日本対話ボランティア協会の勉強会でした


今日、『日本対話ボランティア協会』の勉強会が午前中にあったので参加してきたのですが、代表は参加されなかった勉強会で、集まった人たちでこれから会をどうしていくかという話をしてました。

でも・・・代表がいないと話が進まないので、食事会などを開いて話し合ったほうがいいよねって話をして・・・

今日、勉強会のリーダーがおっしゃっていたのですが、登録メンバーの中でミーティングや勉強会に参加する人の数がかなり減ってきているという話をされていて、会をしっかり運営していく上でしっかりと参加してくれるメンバーがある程度の人数必要だよねって話していて・・・

いろいろとみんなで決めていく段階の立ち上がったばかりの会なのですが、今まで何回もやっている1回2時間のミーティングではほとんど話が進まないので、もう少しじっくり長時間で話し会える場をたくさん設けたほうがいいんじゃないかなぁ・・・

会のことについてはこれくらいにして・・・

今日、勉強会に参加した方の中で、スピリチュアルカウンセラーさんがいました。

その方が、私を初めて見た時、

「この人は普通の人と違う」

と感じたそうなんです。

なので、帰りに一緒の方向の電車に乗るとのことだったので、私は普通の人とは違うんですかと聞いたら、そうだとおっしゃられたのですが、その理由まではお話されなかったので、なにか普通の人・・・つまり「一般的によくいる人」とは違うってことなんだろうけれど、いったいなにが普通の人とは違うのか気になりました~

たしかに変わっているねって言われることもあるけれど・・・スピリチュアルカウンセラーさんから言われると気になりますぅ~

とりあえず、なんか人とは違うらしいということで・・・
いつかその理由がわかります!(と設定する)

そうそう、勉強会のリーダーさんと少し話したのですが、対話のクライアントさまにはヒーリングに取り組んでいただくことも必要ですよね、でないと対話に依存するようになるからって話をして、『ヒーリング部門』も作ったほうがいいと思うって話を少ししました。

ウィルあいちの和室とか借りてじっくり話し合えたらいいなぁって思っています。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment