを
感知していないんじゃないかと思いました。

でも、20代の頃、働いていた頃も、
3歳年上の方に「お母さん&恋人代わり」にされていたなと、
29歳の時にバイト先に働きにきた
20歳の大学生の女の子が私の顔を見ただけで、
(顔を見ただけですよ!)
で私にロックオン状態、
箱の中に本を入れるのはどうしたらいいのかという、
見ればわかる質問をしてきて、私もバカで

「下の本に重ねて置けばいいんですよ」

とか、たしかそんなことを言ったら
すぐ始まった休憩時間でその二十歳の大学生の女の子は
私の隣に座ってべったりし続けてきて、

「自分がこの人に気に入ってもらえるか、
好きになってもらえるか」

なんてまったく思わないんでしょうね、

「この人は私を受け入れてくれて当然、
優しくしてくれて当然、
ずっとそばにいてくれて当然」

になっているとしか思えなかったんです。
私の気持ちとかそんなのまったく考えないんですよ。

ここまでくると人徳で好かれるとかの
話じゃないと思います。

私、妊娠・出産していないから
脳の一部が変わっていなくて
母親の脳になっていないから、
母性愛なんてまるでないんです。

だけど聖母マリアさまのエネルギーが
私からその人に流れて来てそれにその人が感応して
私の観音顔と好意とか好感とかまったく関係のない
社交的な思いやりの言動行動で
「お母さんの優しい愛を与えてくれる」
になってしまうようなんです。

しかも、ある人に言わたことがあります、

「シオンはなんでも許してくれる。」

・・・確かにあのころ、
自我があまりにも薄すぎたのか、
自己犠牲してでも利他的行動をするのが当たり前で、
しかも他人と自分の境界線があまりなく、
自我がとても薄く、
まだ若かったので27歳くらいまでは
べったりの関係でも大丈夫だったという・・・

今でも私と関わってくる人たちは、
私の意志などまるでおかまいなしです。

特に『スターチルドレン』の人たちと
思われる方もそうです。
彼らは別の世界観過ぎて関われません。」

実はオラクルカードヒーラーとして
活動し始めてからずっと、
スピリチャルTVで起用していただいたりしながら、
スピリチュアルTVのチャットに書き込んで
自分のチャットも持っていたことがありましたが、
私に近づいてくる人のほとんどが、
私から与えてもらうことばかり考えていて、

私は悩み相談のプロなのをブログを見て知っていて
無料で質問に答えてくれるのだと思って
メールで質問してくる人や、
(それはどうやら携帯電話で携帯版で
ブログを見ていて利用規約を読まないかららしい)
中には、無料で答えてもらうために
ブログを見てわざわざmixiで私を探して
コメントで悩み相談をしてきた人もいました。
そうすれば無料で悩みに答えてもらえると思ったのでしょう。

私専用のチャットで話したり
スカイプでつながったりしたことで、
友達みたいな立場になって
無料で悩み相談に応え続けてもらおうとする人が何人かいて、
私は悩みつつも無料で与え続けていたわけです。
中には、スピリチュアルセッションとしては
超格安なお心づけを支払ってくださった方もいましたが、
そういう方が、

「私、プロのなになにさんの鑑定(とても高額)を
受けたいと思っているんですよね」

とか、

「霊能者ジプシーをして全財産なくしました」

と私に言うんですね。

私を格安で利用しているのに、
万単位の高額な他のプロの鑑定は
正規価格で受けたいとか、受けまくりましたとか、
私に言うんです。

失礼極まりないです。

「私のことをなんだと思っているんだ?」

と私は思います。
この人たち、こんなことを私に対してしていて
私から嫌われて許してもらえないんだなんてこと、
まったくこれっぽっちも思っていない、
頭にない人たちなんです。

いったい、今まで、どういう人付き合いをして
人生を生きてこられた方なのか、
過去の人間関係での体験で
人というものがどんな心を持っているのか、
何も学んでこなかったのか、
甚だ疑問があります。

それで、友達Bさんは、

「シオンさんに群がってくる人は
「ファンになり得る人」なんだろうけど、
なかなか面倒な人たちであるのも確かだと思います。」

とおっしゃったので、
利用しようにも利用できない、
なにしろ相手は私にプロとしての
無料・無償・格安のセッションを求めていて、
しかも自覚なしに母性愛を求めているので、

「お母さんは私を好き。
お母さんは私の為にただ働きしてくれる。
いくらでも私が満足して幸せになることを
与え続けてくれる。」

が前提にあるはずなので、
私に好かれるたいと思ったら必ず出てくる不安の
「嫌われたくない」
がまるで頭にないので、
私にメリットなんて与えなくてもいいと思っています。

特に私に悩み相談をするわけではない方たちで、
私がスピリチュアルTVのチャットに書き込んでいた
いろいろな発言の中で、
素敵な音楽の動画とか私が学んでよかったと思った記事などで
喜んでいた方が2人いらして、
私がスピリチュアルTVのチャットを完全に去ることを決めた時、

「今まで通り(嫌な人は)スルーでダメなのですか?」

と言って、私が嫌な思いをしても嫌な人スルーを決めて
素敵な書き込みをし続けてほしいという、
私で自分が満足したいですな考えの人もいらしたくらいです。

私に群がる人は『クレクレ星人』ばかりなのです。
大人の体をしたペ●●の快感だけは
いっちょまえに求める幼稚園児ばかりです。

私が何度もブログに書いているように、
フラワーエッセンスの
『マリポサリリー』と
『ベビーブルーアイズ』
を摂ればいんですよ。

それで、私と友達になって私をすごく思いやって
利他愛を見せてくださったAさんとのことを考えましたが、
私とAさんの魂のレベル(心の中身)が、
おそらく『天への階段』では同じ段に
立っていなかった者同士だったのだと、
そう気づきました。

どちらが上の段に立っているのかわからないけれど、
私が聞いて欲しい話は深くて重すぎるため、
Aさんには受け止められなかったのかもしれないです。
だから『神さまストップ』がかかったのではないかと・・・

そして今、あるすごく年上の男性カウンセラーさんが
私に近寄ってきているのですが、
あることでの会話があって、

「普通、こういうことって言って笑うのは
失礼なことだからしないのに」

「普通、相手がこういう価値観なのだとわかったら
自分の価値観を述べるのは辞めて
この話題は避けるようにするのに」

ということをなさるので、
カウンセラーさんなのになぁ、
仕事では言わないようにしているのかな、
それなのに私には言うってどういうことだろう、

「シオンさんなら許してくれるだろう」

という甘えがあるんじゃないのかなって、
そう思っているところですが、
どうも個人感情も持たれてしまったようなので
これ以上は関わるわけにいかないです。

人とは社交的に優しく付き合うと、
「自分はこの人に好かれている」
と大きな勘違いする人がたくさんいるんですね。

社交的に付き合うのは、あなたに好感も好意もありませんよ。
だから相手に好感を持たれていると勘違いして、

「私のこと好きなんだから許してくれるだろう」

なんて思わないほうがいいです。

友達Bさんからのメールの一文に、

「シオンさんがダメなのではなくて、
周りの人がダメなように思います。」

と判断してくださった一文がありました。

『母親の無償・無料の愛を求める甘え』
『お金を支払いたくないというずる賢さ』
『自分が嫌われることが頭にないというナルシストな概念』

この3つの物の考え方でプロや友達に
近づかないことですね。

そうそう、他の職種の専門職で個人活動をしている方が、

☆お小遣い稼ぎ程度でいいからお心づけでやっているのか、
☆ご依頼がないから少しでもお金が稼げればとお心づけでやるしかないのか、

どちらにしても、専門職で個人活動している方が
『お心づけ』でおやりになっている場合、
その『お心づけ』の金額はどういう風に考えるかというと、

そのプロが自分のために仕事(労働)をしていただいたのだという
『労働賃金』を正規価格の一般相場価格を参考にした金額を出して、
(プロは社会人で大人なので厚生労働省の決めた最低労働賃金は最低でも支払う)
その仕事で受け取ったサービス・商品などに感じた『価値』の金額を上乗せする


という物の考え方をして金額を決めないと、
金額によってはそのプロの方に対してとても失礼にあたります。

その個人のプロは人生最期の日を迎えて
遺体と遺骨の処理も生きている人にしてもらわないとならない
『社会人』(大人)なので、社会人のプロとしての労働賃金にもならない金額を
お心づけでお渡しするのは失礼にあたります。

プロはあなたの小・中学生の子どもではないし、
あなたのお母さんでもお父さんでも兄弟でもありません。

職種によって正規価格の一般相場価格は違いますので、
その金額を労働賃金として参考にしたほうがいいですし、

『お心づけ』そのプロのしごとぶりが良かったのなら、
一般相場価格やそれ以上の
あなたが仕事ぶりに感じた『価値の金額』を
上乗せてして支払ってもいいものなので、
小銭を出す『募金』とは考え方が違います。

『お心づけ』=「数百円でもいいんだ、3~4千円程度の格安でいいんだ」

なんて考えて

「うちはお金がないし、お金もったいないし、支払いたくないし、
数百円か3~4千円で済ませよう~」

なんて、それがプロに対して失礼にあたる金額なら、
そのプロは二度とあなたのご依頼は受け付けないし、
あなたとはパッと縁を切ることもあります。

少なくとも、私がされたように

「高額の鑑定師のなになに先生のセッションを
ちゃんと正規価格を支払って受けたいけど、
あなたのセッションは超格安しか支払わないわ」

なんてことをやれば、
私なら二度と悩み相談は引き受けないし、
ご縁を切りますね。
(ご縁を切りましたね)

web拍手 by FC2
2017.05.15 / Top↑

2017年5月9日(火)に名古屋市西区のほうへ
猫ボランティアに出かけたのですが、
道すがら、ガーデニングをなさっている
お家やビルがあったので、
写真を撮らせていただきました♪

『猫雪の道すがらガーデニングのお花を撮らせていただきました♪』

の第五弾です♪

撮って参りましたお花のお写真を
いくつかの記事に分けて掲載しております♪
お花好きのみなさま、ご堪能あれ~♡
(*^▽^*)ノ~゜゜☆。。♡

ピンク色の花9


ピンク色の花10


ピンク色の花11


ピンク色の花12


ピンク色の花13


白い花12


白い花13


白い花14

これで今回撮らせていただいた
お花のお写真は全部です♪

最後の2枚の白ツツジのお写真は、
ツツジの短歌を詠んできたので、
短歌の記事にも掲載しています♪

わたくし、短歌の筆名:風音颯羅(しおんさづら)が
今までに詠んだ短歌はこちらのページで読めます♪
http://blog.goo.ne.jp/sion-etsuko/c/330ffc1820ce20f3de5e533b89362b88

そういえば、生活費をいただけたから
お花屋さんでお花をお迎えしてきたいなと
思っていたところでした。
明日晴れたらお花屋さんに行けたらいいな・・・♪

咲いてくれてありがとう♡
育ててくださった方ありがとうございます♡
神さま、大自然よ、ありがとうございます♡
(*^人^*)


web拍手 by FC2
2017.05.10 / Top↑


2017年5月9日(火)に名古屋市西区のほうへ
猫ボランティアに出かけたのですが、
道すがら、ガーデニングをなさっている
お家やビルがあったので、
写真を撮らせていただきました♪

『猫雪の道すがらガーデニングのお花を撮らせていただきました♪』

の第四弾です♪

撮って参りましたお花のお写真を
いくつかの記事に分けて掲載しております♪
お花好きのみなさま、ご堪能あれ~♡
(*^▽^*)ノ~゜゜☆。。♡

紫色の花9


紫色の花10


紫色の花11


紫色の花12


紫色の花13


紫色の花15


この花↓、ネモフィラかベビーブルーアイズかな?

紫色の花14

ベビーブルーアイズって
ホシノヒトミ(オオイヌノフグリ)の
ことなのかなぁって思ったりしたのですが、
ホシノヒトミはこの写真の花ではなくて、
ベビーブルーアイズの写真はこの写真の花に
とても似ているんですよね。

フラワーエッセンス(お花の波動水)の
『ベビーブルーアイズ』は、
父親から愛されなかった
インナーチャイルドの癒しができる
フラワーエッセンスで、
摂ってみたいと思っているフラワーエッセンスです。

ちなみにフラワーエッセンス(お花の波動水)の
『マリポサリリー』は
母親から愛されなかった
インナーチャイルドの癒しができる
フラワーエッセンスで
こにお4年間かなり摂って来たのですが、
「甘えたい」という気持ちが一切なくなりましたよ♪

さて、この記事では
紫色のお花の写真をたくさん掲載しましたが、
紫色がとても綺麗だなと感じ、
子どもの頃みたいに
また紫色が好きになっているのだなと思いました。

この間、『スピリチュアルTV』に
カラーボトルセラピーの男性が
出演されていて、
その時に私は2つの緑色を選んだのですが、
じっくりボトルを眺めていたら
けっこう青系色に目がいったんですよね。

子どもの頃、青空を眺めるのが
とても好きだったので、
子どもの頃は水色や青が
とても好きだったのですが、

今でも水色はとても好きで
水色は聖母マリアさまのドレスのお色ですから
水色はやはりとても美しいと感じますし、

過去に私が恋したと勘違いした方が
とても好きだとおっしゃった
水色と黄緑を混ぜた色が
素敵な色だと思うようになって
好きだったりしますが、

長いことピンク色がとても好きだったけど、
人間関係を見つめ直して波動も下がった今、
ピンクより青系色や紫色に惹かれるところを見ると、
やはりピンクは愛の色なんだなぁと思うし、
波動が下がると愛より冷静さとか
人への冷たさが出てくるので
それで青や孤高の孤独を表す紫色に
惹かれるようになったのだなぁと
そんなことを思います。

過去の人間関係を見つめて、
人は優しくしているとつけあがるのだなとわかって、
手厳しいことも嫌われるのを怖れず、
相手が怒りで怒鳴ってきても
凛とした毅然とした態度で
スパッ!キパッ!と言えるようになりたいと、
そんな風に思っているところです。

まだまだお花のお写真を撮ってきましたので、
次はNO5に掲載しますね♪

咲いてくれてありがとう♡
育ててくださった方ありがとうございます♡
神さま、大自然よ、ありがとうございます♡
(*^人^*)


web拍手 by FC2
2017.05.10 / Top↑

2017年5月9日(火)に名古屋市西区のほうへ
猫ボランティアに出かけたのですが、
道すがら、ガーデニングをなさっている
お家やビルがあったので、
写真を撮らせていただきました♪

『猫雪の道すがらガーデニングのお花を撮らせていただきました♪』

の第三弾です♪

バラが何種類か咲いていたので
撮れるものを撮らせていただいたのですが、

撮りたくても金網のすぐそばで
金網が邪魔して撮れないバラさんがあったり、

花壇の奥のほうで手を伸ばしても
大きいサイズで撮れなかったり、

向こう側を向いて咲いているため
花壇に踏み込めず撮れなかったりした
バラさんもいらっしゃいました。

そういえば、もう名古屋の鶴舞公園のバラ園が
イイ感じで咲き誇っているのではと思い、
去年一緒に行った友達にそれとなく
ご一緒にいけたらと思ったのですがと
におわせてみました。
(* ̄~ ̄*)

友達がその気がないとのことなら、
一人で行ってくる予定にします♪

いくつかの記事に分けて掲載していきますね♪
お花好きのみなさま、ご堪能あれ~♡
(*^▽^*)ノ~゜゜☆。。♡

黄色い花3


黄色い花4


黄色い花5


黄色い花6


黄色い花7


黄色い花6


黄色い花7


黄色い花8


黄色い花9


黄色い花10


ピンク色の花8

黄色い花10

バラさんをこんなふうに
素敵に咲かせることができるように
育てることができるなんて
すごいなぁって思います。
(*゜0 ゜*)

私は2015年に
奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの
名古屋コミュニティの会合で
『ブルーノさん歓迎スペース』に飾るための
鉢植えのお花を6鉢くらいお迎えしてみたのですが、
もともと咲いている株を買って来て
植木鉢に植え替えて、
水とたまに肥料をちまちまあげていたら
ロベリアさんがもこもこしてきて
11月まで咲き続けたということはありましたが、

それは私が育てるのが上手とかいうことではなく、
ブルーノ・グルーニングさんがロベリアを
とても気に入ってくださったから
守って下ったのではないかと思っています。

まだまだお花のお写真を撮ってきましたので、
次はNO4に掲載しますね♪

咲いてくれてありがとう♡
育ててくださった方ありがとうございます♡
神さま、大自然よ、ありがとうございます♡
(*^人^*)


web拍手 by FC2
2017.05.10 / Top↑

2017年5月9日(火)に名古屋市西区のほうへ
猫ボランティアに出かけたのですが、
道すがら、ガーデニングをなさっている
お家やビルがあったので、
写真を撮らせていただきました♪

『猫雪の道すがらガーデニングのお花を撮らせていただきました♪』

の第二弾です♪

いくつかの記事に分けて掲載していきますね♪
お花好きのみなさま、ご堪能あれ~♡
(*^▽^*)ノ~゜゜☆。。♡

ピンク色の花4


ピンク色の花5


ピンク色の花6


ピンク色の花7


白い花7


白い花8


白い花9


白い花10


白い花11

まだまだお花のお写真を撮ってきましたので、
次はNO3に掲載しますね♪

咲いてくれてありがとう♡
育ててくださった方ありがとうございます♡
神さま、大自然よ、ありがとうございます♡
(*^人^*)

web拍手 by FC2
2017.05.10 / Top↑

2017年5月9日(火)に名古屋市西区のほうへ
猫ボランティアに出かけたのですが、
道すがら、ガーデニングをなさっている
お家やビルがあったので、
写真を撮らせていただきました♪

いくつかの記事に分けて掲載していきますね♪
お花好きのみなさま、ご堪能あれ~♡
(*^▽^*)ノ~゜゜☆。。♡

黄色い花1


黄色い花2


紫色の花6


紫色の花7


紫色の花8

オレンジ色の花2

ピンク色の花3

まだまだお花のお写真を撮ってきましたので、
次はNO2に掲載しますね♪

咲いてくれてありがとう♡
育ててくださった方ありがとうございます♡
神さま、大自然よ、ありがとうございます♡
(*^人^*)

web拍手 by FC2
2017.05.10 / Top↑
※この記事は2017年4月30日に普段のブログに掲載したものです

団地の敷地の片隅に
可愛い白いお花が咲いていました。

デジカメで撮ってみたのですが、
なぜか薄ピンク色に撮れてしまいました。

ピンク色の花8

ピンク色の花5

白い花6

自分の影の中にお花を入れて撮ったのですが、
陰の中に入れないで撮ったほうが
白く写ったのかな?

咲いてくれてありがとう♡
神さま咲かせてくださりありがとうございます♪
(*^^*)

わたくしが今までに撮って来たお花のお写真はこちらのページでも観ることができます♪

お花たち(このブログ)
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-category-13.html

草・花・樹木(普段のブログ)
http://blog.goo.ne.jp/sion-etsuko/c/ad5c52bd0df7ad1b10eccdeb1835f29a

web拍手 by FC2
2017.05.10 / Top↑
※この記事は2017年4月30日に普段のブログのほうに掲載したものです

今日は1年ぶりかでクローバーの草むらのベッドがある
広い公園に行ってきたのですが、
その話はまた別に書けたら書くとしまして、

帰り道でマンションの花壇にお花が咲いていたので
久しぶりに見るお花だったのでとても美しく感じ、
ガラホのカメラで撮ってきました♪
(*^^*)

紫の花1

紫の花2

紫の花3

紫の花4

紫の花5

オレンジ色の花1

ピンクの花1

ピンクの花2

白い花1

白い花2

白い花3

とても美しいです♡
じーっと眺めながらこの花が咲くようにと
お世話なさっていた方がいらっしゃるのだろうと、
毎日お水やりをなさったり肥料をあげたりなさったんだろうと
その方は愛することができる方なのだなと思っていました。

ガラホを持ってきていてよかったなと思いました♪
他のおうちの方々のプランターのお花も
いろいろと咲いているかもと思いました。

またクローバーのベッドに
寝転がりに行きたいなと思っているところなので、
今度はちゃんとデジカメを持って行きたいなと、
そして今日通って来た道とは別の道を通ったら
お花を育てていらっしゃるおうちがあるかもと思いました♪

明日生活費をいただけるので、
久しぶりに行きつけのお花屋さんに
お花をお迎えに行くのもいいかも・・・♡

もうバラの季節なので
素敵なバラが仕入れられているだろうと思います♡

咲いてくれてありがとう♡
お世話してくださった方ありがとうございます♡
(*^^*)

わたくしが今までに撮って来たお花のお写真はこちらのページでも観ることができます♪

お花たち(このブログ)
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-category-13.html

草・花・樹木(普段のブログ)
http://blog.goo.ne.jp/sion-etsuko/c/ad5c52bd0df7ad1b10eccdeb1835f29a
(普段のブログのほうは1000記事以上お花の記事があります)

web拍手 by FC2
2017.05.10 / Top↑

私がネット上での文字での発言のやりとりで
ちょっとどちらなのかがわからなかったのが、

ちょっと社交的に良い感じのやりとりをした相手が、
こちらに対してこちらの過去の発言について
ダメ出しをしてきたり、褒めたりするようなことをする場合、

「もっと仲良くなりたいし、くだけた仲になりたいし、
もうお互い好意を持って付き合えているんだから
親しくなりたいからダメ出しを言ったっていい。」

と思っているのか、

「(普段からなにかに対して
大きな怒りを持っていてイライラがあることで)
怒りをぶつけられる相手だと思って
相手の発言を見てイラッと来て、
怒りをぶつけてイライラを発散してやろう、
そのためには相手の発言によっては褒めておいて
飴のようなコメントを与えておいて
自分につなぎとめておこう」

としているのか、
これがいったいどちらなのかわからないことが起きて、
私はまぁそのときに、
好意も持っていないし信頼している相手でもない人から
ダメ出しされ続けるのは嫌だなと思ったので、

さっとその場から逃げて二度と行かないことにしたのですね。

それで、ここ近年から最近の出先での
社交的な会話において発生した相手の行動言動から、
ふむ・・・と思ったのが、

自分のほうが相手をパっと見て気に入って、
相手に話しかけた時に、
相手が「大人の付き合い」で
社交的に会話して接することで
良い感じで会話しているだけなのに、
その相手を先に好感を持って接していった場合、

「良い感じで会話してくださるし、
私のことに好感(または好意)を
持ってくださったに違いない」

ともっと仲良くなろうと
個人的につながろうとするけれど、

単に好感とか好意とかなく
「大人の付き合い」で
社交的に付き合っているだけに
過ぎない場合があるので、

自分が相手をパッと見て好感を抱いても、

「相手の方は自分に好感や好意を
抱いているわけではないかもしれない」

を『前提』にして相手に近づかないとだし、

個人的につながってくださった相手と
メールのやりとりをしたり会ったりした時、
最初に相手の顔を見たファーストインプレッションで

「この人はこういう性格の人だ」

と判断したその顔から感じた『性格』と
実際に交流を取ってみて知った相手の『性格』が
一致しなくて相手への気持ちが
冷めてしまうということもあるわけだから、

私はそれを知っているし
私をこの世に産みだした親が
私のことを愛さなかった人たちだし、
恋愛をしても恋しい人は私のことは
どうでもよいと思っていた人たちたったので、

「私という人間が
誰かに好かれるかどうかわからない。
愛されるかどうかわからない。
私の顔立ちとは違う性格や心を見抜いて、
私を好かないということはよくあるんだろう」

と思っているので、
相手が私の顔をパッと見て気に入って
ちょっと会話したらすごく気に入るのか
個人的につながってきたりなさってきた場合、

相手の方は親から愛された方なのか
そうじゃないのかはわからないのですが、

「自分はしおんさんに気に入られるかな」
「自分はしおんさんに好きになってもらえるかな」

と考えることもないみたい(?)で、
なんか私に個人的に関わってくるいろんな方々が

「しおんさんは私のことを好きになって当然」
「しおんさんは私のことを受け入れてくれて当然」
「しおんさんは私のことを信頼してくれる」
「しおんさんはどんなわがままを言っても聞いてくれる」
「しおんさんはただ働きしてくれる」
「しおんさんが私のことを嫌いになることなんてない」
「しおんさんは私とべったりしてくれる」

というように思っているとしか思えないという
行動言動態度をされるんですね。

これって、幼子の時に親や周囲から
小さな可愛い子どもというだけで
大人からちやほやされたことで
育まれた心というのが
そうさせるのかもしれないな・・・
と思っています。

もちろん、私にもこれらの
幼い子どもみたいな
大きな勘違いの姿勢から
相手に好意を持って信頼して
相手に向かっていってしまい、
相手と交流を取ってうまくいかなくて
自分が相手に見切りをつけたり、
相手がもう自分に見切りをつけているなと
感じたりして離れていくことになります。

だから私はその体験から、

「相手の自分への本当の好意というのが
そう簡単に得られるものではないんだな
相手の好意は相手が私に『都合の良いもの』を
見続けているときだけに過ぎないんだな」

と思っていますし、

「信頼関係(ラポール)なんてそう簡単に
築けるものではない。
長期間の信頼を深め合うお互いの行動言動での
付き合い方が大事なのだな」

と思います。

心の健康な人や
人生において人間関係で揉まれていれば、
そうすぐに人を信用したり信頼したりする
幼子の心というのは持たなくなって当たり前・・・

世の中には悪人な人たちがいるからです。

だからすぐに人を信頼する心を持ち続けている人は、
よほど人間関係で良いことばかりを体験しているか、
裏切られても、裏切られても、まだ懲りなくて
人を信じ続ける心を持っている
エゴ(自我)の薄い純粋な方か・・・
なんだと思います。

私はまだちょっと中途半端な状態かな・・・
何度も嫌な目にあってもつい相手を
根っからの善人だと思ってしまったりしているほう。
そこがまだ地上を生きる大人として
ダメなところなんですよね^^;
霊界的にはいいんでしょうけれど・・・

まぁそういうわけで、
ネット上での少ない文字数でのやりとりで
人間関係が築けるはずもない、
相手は好感も好意も持っていないかもだし、
相手とそう簡単に信頼関係(ラポール)なんて
築けないんですよというお話でした。

分離の象徴である肉体を持って
産まれてきている以上、
相手がどんな心の境涯になっているか
わからないんだから、
信頼できなくても好意を抱けなくても
しょうがないんですわね。

相手のことを好きなのは、
『自分にとっての都合の良いもの』を
相手に見ているからなんですわね。
(* ̄ _  ̄*)

私は特に大失恋を2回したことで
エネルギーヒーリングに取り組んで
自分の持っていた心に気づいていくうちに
そこに気づきました・・・

相手を『好き』っていう感情って
ほんとにアテにならないものですわ・・・
(_ _;)

web拍手 by FC2
2017.05.09 / Top↑

B型作業所の所長さんが
大学で心についての専門的な勉強を
4年間なさった心理カウンセラーさんで
私よりもっと年上の方なのですが、

その所長さんが私に何度かおっしゃったのが、

「メールとかチャットとか、
そういうネット上でのやりとりで
人間関係なんて築けるものじゃないと
僕は思っていますよ」

ということなのですが、
これが私にもほんとによくわかると
思うようになりました。

たとえ肉体を持ってお互いが会っての会話でも、
自分の意見や自分の話を相手に言えなかったり、
言うわけにはいかなかったりして、
自分の気持ちや自分のことを
ちゃんと相手に伝えられなかったりするし、
相手のほうもそうかもしれない。

そんな肉体を持って会っての人間関係でも
良好な人間関係を築けるわけではないのに、
ましてやネット上の少ない文字数でのやりとりや、
長文であっても文字数制限がある中でのやりとりで、

しかもその相手も自分もお互いが、

☆相手の顔も声も本名も知らない
☆相手がどんな立場や身分の方かわからない
☆相手も自分も自分のことを開示しない
(開示したとしてもそれは嘘かもしれない)
☆自分(もしくは相手)は自分を不利にしないための発言の仕方しかしない
☆自分の心を見せない
☆相手は得体のしれない相手である


というわけでして、
ネット上で自分にとって相手が
(または相手にとって自分が)
そういう存在なのに、
相手を信頼して付き合えるというわけでは
ないわけです。

例えば、スカイプというビデオ通話で
お互いが顔を見せて話し合う、なら
どういうコミュニケーションを取るかで
人間関係が築けるかもしれないけれど・・・

顔もわからない、声もわからない、
においやフェロモン、立ち居振る舞い・・・

そういったものがわからない相手に対して、
本当に信用・信頼なんてできるはずもないのです。

私が今まで2つのチャットやブログで発言したり、
わずかにいただいたオラクルカードヒーリングの
心の悩み相談で行ったセッションにおいて、

それにコメントや発言をしてきた方、
セッションを受けた方は、
自分のことは開示しない方が多かったです。

こちらが相手は過去にどうだったのかを
問いかけたとしても、
開示してこないで済む返事の仕方しかしない。

それなのに、こちらが過去にずぅっと
開示してきた『私のこと』を
あれこれこうだああだと言ってくるのです。

フェアじゃないんですよ。
自分のことは開示しないで、
相手が心を開いて開示し続けてきたことについて
ああだこうだと悪く言うのは。

自分は怖くて開示しない、できないわけです。
それを
「大人はあれこれべらべらしゃべらない」
と思っておられる。

もちろん、開示する相手は選ぶ、
というのはいいのですが、
自分が率先的に関わろうと思っている相手であっても
自分のほうは開示しない、という人がいるわけです。

私のほうは、
オラクルカードヒーラーとして
スピリチュアルTVの
『スピリチュアル鑑定団』にも出演したので、
ユーチューブに数年前の私の出演動画があるし、
仕事用として作ったもう1つのブログに
小さな顔写真は公開しているわけです。

つい最近までユーストリームにチャンネルを持って
ライブ配信をしていましたし。

だから私を知った人は
私の顔と声とどんなカードリーディングをするのか
いつでも観られるわけなんです。

それで相手側は私の顔も声も知っている、
けれど私の方はわかりません、なわけなんです。

ネット上では上記「☆」をつけて書いたように、
相手がどんな存在かわからないので、
自分がどんな人間か、どんな体験をしてきたか、
そういったことを開示しないで付き合うわけだから、
ネット上で出会ってチャットやSNSとか
短いメール文でメールのやりとりで、
ほんとにちゃんと付き合えるような
友達関係や人付き合い関係なんて築けない。

私など、私のブログを見て
「友達になりたい」
と言って来た方とお会いしてみたら、
反社会的勢力に関係がある立場の方だったので、

「しまった!」

と思ったこともあります。
(その方とはある件で関わりをすぐに絶つことができました)

チャットでの付き合いも、
私は相手に好感とか好意とか
そういう感情的なものを相手に持たないで、
社交的に会話しているだけなのに、
ちょっと良いやりとりをしただけで
相手に好意を持ってもらえたとか、
信頼関係が出来上がったと勘違いするのか、
こちらに対する発言内容が

「ちょっとこれは・・・」

と思う発言をなさる方もいらして、
私はそういう方とは関わらないと決めているので、
スルーしたりしていたんですが、

もう顔も声も本名も、
どんな立場・ご身分の方かもわからない
ネット上で出会った方とリアルでお会いするのは
しないほうがいいと思いました。

私がネット上で出会ってメールのやりとりで
良い付き合いができている方というのは、
マナーなどちゃんとわきまえておられたり、
お互いが与え合うことができている方々です。

私はブログに手厳しいことを書いているし、
人を優しく愛することもできない者なので、
ブログにコメントを受け付けないようにするのが
一番いいということと、
私の心が救われて自分の心が
しっかりするようになってからじゃないと、
コメントやチャットはもう利用しない、
というのが一番いいなと、
そう思いました。

まぁ、相手に好意の感情を持たないで
付き合うネット上の社交的にもならない
やりとりしかしていないわけですね。

いくら自己開示とかしようと
ダメなんだってことです。

エネルギーヒーリングにかなり
取り組んでおりますが、
脳にある過去の人間関係の記憶や、
新たに出会った人たちとの人間関係での出来事で、
すぐにダウンして心が堕ちます。

私の心が救済されるまで、
セルフヒーリングの孤独な戦いです。
悟りの観点は・・・よくわからないです。

web拍手 by FC2
2017.05.08 / Top↑

相手のちょっとした発言や行動を
自分の病んだ心の歪んだ物の見方で観て解釈して
イライラして周囲にすぐそのイライラをぶつける人は
このパイプオルガンの演奏を聴いてごらんなさい。

【音楽動画】パイプオルガン演奏
Toccata and Fugue in D Minor (Best Version Ever)

https://www.youtube.com/watch?v=ho9rZjlsyYY&spfreload=5

昔の人はパイプオルガンに神を感じていたそうです。

この演奏を聴くと、

ちょっとした相手の行動言動に
イライラしてイライラを人にぶつけている
自分自身のほうに問題がないか、
ほんとに自分は間違っていないのか、

というほうに意識が向いてくるんじゃないかなって思います。

自分が社会通念上の良識・常識、
超常識の愛の物の見方ができて、
誰が聴いても、ほとんどの人が
あなたに正当性があるっていう
言い分が言えるなら、
怒りをもって言ってもいいと思います。

ただ、自分にしか通用しない
個の主観・価値観・世界観で
歪んだ物の見方しかできず、
相手の発言をきちんと
良識・常識・超常識の愛の視点で
解釈することができていない上で
怒りをもって相手に怒りをぶつけたって、
相手から嫌われて見切りをつけられて
自分からさっと離れていき
誰もあなたの周りにいなくなるだけなんですよ。

ちょっとしたことでイライラをぶつけてくる
あなたのことがもう嫌になっているのに
あなたから離れて行かない人、
あなたから離れていけない人は、
ひとりぼっちで孤独で寂しいから、
あなたと離れると孤独になってしまうと
怖れているから
あなたから離れて行けないでいるだけで
あなたのことを好きでも大切でもないんですよ。

あなたがちょっとしたことで
歪んだ物の見方で相手を見て
すぐにイライラするのは、
あなたに誰も社会通念上の
良識・常識や人としての正当性のある
物の見方を教えてくださる方がいなくて、

そして、

あなたが神さまの愛と治癒のエネルギーを
毎日たっぷりと受け取って
自分の心の傷を癒して満たして
感情を善に向けられていないからですよ。

歪んだ物の見方じゃなくて
正当性の他者に通用する物の見方で
怒る必要がある場合は、
怒ってもいいんですよ。

自分が怒っているんだということが
相手にわかっていないことで
相手が図に乗ってきている場合は、
怒りの姿勢を見せることも必要なんだということ
私は人生46年目にして行き着きました。

世の中には体が大人になっているだけで
年齢を重ねているだけで
心の中身が幼稚園児や第二次反抗期の
子どもみたいな
心が大人になれなかった
アダルトチルドレンがたくさんいるんです。

それは、両親が共働きで忙しかったり
両親が人や子どもを愛せる心を持っていなくて
親に愛してもらえないで心を育ててもらえなかった人が
そうなってしまうようですね。

私を愛してくださったのは
肉親や継母さんではなくて
神さまだったんですね。
自然の中に神さまを見たんです。

そして私の心を育ててくださったのが、
漫画家さんの漫画です。

1970年代から1999年まで、
2000冊くらい漫画を読みましたよ。

漫画家さんたちが
いろんなシチュエーションで見せてくださる
人の心、心理、物の考え方、人というものを見るように
漫画を読み続けていました。
そして心について深く深く考え続ける毎日でした。

漫画家さんの漫画や小説家さんの小説で
人の心というもの、人生というもの、
それらを学んでこなかった人たちは、
自分だけの個の世界の他者に通用しない
主観・価値観・世界観だけで
物事を観ることしかできなくて、

それゆえに
相手の世界、周囲の人たちの世界の中で
自分が通用しなくて、
人が自分から離れて行ってしまって
孤独になってしまうんですよ。

でも、じゃあ自分という個人を見ていない
自分という人間に都合の良いものを見て
自分からただ与えてもらって満足したいだけという
そういう相手たちと一緒にいれば、
孤独じゃないのかというとそうじゃない。

一人で過ごしている時間が多くたって、
心が満たされていて幸福状態なら
別にいいんです。

だって、たくさんの人が寄って来て
自分に群がり続けて
その人たちの相手をし続けるということは、

自分が学びたいことを勉強する時間が持てない、
自分がやりたいと思っていることに時間を割けない、
ということですからね。

誰かと一緒に時を過ごすのが好き、
そういう人生を歩みたい、という人なら
それがその人の幸せ。

一人で過ごして自分のやりたいことをやりたい、
ということなら、それがその人の幸せ。
相手がそういう人なら、自分は
「かまってちゃん」
「相手してほしい」
と相手のプライベートの時間の領域に
しょっちゅう踏み込んでいかないで
別の人と楽しい時を過ごせばいい。

ちょっと話がズレだけど、
私は古い世代の魂で古い価値観の人間だから、
『スターチルドレン』の人たちとは世界観が違いすぎて
異世界住人同士のようなものなので
話が噛み合わなくて付き合えないんですよ。

私は古い世代の魂の人たちの中で
『(徹底的)な聖職者の魂』を持つ人の中で、
私と持っている星の配置の相性がよかったり
価値観や世界観が似ているとか
「相性が合う」とか「ウマが合う」とか
「無理なくスムーズに付き合える」とか
「何時間でも話せる」というような、
そういう厳選された人としか私は関われないのです。

『スターチルドレン』の人たちが
古い世代の魂の価値観の人が
どんなことを考えているのかを
知りたいということなら、
私のブログやポジティブやネガティブの記事を読んだり、
古い世代の魂の人たちのブログの日記を読めばいいけれど、

私は『スターチルドレン』の人たちの
あまりにも私と噛み合わない世界観は、
自分の中に取り入れないですよ。

ずいぶん話が違うとこまで行ってしまったけど、
自分と言う個の主観・価値観・世界観での
物の見方が歪んだ物の見方で
正当性もない主張をして
すぐに相手にイライラをぶつけたり
イライラし続けているのなら、
神に触れて神の愛を取り込むことですね。

もう1つ、イライラしている時に
神さまに触れられるものを紹介しますね。

神楽 浦安の舞
https://www.youtube.com/watch?v=HCYzU4mUGic

いかがですか?
イライラしている自分の心に、

「神聖さ」「厳かさ」「平穏さ」
「静けさ」「平和」「落ち着き」「心地よさ」

の心、感覚が現れてきませんでしたか?

イライラして波動が低くなっている時に
ハードロックのような心を荒れさせるものや
デスメタルのようなネガティブエネルギーのものを
自分のエネルギーフィールドに取り込んだって
心安らかになって心が善には向かわないのですよ。

私も怒るときは怒りの姿勢を
見せるようにし始めましたけどね。
相手は私を優しい人だと、攻撃しない人だと
勘違いして図に乗ってくるので、
もうそれをすることが必要だというところに
行き着きましたけど、
エネルギーヒーリングで『神の治癒』をして
神の愛の波動があるこういうものを見たり聴いたりして
心を整えているんですよ。

web拍手 by FC2
2017.05.05 / Top↑

2017年4月25日の
朝のスピリチュアルTVの番組で、
沖縄の人気の先生のぴーちゃん先生の
電話鑑定を公開鑑定で受けることができました♪

【動画】
4月25日
『ぴーちゃん学校VOL7
よろちくび〜ぴーちゃんのお悩みなんでも相談室です.
お誕生日をぶっちゃけて悩み解決!!byあん子』

https://www.youtube.com/watch?v=lkEU_G-mjiw
(1時間52分40秒のあたりから聴くと私の鑑定のところが聴けます)

私が相談した内容は、

「人間関係で母親の愛を求めている人に
目をつけられやすいのではというところに行き着き困っています。
私の場合、そっけなくするくらいでちょうどいいでしょうか?」

たしかこういう悩みをお聞きしてみました。

ぴーちゃん先生がおそらく東洋占星術だと思いますが、
統計学のなにかでたぶん星を見てくださったのだと思います、
生年月日から星を調べてそこから鑑定をしてくださいました。

「本来はですね、しおんさんは
プライドもすごいしっかり持っていらっしゃって
自分の考えもしっかり持ってる
誇り高き方なので、

バシッと、斬るところは斬るじゃないけれど、
姉御肌みたいなところを持っているんですけれど、
「これは違うよ」と思ったらもう、
ビシッと言えるようなそういうものを
胸は持っているはずなんですね。

(ここでケンカが苦手で親から虐待されたので
相手を怒らせるのが怖いということと、
今までずっと厳しいことを言いたくても
グッと飲み込んで相手に都合の良い優しい言葉を
見つけては言うことをしていたことを私が話し、)

しおんさんさ、本来の自分自身は
剣って言うか、(大天使)ミカエルの剣みたいな感じで
いいと思うんですよ。内側はね。

どっちかっていうと喧嘩っ早い短気なところも
自分の内側には持っているし、
でも、すごく無条件にみんなに優しくできるっていう、
そういうのも持っているんですよ。

なんかこう、看護婦さんみたいな、
そういう星をやっぱり自分の中に持っていて、
だからお母さんみたいだよね、ほんとに、
たしかに、そう言うと。

しかも自分の意志とか何かを守り通すっていう
そういうものも自分の中に持っていれば、
でも、社会ともみんなとのやりとりも
上手にできますよというものも持っているんですよ。

だからトータル的にいい感じでしょ、
こうやって見ると。
だからやっぱりね、そういう、
勘違いされやすいのかもしれないね~。

でも本人は「牝牛」(?)の方なので
親の言うことも聞きたくないし、
なるべく親の言うことには
背いて生きていった、みたいな、
反抗していく、みたいなね、感じで、

親にとってみればですよ、
自分は反抗しているつもりじゃないんだけど、
親にとってみれば
「親の言うことを聞いてくれないなぁ」
みたいな感じできたんだと思うんですね。

でも「牝牛」の方だから
やりたいように生きたほうがいいから
周りのことをあんまり気にしないで、
あの~、こう、そう、ね、

たぶん外見とかが観音さまみたいな感じだったら、
周りがロックオンするのかもしれないんだけど、
でも自分の中の持ってるバイブレーションの中には
大天使ミカエルみたいな剣も持っていますので、
「これは違うな」と思ったところでは
バシッとね、斬りとっていっても
いいかなぁって思う、うん。
あまりにも違うなって思ったものは、

でも優しいんだよね~、外側が、どうしてもね、
情け深いところもあるしね、
だからそういったのが、うん、あれなのかもしれない。
(お母さんみたいに思われるのかもしれない
ということだと思います)

来年のね、来年から・・・
38歳からいろいろ変わったんですよ、流れが。
また48歳から、8が自分にとっては変わり時。
8がつくとき、48歳、38歳、58歳。
8の時ぐらいからはだいたい自分が
変化する時だったりするので、
それを意識してその時くらいから10年間ずつ、
大きく自分が変わっていくと思っていてください。

で、38歳から48歳の10年間というのは、
なにかやっぱり自分軸というか、
本来の自分を生きるっていうところで、
自分の持っている内側のものを見つめていくというか、
自分の誇り高いところもちゃんと見ていこうという
10年間だったような気がするんですよ。

でも来年からの10年間というのは、
またちょっと違ってて、
表に自分がどんどん出て行くような感じになっているので、
ちょっと外とかに出て行くことが多くなるのかなぁとか、
あと社会のところで何かしら自分の中で
見切りみたいな、そういう終わりのある、
なにかこう(見切りを)つける、
10年間が、10年の間にどこかで
そういうのがあるんじゃないかなぁと思います。
うん、なに言っているかわかんないですよね。」

(ここで私が自分は『ボイルド・フロッグ症候群なのではないかと、
『ボイルド・フロッグ症候群』について
「生命エネルギーを使い切ってしまっている」
ということではないかということ、
エネルギーヒーリングでエネルギーを受け取って
動いていること、
最近まで(2016年12月まで)オラクルカードを使って
人の心の悩み相談を仕事にできないかやってみたけど、
依頼がなくてお金を稼げなかったのと、
自分の心の救済がされていないのに、
人の心の救済をやれるはずはないと、
自分の心の救済をするのが先だと
オラクルカードのお仕事はスパッとやめたことを伝えてみました)

「えっとね、なんかあの~、
宿命自体の中にはものすごい自然界とこう
かんごう(混合?)するというか、そういう、こう
もともとが繋がりやすいものを持って生まれているんですね。

(ここで私が「自然界と繋がりやすい」とは
どういうことかお訊ねしてみました)

ええとね、なんて言ったらいいかな・・・あの~・・・
シンクロを起こしやすいものを
持って生まれてきてたんですよ。
でもそれと一緒にまたもう1つ、
それをまた阻止するものを両方、
自分の中に入れ込んできているので
けっこう複雑になっているんですね。
この宿命の自分の中のものがね。
融合しているんだけど阻止するみたいな、
融合できる部分もあればそれを害するものもあるっていう、
両方を自分の中に持ってきているので、
それでなんかこんがらがっていったり
していたのかもしれない、逆に。

でもそれはもうほんとにそれを
選択してきているんですね、
それが入ってきているし、
自分の中で『ストレス』っていう自分の内側の、
『病気』っていうのと、
弱い部分を見つめ合っていくという、
それをもう宿命の中に入れ込んできているんですね。

でもね、社会とはうまくできるんですよ。
社会とはうまくできるという星をちゃんと、
いい感じでできるよというのが入っているから、
自分はうまくできていないと思ってても、
社会のほうはそうはそう思っていない。
けっこううまくはいっているかもしれないんですね。

でも自分がストレスだったり
自分が苦しいっていうのはあるかもしれないんだけど、
そういうのは入っているし、

あとちょっとその、バイブレーションが、
少し芸能人エネルギーって言ったらいいのかな、
みんながやっぱり見てしまう、気になるっていうか、
そういう星も自分の中にちゃんともともと持っているのと、
あと修行僧みたいな。

(ここで私がなんとなく自分で
カトリックのシスターだったんじゃないかなと
思うことを伝えました)

そうそう、自分でね、自分をこう、ね、厳しくっていう、
そうそう、あるんで。
運動とかはされますか?」

(ここで私が運動以前の話かなと、
ヒーリングエネルギーを受け取って動くけど
すぐに疲れてしまって、
スーパーに20分買い物に行って帰ってくると
バッタリ倒れるということ、
自転車は車輪さえ回転に乗ってしまえば
45分くらいこげること、
B型作業所でタオル折りの仕事をやったけれど、
ヒーリングエネルギーを受け取りながら
5時間タオル折りをやると放心状態になってしまって
しばらく現実に意識を置けなくなったりするので
体力をつける以前の話かなと思っていることを伝えました)

「少しでもちょっと体力をつけるところに
持って行くというのをやると、
自分の宿命がまわりますよ。
しゃきせいという車の星を持っているので
しかもその修行僧の星も持っているので
ちょっと少し自分を痛めつけるぐらいやってあげると
自分の命が燃焼されていく。
今、命を使っていない状態。

命をちょっともらうっていうのは
『自分が出す』っていう方向に、ちょっとあの~、
でも『出す』っていうのは『人に使う』っていうのじゃなくて、
歩いてみるとか。」

(ここで私が今は心についての勉強をしていることについてと、
運動が好きじゃなくてスポーツで体を鍛えるとかはできなくて
お金をもらいながら肉体労働をするのはできるけど、
ウォーキングをするとかが心が向かなくてダメで・・・
とお伝えしてみました。)

「さっき、自転車だったらいい感じだったって言っていたから、
少しそういう感じの時間があったらいいなぁと思ったんだよね。
そういうのが見つかるだけでも(聞き取れない)

けっこう意外とね、強いんですよ、しおんさんて。
私が言った言葉とかもきっと跳ね除けちゃうんですね。
だからそういうプライドの星を持っていらっしゃるから、
なかなかその心に刺さらない。
それなのでしおんさんが一番いいと思った方法で
やるのがいいんだけど、

じゃ、なぜ心に刺さらないかというところを
少し見てもらうといいのかもしれない。
そのプライドの下にあるもの、
そこをちょっと覗いてみるっていうことをして、
少しその、範囲を広げていくという練習をしていくと、
受け取るだけっていうではなくて、
ちょっとずつそこが見えてくるだけで、
自分の力が復活していくんですね。
そこが源だから。
生きる力だから。実は。

そこのほうにちょっと
フォーカスしていくっていうのが大事かもしれない。
今、外側から色んなものを
吸収していくっていうところで生きているんで、
それはね、ぜんぜんダメじゃないんですよ。
それと同時に自分の、今度は自分の中でも
起こっていることを見ていくというところが
やってもらうと(?)少しずつこう、なんかこう、
人生が、面白い方向に変わっていくんじゃないかなっていう、
そんな感じがするんですね。

どうでしょうか?」

(ここで私がスピリチュアルイベントに参加した時、
コンタクトレンズをしていたけれど、
そのスピリチュアルイベントで私を初めて見た方と
レイキ交流会でお会いすることになって、その方から
「あの時あなたを見てこの人はアラブとかあっちのほうの高潔な人だと思った」
と言われたことがあったので、
『プライドが高い』『修行僧』とおっしゃっていたので
それで私はちょっと人を受け入れる心の器が
狭いところがあるんだなと、
人の嫌なところや悪いところや
わがままなところを見てしまうと
「この人、嫌!!」
になってしまって受け入れられないという、
人のことを受け入れられる心の器が狭いんだろうな
と思ったということなどについて伝えました)

「ううん、ぜんぜんそれが悪いわけじゃないんだよ。
これは全部肯定してあげてくださいね。
そこはぜんぜんそれでいいんだよ。
それよりもそのまた下にある、
たとえば「そういう風に思ってみるな」って思う、
「その下にあるものはどこから来ているのかな」
「どうしてそう思うのかな」っていうね、
そこのところを見ればいいだけだからさ、

そしたらそこが

「何から来ているんだろう?」

と思った時に、

「嫌われたくないからかもしれない」とか、
「寂しさから来ているのかもしれない」とか、
「怒りから来ているからかもしれない」とか、

そういうのが見えたりしたりするので、
ちょっとそこのところをね、
感じ取っていったらいいんじゃないかなって。」

ここで朝10時30分が近づいてきたので
タイムリミットで切り上げることになりました。

このメッセージを何度も読み返して
内観法をしていくことにします。

私にとって「これは悪い」と思っている
人の悪いところを見るとその人のことが
すぐに嫌になってしまって離れるというのは、
修行僧の魂なので宗教的戒律の心を持っている私だから
「怒り」から来ていそうだと思いました。

ただ、私は

「人は堕落しやすい心を持っているので
自分に戒律を強いて厳しくするくらいで
人というのはちょうどいい」

という概念がけっこう強くあるため、
そこなんだろうなと思います。

ところで、ぴーちゃん先生が
「歩くとか」
とおっしゃってくださって、
実はウォーキングはしないととは思っていて、
去年か一昨年かに私の足のサイズに一番近い
本革の紳士物の黒いウォーキングシューズは
買っていたんです。

それで昨日、徒歩20分くらいのところにある
クローバーの草むらがたくさんある広い公園まで
本革のウォーキングシューズを履いて歩いて行って、
クローバーの草むらのベッドに寝転がって
広い空を眺めながら考え事をずーっとしてきました。

5月中は気候もいいので、
クローバーの草むらのベッドに寝転がることを目的に
徒歩20分くらいの往復を歩くことを
なるべくしようと思いました。

でもやはりプライドの高い修行僧で、
大天使ミカエルの剣のようなところと
とても優しいという「お母さん」な星を持って
生まれているということで、
人に「お母さん」と思われやすいということは
やはりそうなのだなということですね。

でも私は父親からも母親からも継母からも愛されなくて
『聖なる母の愛』も『聖なる父の愛』も体験していないので、

人を愛せない人間

ですので、
私に『優しいお母さんの愛』を与えてほしいと近づいてきても
私には『お母さんの愛』は与えることができません。

『お母さんの愛』(母性愛)を与えられるのは
『聖なる母の愛』を体験して育った心の健康な女性で
妊娠・出産・育児をした女性です。

私は妊娠・出産・育児はしたことがありませんので!
母性愛は持っていません、
『お母さん』じゃありません!

ちなみに6歳半の時に腹違いの妹が生まれて
布オムツの交換をしたり粉ミルクを作ってあげたり
おまるの世話をしたり
絵本を読んであげたりを喜んでしていましたが、

一時期、苦しくて心が堕ちてから
赤ちゃんや幼子を愛せる心は失いました!


というわけで、最近、

「優しくするだけじゃダメなんだ!
手厳しくすることも人には必要なんだ!」

ということに気づきましたので、
大天使ミカエルの剣でスパッとやることも、
人にそっけない態度をして拒絶することも、
心臓バクバク、手足ガタガタになりながら
やり始めましたので、
よろしくお願いします。
m(_ _)m

あっ、ブログは前から
けっこう厳しいことは書いておりましたが・・・
お花の写真や猫りんの写真や短歌を掲載したりなどの
「優しいもの」も掲載します。
(*^人^*)

そうそう、「しゃきせい」で検索をかけましたら、
『算命学』だとわかりました。

『スピリチュアルTV』はご寄付で運営しておりますので、
このぴーちゃん先生の公開鑑定のお礼として、
スピリチャルTVにご寄付をします。


web拍手 by FC2
2017.05.01 / Top↑