母乳がマズイと赤ちゃんは飲まない


2011年11月6日に、普段のブログのほうに『母乳がマズイと赤ちゃんは飲まない』という記事を書きました。

。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。


『たけしの日本のミカタ!』で「叱られよう」というのがテーマだったのですが、東京にある母乳育児の研究所なのか支援団体なのか覚えてませんが、母乳育児のことで若いママさんたちを叱るご年配のご婦人(仮にAさんとします)が取材されてました。

Aさんは母乳の出が悪いママさんのおっぱいを揉みほぐしながら、

「変なもの食べたでしょう!ちゃんとしたもの食べなきゃいかん!」

と叱っていました。

へんなもの食べると母乳の色は濁るのだそうです。

「赤ちゃんが母乳を飲まないというのは、母乳がマズいからなんですよ。ちゃんとしたものを食べていないからです。」

とAさんがおっしゃっていました。

変なものを食べているというのは、自然食品じゃないものを食べているということです。

インスタントラーメンなどのインスタント食品、ほんだしなどの顆粒だしの素や旨味調味料のだしの素、保存料や着色料が入っている食品、出来合いの鍋のスープ(保存料入っています)、スナック菓子、出来合いのめんつゆ、ジャンクフードなど、保存料が入っていたり自然食品だけで作ったものではない食品を食べているということです。

胎児をお腹で育てている時も、出産後も、子供がいなくても、体を丈夫にしたいなら自然食品を食べるのがベストです。

そういう私も鶏肉のだしと牛肉のだしの顆粒スープの素と中華味の素は使っていますが、やっぱりお肉やお魚でちゃんとだしを取らないとダメですね…(和風だしは昆布、干ししいたけ、かつおぶし、にぼしで取っています)

食べているものが母乳の味に影響し、また、子供の体の成長、そして自分と配偶者や子供、家族の体を丈夫にするかが決まるのですね。

料理にしてもお菓子にしても、昔ながらの(現在80代以上の人が食べていたもの)を食べるようにしたほうがいいのだと思います。

NHKEテレの『きょうの料理』の10月号のテキストを買いましたが、ばぁばこと鈴木登紀子さんが料理人の柳原一成さんと城戸崎愛さんと対談されている内容が載っていました。

「家庭料理は家族の健康を考えてつくられていることが前提ですよね」とおっしゃる柳原さんに、鈴木さんが「それはもう当然のことです」と答え、鈴木さんはスーパーで買い物しているお母さんが子どもに「何が食べたい?」と聞いているのを見ると、「もしもし?」って言いたくなると笑って言われ、城戸崎さんが「昔は子どもに合わせて料理をつくることなんてありませんでしたからね」とおっしゃっていました。

(『きょうの料理テキスト2011年10月号P65より)

家族の健康を考えるなら、旦那さんや子どもに何が食べたいか聞いていたら健康的な食事はできないということですね。

そして子どもに嫌いな食べ物を我慢して食べさせることも必要だと私は思います。我慢して食べることを覚えさせないと大人になって食事を作ることになった時に自分の嫌いなものは食べないという、家族の健康を考えない食事しか作らなくなると思います。

私は子ども時代に嫌いな物も強制的に食べさせられましたが、そのお陰で子ども時代に食べられなかった物が食べられるようになっているんじゃないかとチャレンジしてみたりします。

子どもに丈夫な体になる為には食べなきゃダメだときちんと説明し、子どもに憎まれても食べさせる必要があると思います。

子どもがニンジンが嫌いだからとケーキやフルーツジュースに入れて…というのは、そういう摂取のさせかたもいいですが、甘やかしすぎだと思います。

健康を考えて栄養のことも考えて自然食品を食べること、好きな物も嫌いな物も健康の為に食べること、これはほんとに大事なことですね。

インスタント食品は使わず、おだしを乾物やお肉・お魚で取るようにして、ちゃんとしたものを食べるように心がけましょう。

私もできる限りそうします。

。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。

最近、ヘルパーさんに聞きましたが、今の若いお母さんは、食べ物の好き嫌いをするお子さんに、いろんな食べさせ方で嫌いなものを上手に食べさせているのだとか・・・

とても細かくきざんで好きな食べ物に混ぜたり、ケーキやジュースに入れたりとか・・・だそうです。

そのほうがいいのかな・・・

そのままを食べられない大人になったりしないのか、大人になったら味覚が変わって食べられるのか・・・

私が子どもの頃、海のカキが大嫌いだったのですが、父に怒鳴られて強制的に食べさせられていました。

だからといって、それが顕在意識でトラウマにはなっていないのですが、インナーチャイルドは怒っているのかなぁ・・・

今は、舌の味覚細胞が鈍くなったのでしょうか、カキフライって美味しいなと思っていて克服できましたし、実は獲れたての新鮮な牡蠣がとても美味しいと、テレビで美味しそうに食べている人がいるので、食べてみたいくらいです。

私は赤ちゃんを妊娠しないよう、男性とのパートナー関係は持たないようにと心がけていますが、食べ物について、なるべく自然なものを食べるようにしているんだと思います。

たまにカップ麺がどうしても食べたいときがあって食べるのですが・・・

最近は、中華味の素は買って使っていますが、こういうのも意識レベルが低いので体によくないんですよね。

急にこの過去のこの記事のことを思い出したのは、実は最近、そうめんとおそばを食べるようになって、出来合いのめんつゆを買ってきてしまっているからです。

ちゃんと鰹節と干ししいたけと昆布でおだしをとってめんつゆ作らなきゃな~なんて思っていて、ちゃんとしたもの食べないとなんだよな~と、この過去記事を思い出したのです。

今、生しいたけをベランダで干して、来年の夏までの干ししいたけを作ろうと試みていて、amazonで干し網を2つ買いました^^

国産の干ししいたけは品質がいいだけあってお高いですし、うちは干ししいたけをよく使うので中国産の干ししいたけでもけっこう出費になっているんです。

この夏は生しいたけをたくさん買ってきてせっせと干します^^

椎茸干しました

さぁ、鰹節と昆布とこの干ししいたけで和風だしを取ってめんつゆ作ります♪

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment