私たち神の子のほうが立場が上なのです


ここ数日でちょっとわからなくて悩んでいることがありました。

それは、創造主を裏切ったと勘違いしたことで、創造主から逃げるためにエゴにそそのかされて眠りについて、夢の中でエゴと共に「ほんとうのわたし(あなた)」が作ったこのセカイの、エゴと共に決めたエゴの『設定』である、このセカイの『設定』に、私たち神の子は従わなければならないのか、ということです。

これについては、聖霊とイエス・キリストという一番高い意識からきている『奇跡のコース』(日本語の正式名称は『奇跡講座』。原題は『ア・コース・イン・ミラクルズ』)のメッセージを学んでいくとわかるそうで、私は先に学んで理解している方から、過去に『奇跡のコース』が言っているシンプルなことをお伝えいただいており、『目心口窓Ⅱ―心裸万象―』の『スピリチュアリティ』のカテゴリーに過去に掲載しております。

さて、私は日本神道についてまったく学んでいないため、日本神道の神の教えや日本神道の神のセカイについてはまったくわからないのですが、まず、

創造主以外に神はいない

神と子(神の子)と聖霊は三位一体である


のが真実です。

日本神道の神さまの『アメノミナカヌシノカミ』が創造主のことを言っているのかなと思ったのですが・・・

『モーセの十戒』について少し前に調べたのですが、『モーセの十戒』の中の最初のひとつめに、


☆主が唯一の神であること/正教会・プロテスタント(ルーテル教会以外の場合)

☆私のほかに神があってはならない/カトリック教会・ルーテル教会の場合

というのがあります。

モーセの十戒(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%81%AE%E5%8D%81%E6%88%92

これは、検索で調べてみると、どうも『創造主以外に神はいない』ということを言っているようです。

日本人は、あらゆるものに神がいる、という考え方で、『八百万(やおよろず)の神』がいるということで、いろんなものにおわす神に名前をつけているということなのかなと思います。

『スピリチュアルTV』で、運営者のテディさんが神主さんから聞いた話で、赤ちゃんが生まれると半紙に『命名 ●●』と書くのは、あれは『めいめい(命名)』と読むのではなく、『みことな(命名)』と読み、

「この家に『●●の命(みこと)』という神様が生まれてきてくれましたよ」

という意味なのだということ、私たちみんな神なんだということを、私たちに教えてくださいました。

『あらゆるものが神』『八百万の神』というのは、『奇跡のコース』のワークブックに、

「私が見ているあらゆるものの中に神がいる」(レッスン29)

「私が見ているあらゆるものの中に神がいる理由は、神が私の心の中にいるからである」(レッスン30)

「私が、自分が見ている世界を作り上げた」(レッスン32)

「私の心は神の心の一部である。私はとても神聖だ。」(レッスン35)

「神が私の源である。私は神から離れて見ることはできない」(レッスン43)

「私は創造主と一体の一なる自己である」(レッスン95)

でも伝えられています。

※奇跡講座 ワークブック編より引用

☆奇跡のコース ワークブック365日
http://ameblo.jp/acimworkbook/


レッスン32は、『私がこのセカイの創造主である』ということです。

韓国の聖者マスターゲートさんは、『一切唯心造』(いっさいゆいしんぞう)という表現を使っているそうです。

さて、先ほども述べましたが、このセカイは創造主の世界で創造主から逃げるためにエゴにそそのかされて眠りについた私たち『神の子』が、エゴのたくらみと台本(設定)通りに、夢の中で作っているセカイです。

夢の中で私たちが作ったこのセカイを創造主は創っていないので、創造主の世界(これが真実の現実)ではこのセカイは『実在しない』ということで、このセカイは創造主の世界では「無い」ですし、神の子の『夢』(幻覚)のセカイは創造主は創っていないので創造主はこのセカイという『夢』(幻覚)を見られません。

創造主は私たちがいるこのセカイのことを知りません。

夢と言えば聴こえはいいけど、私たちは創造主の世界で『幻覚』を『見て』いる、本物の統合失調症です。

そんな私たちを正気に戻したくて、創造主は私たちの心の中に『聖霊(ホーリースピリット)』を創って置いてくれました。

『聖霊』は、創造主の世界(現実)と、このセカイ(夢、幻覚)の両方を認識するよう創られました。

エゴの台本(設定)とたくらみに同意して作ったこのセカイは、エゴの『設定』があるセカイです。

『天使』は、創造主の世界で眠っている「ほんとうのわたし」の「こころ」がエゴと共に『神の愛を忘れないために作った存在(意識)』です。

それと同様、世界中で祭られている創造主でない神さま、日本神道で祭られている八百万の神さまは、『アメノミナカヌシノカミ』(創造主のことならですが)以外の神さまは、私たちがエゴと共に作った『神の愛を忘れないために作った存在(意識)』と考えられ、エゴと共に作った存在なので、エゴの道具となりますが、それを『聖霊』さんが道具として使えます。

このセカイのあらゆるものは、エゴの道具なのですが、それを聖霊さんが道具として使えます。

さて、前置きが長くなりましたが、最近、私は、霊能者さんたちが、日常的な行動に対して、シックスセンスで神さまからのメッセージを日常的に聞いているのを知りました。

その神さまからのメッセージに、

「~~~~は大きな罪である」
「~~~~をしたら、天界は許さないこととする」

という内容のメッセージを受け取られている方もいらしたため、神(愛)が『罪』『許さない』という『善悪』の物の見方をするはずがないと思った私は、これはエゴさんからのメッセージではないかと思ったのです。

