『嘘はダメ』と躾けられた子の年収は高くなる


今日の『ほんまでっかTV』で興味深い話題を取り上げていました。

『嘘はダメ』と躾られた子は年収が50万以上高くなる

これについては、神戸大(と聞こえました)の教授がインターネットを使って調べたのだそうですが、

☆親切にする
☆ルールを守る
☆勉強する
☆嘘をつかない


ことを小学校低学年までに教えられた子は、大人になってからの年収が86万円高いのだそうです。

これを教えられた子は、大人になってからのコミュニケーション能力(会話力・常識力)が優れるのだそうで、それが仕事に影響して収入が高くなるんだそうです。

で、この「嘘をつく」という能力は人間の能力のひとつではあるのですが、「嘘をつくな」と教えられた子が大人になってからつく嘘と、はじめから嘘をついてもいいという状態で育った子が大人になってからつく嘘とではまったく違うのだそうです。

☆親切にする
☆ルールを守る
☆勉強する
☆嘘をつかない


これを小学校低学年までに教えられた子のつく嘘は、悪質な嘘ではないのだそうです。

おそらく、嘘をつくとしても、人のため(相手のため)の嘘をついたりすることはあっても、自分を守るために相手を騙すための嘘はつかないということじゃないかなぁと思います。

で、親が子どもに「嘘をつくな」と教えても、その親自身が嘘をついていたりすると子どもはそれを見抜いていて親のモデリングをするし、親が「仲良くしなさい」と子どもに言っても、親が子供の前で夫婦喧嘩をしていれば、子供は「親の言っていることが違う」と見抜くだけでなく混乱し、親をモデリングするため、喧嘩するような子になってしまうそうです。

『躾』という字は、「身を美しくする」と書くので、親自身が『身を美しく』していれば、子どもは親をモデリングするので「身を美しく」するというわけです。

つまり、子供に乱暴な言葉遣いをさせたくないのであれば、親自身が丁寧語や尊敬語を使って夫婦や親子のコミュニケーションをすれば、子供は丁寧語で話す・・・というわけです。

そういえば、私の継母は私が幼稚園くらいの頃から、私に丁寧語でしゃべるようにきつく言いつけまして、私も素直にその言うことを聞いていましたので丁寧語が普段後になり、馴れ合い言葉を話すのがあまりできないのですが、継母は『世が世ならお姫さま』という方だったので、馴れ合い言葉のような乱暴な言葉遣いはしない方でした。

継母さんが正座をする方だったので、私も正座をすることが自然と身につきましたが・・・13年前から姿勢的にらくだったため、意識的にあぐらをかくようにしたらあぐらをかくことが身についてしまいましたが、若い頃は椅子に座るときに膝をそろえて座ったり、椅子に正座するようなところがありました。

男性がやるような倉庫内軽作業のお仕事をする前までは、私は笑うときに口を手で隠して笑うくらいでしたし、グラスのお水を飲む時に、左手をグラスの底に添えて飲むというのを無意識にするくらいお行儀の良い子だったくらいですが、それは継母から躾けられたことを素直に守っていたことからでした。

さて、小さな子供が「おもちゃを貸さない」という自己主張ができることはとてもいいことで、嫌なのにおもちゃを友達に貸してしまう子というのは、心に問題を抱えている子だということも話していましたが、それはその子が優しい気質で『他人軸』で生きてしまっているからだと思うので、フラワーエッセンスでヒーリングしてあげるのはとてもいいですね^^

それから、小学校の中学年以上くらいから親が過保護・過干渉にしていると、新型うつ病になるというデータがあるそうです。

これは親御さんが、子供がいつまでも幼い赤ちゃんで、『子供は自分がいないと生きていけない』と思い込んでいることが原因なのではないかと私は思います。

経済的に守ってあげなければならいのは確かですが、世の中には悪人と呼ばれる人たちもいるのだということを教えて自分の身を自分で守ることを教えたりする必要はたしかにあるのですが、親が自分の心の欠乏を満たす存在だと無意識に思っていて、子供に依存しているというケースも、過保護・過干渉になる原因ではないかと私は思います。

どうしても、母親の「自分のお腹で赤ちゃんを育て、陣痛に耐えて産む」という体験を私はしたことがないため、子供に対してとても「私が守らなければ」という気持ちになるというその本能的心理を私は知ることができないのですが、心の欠乏を子供で埋めているという子供に依存しているケースの場合は、それに気付いて、セルフヒーリングに取り組むと子供の心の力を信頼していくことができるだろうと思います。

昔から言いますよね。

『親がなくても子は育つ』

って。それくらいの気持ちでいるのもひとつの開放かもしれません。

私はいつもしつこくお伝えしていますが、親も子も過去世から持ち越している心のくせがありますので、セルフヒーリングに取り組むことはおすすめします。


レイキヒーリングのやり方はこちら
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-category-4.html

ブルーノ・グルーニング交友会のサイトはこちら
http://www.bruno-groening.org/japanese/default.htm

ブルーノ・グルーニング交友会のイベント告知はこちら(こくちーず)
http://kokucheese.com/main/host/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%BA%A4%E5%8F%8B%E4%BC%9A

ブルーノ・グルーニングさんのことがわかるスピリチュアルTVの2つの動画はこちら
難病が治った 奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん①
http://www.youtube.com/watch?v=kkECeW5mGkE

奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん③ 医師が証明
http://www.youtube.com/watch?v=5z_e3ImESBA


フラワーエッセンスセラピスト こう☆さんのサイトはこちら
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fairyveil/

こう☆さんはエンパスと言って人の感情の深いところまでわかる方で、シックスセンスにも目覚めいて、クライアントさまに必要なフラワーエッセンスを選ぶのに天使たちからメッセージを受け取って選ぶことができる方です。
こう☆さんは、クライアントさまの心境や状況やクライアントさまがどうなっていきたいかを聞いたときに、インスピレーションで浮かんでくるフラワーエッセンスがあり、花カードとキネシオロジーテスト(筋肉の反射で見る科学的なテスト)を使ってクライアントさまに必要なフラワーエッセンスを選び、さらに天使や妖精たちと相談してフラワーエッセンス選びます。
そして選ばれたフラワーエッセンスの説明を添えてクライアントさまに「このフラワーエッセンスでいかがですか?」と聞いてくださり、クライアントさまがOKを出すと、フラワーエッセンス同士のエネルギーのハーモニーを見ながら調合してくださいます。
このフラワーエッセンスのエネルギーのハーモニーを見ながら調合するのはそう誰もができることではなく、もしかしたらこう☆さんにしかできないのかもしれません。
しおんえつこはこう☆さんの調合したフラワーエッセンスは超強力だと感じています。
フラワーエッセンスショップで自分で選んで1瓶買うくらいなら、もう少しだけお金を工面して、こう☆さんのフラワーエッセンスセッションを受けたほうがご納得いただけるのではないかと、しおんえつこは思っています。
すばらしいフラワーエッセンスセラピストさんなのでおすすめしますが、こう☆さんを選ぶかどうかはあなたが自由にお決めくださればと思います^^
もし、どなたか他のフラワーエッセンスセラピストさんを探されるなら、キネシオロジーテスト(オーリングテストもそのひとつ。筋肉の反射で見る科学的なテスト)を使っている方をおすすめします。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment