心の愛のバケツの話2 縁切り攻撃してませんか?


私は『心の愛のバケツの話』という記事をカテゴリーを作って掲載していますが、これに関連してくるお話をします。

ある方との私の体験を少し例として書きます。

今年のことですが、ある女性が私と友達になりたいとメールをくださいまして、電話でお話したのですが、私は友達ということではなく、いま関わる必要がある者同士ということで様子を見ましょうとお伝えして、2回お会いして2回ほど電話で話しました。

その方は私よりもずっとずっとものすごく辛いたいへんな体験をされている方だったので心が傷ついていてトラウマをたくさん抱えているだろうということはわかっていたのですが、セルフヒーリングには取り組んでおられるようで、

「他者から愛されなくてもいい」

とおっしゃっていたため、そう思ってそう言えるくらいに心が癒されている方なのだと私は判断していました。

ですが、彼女とのメールのやりとりで、彼女の私への

「えっちゃんにこうしてほしい」

という要求を断ったら、

「できないということならもうメールしてこないでください」

と言われ関係を切られたため、私は要求を飲めないから、これで関係を終わりにしてもいいと思い、メールをしませんでした。

すると一週間くらいでしょうか、彼女がいろいろこのことについて考えたようで私にメールを出していらしたので、またお付き合いをすることになったなと思ってご対応していたのですが、また彼女が私への

「こうしてほしい」

という要求を求めていらしたので、私にも都合があるのでこういう風にしてくださるならいいですよと、ほんとは私は絶対にそういうことはして欲しくないという気持ちがあるものの、付き合いをするなら考慮もしないとならないため、最低限こうしてほしいという条件を言って私なりに譲歩したら、また前と同じように

「こういうことに理解がない人とは私は付き合えませんので、理解できないということならもうメールしてこないでください」

とメールが来たので、彼女が希望する要求はどうしても飲めなかったので、もうこれで関係を終わりにすると決めてメールを出さずにいたら、また2週間後くらいに彼女からメールが来て、

「どちらも間違っていないんだよね」

と謝罪ではなかったのですが私と付き合いを続けたいと思っていると思われるメールが来たので、私は

「あなたとの友達関係はあの時点で終わりました」

とメールをしたところ、わたしのことを「えっちゃん」と呼びかけてきているのに

「私も友達だとは思っていない」

というなんともおかしなお返事が返ってきました。

彼女は友達を得たかった方で、自分を大事にしない人とは付き合わないことを決めている方だったので、自分を大事にしてくれそうな人を探していらしたのだと思います。


この方のことを取り上げたのはなぜかというと、私自身も心が深く傷ついていて優しい愛に飢えていた時、彼女と同じように縁切り攻撃をしたことが何度もあるからです。

それについてちょっと書きますね。

高校時代に私がいつも一緒にいた女の子がいました。
仮にBさんとします。

私はBさんのことが大好きになりましたが、高校卒業後何年か経ってから知ったのですがBさんはさほど私を好きじゃなかったのだと思います。
ですが私のことを別に嫌いというわけでもなくて、一緒にいればそれなりに楽しいからBさんは私と一緒にいただけなんじゃないかと思います。

そして高校時代だったか卒業後だったかあまりはっきりと思い出せないのですが、私はBさんが私のことが好きで私を親友として求めてくれるだろうということを確認したくて、なにかで腹を立てたときに彼女に友達付き合いをやめると言って一週間くらい離れて、Bさんが私を追いかけてこないことでがっかりし、私はBさんと繋がっていたいから、

「ごめんね」

と謝ってまたBさんに近づきまた友達としての付き合いを続けてもらう・・・ということを何度かしたことがあるんです。

Bさんにしてみれば私のことを嫌いというほどではなくてもさほど好きでもない、「普通」という感情しか持っていなかっただろうから、私が縁を切ると言っても追いかけてくるはずがないわけです。

Bさんはおそらく仕事での人間関係でもない限り嫌な相手には近づかなかったのではないかと思うので、別に相手への感情が「普通」なら「来るもの拒まず 去るもの追わず」だったのではないかと思います。

私は自分をBさんが追いかけてきてくれたら「Bさんは私のことが好きで大切なんだ」と確認できるので、私はBさんの私への好意や愛や情を確認できるので、自分の心の欠乏をその「愛されているんだ」という事実確認で心を満たしたいから縁切り攻撃をしていたわけです。

先に例として取り上げた方も私に対して縁切り攻撃をしたのは、私に追いかけてきてもらうことで

「自分はしおんから大切にされている。しおんから愛されている。しおんにとって私は必要な存在なんだ」

と事実確認をして心の欠乏を満たしたかったのではと思います。


で、この件について、なにが『心の愛のバケツの話』につながるかと言うと、これは私が感じたことなのですが、先述の彼女の

「他の人から愛されなくてもいいんだよ」

という言葉は、私は

「私は愛することで喜びを感じるから愛されなくてもかまわない」

ということだと理解していましたが、実は彼女の真意は違ったのではないかということです。

彼女の真意は、

「他者からは自分がこのように愛されたいと思うようには愛されないのだから、他者からの愛なんていらない」

ということだったのではないかなと思っています。

あきらめであるか、むくれて拗ねているかのどちらかではないかと思います。

これは、他者から愛の欠如の行為をされて心がとても傷ついていて癒されていない状態で、心の愛のバケツに穴が空いていてどんどん愛の水がこぼれ落ちていっている人によくあることで、かつての私がこの状態でした。

この心の状態では、誰とも良い関係、心の健康な関係は築けません。

なぜなら、愛に飢えていてほんとは愛が欲しいから、自分の自覚なしに無意識に愛されることを望んでいて、

「あなたが私を愛してくれないなら、私はあなたとは付き合わない!」

と、自分の愛されるための要求を相手から断られるとぶち切れて縁を切ってくるのです。

「縁を切ると言えば相手も情で反省して折れてくるだろう、自分の要求を飲むだろう」

と思っているから、縁を切る攻撃をしてくるのですね。

でも相手が折れてこないとわかると、相手と付き合いたいから、自分からまた相手に近づくのです。

縁切り攻撃をしてくる人は、相手から引きとめられること、相手が自ら自分のほうに近づいてくることで、自分は愛されていると確信して確認して安心して心を満たしたいのです。

相手が自分を「好き」「愛している」のであるということを縁切り攻撃で確認したいということです。

これは、相手を「試している」ということです。

こういう『縁を切る攻撃』を2回されたら(というか1回目でわかることなのですが)、3回目以降もあり、何度もこういうことがあります。

こういう『縁を切る攻撃』を何度もしてくる人は人を振り回す人なので、付き合うには自分の心の芯がしっかりしていてぶれない心の持ち主じゃないと相手のエゴ(自我)のドラマに巻き込まれてしまいます。

私は彼女とは関係を続けるのはお断りしました。

でも、人間関係は、よく言いますが

「惚れたほうが負け」

な面があります。

お互いがお互いに惚れているならどちらが先に惚れたのであっても、フィフティーフィフティーな関係になれるのですが、片方だけが惚れている場合は、惚れているほうが立場が弱いです。

なぜなら、相手に惚れていないほうは、相手が自分から去ってしまってもなんのデメリットも問題もなくて、心も傷つかないので、関係をあっさりと切ることができます。

たとえ、付き合いが長年に渡ろうが、惚れていないほうは、

「私と付き合いたいみたいだから応えてあげている」

だけだからです。

だから心の愛のバケツに穴が空いていて愛の水がどんどんこぼれ落ちていて愛に飢えている人が、いくら惚れていて自分に愛を与えて欲しい相手に『縁を切る攻撃』をしても、惚れられていないなら相手には通用しません。

心の健康な人間関係を築くには、まず自分の心を癒すこと、セルフヒーリングや心の訓練で心の愛のバケツの穴をふさぎ、愛の水をいっぱい貯めて、愛の水があふれてきて心の愛のバケツが『愛の泉』になって、愛を与えたくてたまらない心の状態になって、愛を与えることが喜びという心の状態にならないと、良い人間関係、愛し合う人間関係は築けません。

セルフヒーリングや心の訓練に取り組まず、傷ついた心をそのままにしていて心が癒されていない人、心の愛のバケツに穴が空いていて愛の水がどんどんこぼれ落ちてしまっている人は、愛を与えてもらってからじゃないと相手に愛を与えられません。

『テイク&ギブ』という見返りを求めている関係なのですね。

「あなたが私を愛してくれたら、私はあなたを愛そう」

という心の状態です。

つまり、

「愛を与えてもらえなかったら、愛することはできません」

という心の状態です。

セルフヒーリングに取り組んで、神の愛と癒しのエネルギーである宇宙を含めた自然のエネルギーを受け取り心が癒されていて、心の愛のバケツの穴を修復していて愛の水がたっぷり貯まっていたり、愛の水があふれてきている心の状態の人は、こうではありません。

「私はあなたに愛を与えること自体が喜びです。見返りは求めません。でもあなたからの愛が還ってきたときは私は素直に喜び感謝します」

という心の状態になります。

この心の状態の人同士が交流を取ると、心の健康な人間関係が築けます。

『見返りを求めない愛』で相手を愛せるからです。

私が言っている『心が癒されている状態』というのは、顕在意識においてそう感じる状態です。

なぜなら、潜在意識には膨大な過去のデータがあって、過去世から持ち越している心のクセがあるので、潜在意識をすべて癒すことはとても難しく、ひとつ問題が片付くともうひとつ問題が出てくることの繰り返しでエンドレスなので、過去世の問題をすべて片付けるのにはどれだけ生まれ変わっても無理なので、自分の心の視点を変えるために『原始仏教』や『奇跡のコース』や『コーチング』や『悟りブログ』を学んで心の訓練をするほうが近道です。

あなたが、

「私は愛する~♪」

ではなく、

「私は愛された~い」

と少しでも思っているなら、あなたは愛に飢えていて心が傷ついている可能性があります。

心の癒されていない人と友達やパートナーや家族として付き合うのはとても難しいのです。

なぜなら、愛を与えても心の愛のバケツに穴が空いているので愛の水がどんどんこぼれてしまい、満たされず、一時的に満たされたと感じても、また時間が経てば満たされなくなって、愛に飢えているままだからです。

そして、自分と周囲にいる人は、親子であれ友達であれパートナーであれ師弟であれ上司と部下であれ先輩後輩であれ同僚同士であれ、心の癒されていない人のほうが圧倒的に多く、心の不健康な関係を築いています。

あなたが、傷を舐めあう『テイク&ギブ』の関係を続けて満たされない心で辛さを抱えたまま生きていきたいのか、セルフヒーリングや心の訓練に取り組んで『ギブ&ギブ』の心の健康な関係を築いて自分と相手にすばらしい愛を感じて幸せを感じて生きていきたいのか、どちらかひとつです。

セルフヒーリングと心の訓練をすることに取り組むことで、心が楽になり幸せを感じて生きられますし、悟りに到達したらほんとに楽になるのだということを、悟りに到達しているスピリチュアルTVの運営者のテディさんから聞いています。

さて、心の癒されていない愛に飢えている心の状態で彼氏彼女を作っても、誰かと友達付き合いをしようとしても、ちょっと付き合えば相手が

「愛をむさぼられる」

ことを本能的に察知しますし、相手が

「愛さなくてはならない」
「どれだけ愛を与えても相手は満たされない。自分じゃダメだ。手に負えない」

と負担に感じたり重く感じて、相手はある日突然、手のひらを返したような態度になり、去っていきます。

そして心の愛のバケツに穴が空いている人は、さらに心が傷ついてトラウマを抱え、さらに愛に飢えて愛を求めようとし、悪循環にハマります。

愛の飢えから抜け出すには、セルフヒーリングに取り組むこと、心の訓練をすることです。

私もセルフヒーリングに常に取り組んでいますが、セルフヒーリングで私が知っているものには、

「レイキヒーリング」
「リコネクティブヒーリング」
「シータヒーリング」
「コンシャスタッチ」
「クォンタムタッチ」
「QE」(瞬間ヒーリング)
「ME」(マトリックス・エナジェティクス)
「フラワーエッセンス」
「アンジェリックエッセンス」
「エンジェルエッセンス」
「アルケミーエッセンス」
「ネイチャーエッセンス」
「エッセンシャルオイル(アロマオイル)」
「大天使ラファエルにヒーリングしていただく」
「イエス・キリストにヒーリングしていただう」
「奇跡の治癒家ブルーノ・グルーニングさんの聖霊治療」
「ヒーリングミュージックでのヒーリング」
「ヒプノセラピー」(前世療法)
「ドロレスヒプノ」
「マインドブロックバスター」

がありますが、私が取り組んでいるのは「レイキヒーリング」と「フラワーエッセンス」と「ブルーノ・グルーニングさん聖霊治療」「大天使ラファエルにヒーリングしていただく」「イエス・キリストにヒーリングしていただく」「QE」そしてまれにスピリチュアルTVのスピリチュアル鑑定団であまモンさんに「マインドブロックバスター」と「マトリックス・エナジェティクス」をしてもらったことがあります。

MEは何度かしていただいたことがありますが、足のすねの痛みについて改善しました。

QEとリコネクティブヒーリングは本が出ているので読んで練習すれば誰でもできます。

リコネクション―人を癒し、自分を癒すリコネクション―人を癒し、自分を癒す
(2006/06)
エリック パール

商品詳細を見る



瞬間ヒーリングの秘密―QE:純粋な気づきがもたらす驚異の癒し瞬間ヒーリングの秘密―QE:純粋な気づきがもたらす驚異の癒し
(2012/12/04)
フランク・キンズロー

商品詳細を見る



ユーフィーリング! ―内なるやすらぎと外なる豊かさを創造する技法ユーフィーリング! ―内なるやすらぎと外なる豊かさを創造する技法
(2013/07/11)
フランク・キンズロー

商品詳細を見る


どれでも自分にあったものに取り組まれるといいですよ^^

なお、わたくし、しおんえつこはレイドウレイキとビューティーレイキでの無料遠隔レイキヒーリングを承っております。


レイキヒーリングのやり方
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-category-4.html


ブルーノ・グルーニング交友会のサイトはこちら
http://www.bruno-groening.org/japanese/default.htm

ブルーノ・グルーニング交友会のイベント情報はこちら
http://kokucheese.com/main/host/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%BA%A4%E5%8F%8B%E4%BC%9A


スピリチュアルTVのブルーノさんを紹介した動画はこちらの3つ

難病が治った 奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん①

http://www.youtube.com/watch?v=kkECeW5mGkE

ブルーノ・グルーニングさん② ドイツ語版
http://www.youtube.com/watch?v=jtYSoP-1biE

奇跡の治療家 ブルーノ・グルーニングさん③
http://www.youtube.com/watch?v=5z_e3ImESBA


おすすめフラワーエッセンスセラピスト光央(こう☆)さんのサイトはこちら
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fairyveil/

こう☆さんは、エンパスと言って人の感情の深いところまでわかる方です。

こう☆さんは、クライアントさまの心境や状況、そしてどうなっていきたいかを聞いたときにインスピレーションで浮かんでくるフラワーエッセンスがあり、さらにキネシオロジーテスト(筋肉の反射で見る科学的なテスト)と花カードを使ってフラワーエッセンスをチョイスして、さらにシックスセンスでお花の妖精さん、お花の精霊さん、天使さまたちと相談して、クライアントさまに必要なフラワーエッセンスを選びます。

そしてその選ばれたフラワーエッセンスをクライアントさまが「これが必要です」とOKを出すと、フラワーエッセンス同士のハーモニーを見ながら調合してくださいます。

こう☆さんのフラワーエッセンスはとても改善が早いと、しおんえつこは感じておりますので、フラワーエッセンスをショップで買うくらいなら、もう少しだけお金を出して、こう☆さんのセッションを受けることをおすすめしております^^


おすすめフラワーエッセンス販売サイトです
Angeli(アンジェリ)

http://www.shop-angeli.com/


風鈴演奏家の日向真(ひなた・しん)さんの風鈴ミュージック視聴販売ページはこちら
http://www.lifeact.jp/kazaoto/cd/

日向真さんのおとだまの公式サイトはこちら
http://www.lifeact.jp/otodama/top.html

日向真さんの音絵師のサイトはこちら
http://www.music-palette.com/


おすすめヒーリングミュージック試聴販売サイトはこちら
アイヒーリング

http://www.i-healing.jp/html/newpage.html?code=11

関連記事
スポンサーサイト