先日、高級霊シルバーバーチが、

「私の言っていることを理性で判断してください。いくらでも疑ってかまいません。理性で判断してください」

と言っていたと書きましたが、どう理性で判断しても、その霊能者さんが神様から厳しく言われたというそのメッセージの内容は、エゴさんからのメッセージで『脅迫』にしか思えませんでした。

神つまり創造主(愛)ならこんなことを言うはずがないのです。

でも、私たちがエゴと共に作った『このセカイの天界』(創造主にしてみれば実在しない幻想ですね)において、そういう『設定』はあるのだろうと思いました。

ですが、このセカイの創造主である私たち神の子が、自分の作った神、しかもエゴの道具になっている時の神の言葉に従う必要があるのだろうか?と思ってわからなくなってしまったのです。

そして、ふっと思い出したのが、『奇跡のコース』を先に学んで、『奇跡のコース』の言っていることを理解してる方が過去にお伝えくださった、食べ物についてのことでした。

天使たちはよく私たちに、

「波動の高い食べ物を食べて、波動の低い食べ物を避けてください」

と言います。

私たちが、エゴさんと共に、食べ物にそういう『設定』を与えているから、天使もそのエゴの『設定』を見てそう言います。

しかし、『奇跡のコース』を理解している方は、こう言いました。

「楽しいことには犠牲がつきもの、そんなことを言うのはエゴさんだけですな。食べ物が『神の世界で恒常的に幸せであることを思い出させてくれるもの』だということがわかっているなら、なにを食べても問題ないと聖霊さんは言います」

と。

食べる量については気をつけないとならないわけですが(そういう『設定』があるから)、聖霊さんはなにを食べても問題ないと言うそうです。

それは、エゴと共に決めたこのセカイの『設定』に従わなくてもいいということじゃないかと思ったのですが・・・

エゴさんの道具になっている天使やこのセカイの神の言うことに対して、聖霊さんの物の考え方と見方で見るように~ということ・・・

エゴと共に作ったこのセカイを、聖霊さんの視点と物の考え方で『見る』ようになることができるのが、『奇跡のコース』の伝えていることだとおっしゃっていました。

私たちの作った神である、日本神道の神さまや世界中で祭られている神さまから御神事を頼まれて、それをやることは、聖霊さんの計画なのだとしたらやる必要があります。

私たちはこのセカイを『見て』いるのだから、それはやっていいというか…聖霊さんの計画のうちならやる必要のあることになります。

創造主は、私たちが『見て』いるこの悪夢、地獄のこのセカイを、『幸せな夢』と見られるようにしてから、私たちをそっと起こし目覚めさせたいので、聖霊さんはそのためにこのセカイを『幸せな夢』にする創造主の計画を実行するお役目がありますから、このセカイで祭られている神さまから頼まれることが、聖霊さんの計画ならやる必要があると思います。

間違えてはいけないのは、私たちの作った神(創造主以外の神)より、神の子である私たちのほうが本当は立場が上だということです。

なぜなら、私たちは創造主の延長上にあり、創造主とひとつで同じ(創造主と一体)で、このセカイの創造主だから、創造主以外の神さまは私たち神の子が作ったのです。

少なくとも、悟りに到達してキリスト意識で生きていらっしゃる方なら、世界中で祭られている神さまや、日本神道で祭られている神さまより立場が上になるはずです。

この地球上で最初の女性キリスト者だった聖母マリアさまの前で畏まる天使の絵を見たことがありませんか?

あれは、キリスト者である聖母マリアさまのほうが、天使より立場が上ということ、すなわち『悟り』に到達したキリスト者は、世界中で祭られている神さまより立場が上だということを現しているのです。

私たちも、神の子でこのセカイの創造主なのだから、私たちが作ったこのセカイの神さまや天使より本当は立場が上なのです。

私はシックスセンスに目覚めていないし悟りにはまだ到達していないため、日本神道で祭られている神さまや、世界中で祭られている神さま(創造主でない神さま)のエネルギーを感じたりしないので、祭られている神さまに対して畏怖の気持ちを持たないから、こういうことが言えるんだと言われるかもしれませんが・・・そうなのだろうとも思いますが・・・

エゴの道具となっている時の創造主以外の神さまのメッセージについては、『聖霊』さんに、

「このメッセージを信じて受け取っていいですか?」

と訊ねたほうがいいと思います。

聖霊さんと簡易的につながるワークはこちらの記事に書いてあります。


☆創造主の愛と理性でメッセージを判断しましょう
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1066.html


エゴの道具となっているスピリチュアルワールドの存在のメッセージを聴く場合もあるので、聖霊さんにそのメッセージについて、信じて受け取ってもいいかを訊ねてみるといいと思います。

。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。

後日、ある方が受け取った神様からのメッセージの、

「~~~~は大きな罪である」
「~~~~をすることは天界はこれを許さないこととする」

というのは、なにか悪に対して天界はそう決めているということで、人がこれをしたらとかいうことじゃないのかもと思いました。

もしくは、なにか別のことを言い表したいのを、この言葉にしているとか・・・

私もその方の受け取った神様からのメッセージがわかりにくい言葉だったため、きちんと理解した上で判断したとは言えませんでした。

誤解して解釈してしまったのでしたら、申し訳ありません。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment