。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。

※この記事はあなたに他者は"今この瞬間"に死を迎える可能性があるため依存・依頼できる相手ではないことを伝える為のものであり、またパートナーや親御さんの経済力や労働力を頼れなくなったときに自分のできることでの経済力をきちんと持つことを伝えるためのもので恐怖や不安に陥れることを目的とはしていません。


この記事で言いたいことを先にまとめて書いておきます。

この記事で言いたいことをまとめると、
特に女性ですが、結婚して主婦になる方は、

配偶者(夫)が今この瞬間に死んでしまって
遺産もそんなにありませんということになる場合があったり、

急病になったり事故に合って肉体が損傷して
働けなくなってしまったりしてお金を稼げなくなって
介護もしなくてはならなくなったり、

配偶者がある日突然、なんらかの理由で精神病になって
働けなくなってお金を稼げなくなったり、

配偶者や自分が不倫をして離婚することになって
シングルマザー、シングルファザーになるかもで、
ある日から配偶者の経済力が頼れなくなったりすることもあるので、

配偶者にそういうことがあるかもしれないのが
この地上世界と人間世界なので、
配偶者の経済力をアテにして
子どもを産むのではなくて、
配偶者の経済力が頼れなくなったときに、
自分の経済力で子どもが育てることに
なるかもしれないのだということを
ちゃんと考えてくださいね、ということです。

では、この先の超長文を読みたいですという方は、この先をどうぞ^^

゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。‥*‥゜゜‥*。。*‥☆‥*゜゜

ここで書いていることは、精神障害者で社会体制が整っていないため働くことが難しくて今のところ国から保護されている身で、自分のできるオラクルカードリーディングで生計を立てていける未来があるのだろうかという私の立場で言っていいことではないのですが、ひとつの意見として受け止めてくださればと思います。

今、結婚できない男性と女性が増えているということですが、その原因として女性が男性に求める年収が600万円以上ということと、不況で男性の経済力がなくて男性が自信を持ってプロポーズしたりお見合いをしたりすることができないということだそうです。

はっきり申し上げますが、年収600万円以上をもらっている独身男性は日本国内でごくひとにぎりで、独身女性の数に対して圧倒的に数が少ないです。

そしてまた、それだけの金額を稼げる方はとても有能な方なので、女性であるあなたがそれだけの有能な方にふさわしい女性であるのか、それだけの豊かさを得られるだけの徳(天の貯金。有償でも無償でも愛の奉仕をどれだけしてきたかどうか)があるのかをきちんと考えていただきたいです。

さて、人生ラクをしたい女性は多いでしょうけれど、ここではっきり申し上げておきます。

パートナーの男性の経済力をアテにして結婚したり子供を産まないこと

です。

恋愛であったりお見合いであったりで選んだパートナーと結婚することを決めた時、

『死が二人を分かつまで、一生を共にして生きていくしそれができる』

男性も女性もとても大きな勘違いをします。

ですがよく世の中を見渡してみてください、離婚したカップルの数がいかに多いかを。

「私だけは違う。私がパートナーを愛する気持ちは本物だもん」

これも大きな勘違いです。

あなたとパートナーの心が『愛の泉』で『見返りを求めないで与える愛』で相手を愛することができず、相手で自分の心を満たそうとしている限り、相手が自分の求めるもので自分を満たしてくれなくなると不満がどんどんたまっていっていずれ別れます。
(経済力がない場合は不満たらたらで仮面夫婦を続けます)

また、相手との学びが終わるともういいと思って別れます。

波長が合わなくなった場合も一緒にいられなくなるので別れます。

愛する意志をやめた時にも別れます。


よほど恋し合っているか愛し合っているか、お互いが満たし合っていてメリットが一致しているか、妥協しているか、愛するを意思することをしていない限り、子供がいても離婚します。

離婚して母親であるあなたが子供の親権を取り子供を引き取るのなら、あなたはシングルマザーになります。

だから子育てにおいてパートナーの男性の経済力は一切アテにできないものです。

さて、ここから厳しいことを言います。

女性がパートナーの経済力をアテにして結婚し子供を産むのは覚悟がなさすぎます。

パートナーと協力し合うのは別にいいのですが、子供を産み育てるなら自分の経済力だけで成人まで育てていく覚悟が必要です。

あなたが今、結婚していて専業主婦をしていたり、ちょっとパートで稼いだりして子育てをしていて、パートナーの経済力をアテにしていて、その上でうちはお金がない、貧乏だなんて言っているなら、シングルマザーで自分の経済力だけで独りで子育てをしている人から見ればとてもラクしていて甘ったれているんです。

学力がないため企業の就職試験を突破できず、性風俗で働いて辛い思いしながら必死に子育てをしているシングルマザーだっているんです。

※性風俗は霊的にも危険だしおすすめしません

もちろん、パートナーの男性だってラクしていて甘ったれているんです。

なぜなら、離婚して子供を父親である自分が引き取ってシングルファザーで子育てしている人から見れば、自分は会社で働いて稼いできているんだからと奥さんに上げ膳据え膳、お弁当を作ってもらって掃除やパンツの洗濯までしてもらって子育ても奥さんにまかせきりでいるなら、とてもラクしていて甘ったれているんです。

シングルファザーやシングルマザーは自分一人で稼ぐ少ない給料でやりくりしながらひとりで家事もこなしながら子育てしているか、朝から晩まで寝る間も惜しんで働いて稼ぎながら1人で家事もこなしながら子育てしているんです。
(よほど有能で不労働収入で高給を稼げるシングルマザー、シングルファザーなら別ですが)

繰り返し言いますが、パートナーの経済力をアテにして結婚・子育てをしようとしているのはシングルマザー・シングルファザーから見れば実は甘ったれていると言えるんです。

とてもラクしたくて男性に年収600万円を求めている独身女性は甘ったれすぎです。

経済的に豊かになりたいなら、自分の力で稼ぐことです。

人は明日、下手すれば今日、この地球上で生きてくれている保証・保障はどこにもないのです。

これを言うとたいていの人は

「死なないよ!」

と言いますが、それはおおきな勘違いです。

肉体は終わりを迎えることが決まっているものですし、自分の命が終わる日は自分にはわかりません、肉体が終わりを迎える瞬間、それが1秒後かもしれないのです。

もちろん、この世はすべてうまくいっているので、自分が肉体の命の終わりを迎えたあとも、残ったものでなんとかやっていっていきなんとかなってしまう世界ですが、相手が今日も生きている保証・保障がどこにもない限り、本当は他者はアテにできないものです。

結婚相手の力を借りて協力しあって生きるのはいいのですが、まず基本的に結婚相手の経済力をアテにせず、自分の力による経済力で生きていきながら子育てをする覚悟を決めて結婚することです。

【自分の能力とそれによる経済力】

【そして神と聖霊と天使に助けを求めること】

もしくは、

【20世紀の奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんに助けを求めること】

です。

このブログのトップページに掲載している記事でブルーノさんの動画や交友会を紹介しているのでその記事から動画などご覧いただければと思います♪


これ人生を生き抜いていく基本です。

経済的にもっと稼げるようになりたい、今の自分を変えたいのでしたら成功者の3人をご紹介しますので、この3人の提供している無料プログラム・有料プログラムを受けることをおすすめします。

メンターの佐々木浩一さん
http://koichisasaki.com/

創造的破壊プロジェクトの和佐大輔さん、原田翔太さん
http://www.netbusiness-diary.com/creative-deconstruction.html


手厳しいこと言いましたが、ここで挙げた3つの大きな勘違いをなさらないように心に留めておいてくださいね♪
(*^_^*)

私のような立場で手厳しいことを言って申し訳ないのですが、ひとつの意見として考えていただければと思います。

ちなみに私は、精神障害者と言えど生活保護はいつまでいただけるか保障・保証がないため、聖霊治療や自己調律ワークやヒーリングに取り組み、オラクルカードやなにか自分のできることで稼げるようにならないか手探り中です。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2021.12.31 / Top↑