愛の意識が高まってくると「人じゃない」になるようです


愛の意識が高くなって(キネシオロジーテストで言う意識レベルがかなり高くなって)、セルフヒーリングや心の訓練で心が癒されて満たされてきて聖霊の視点で少し見られるようになってきて

「今が大事」

になってくると、「過去」にそれほどこだわらなくなると思います。

どんなに悲しい「過去」だったのだとしても、それについて思い出した時になんの感情も湧かなくなるみたいです。

エゴ(自我)のドラマの人間関係にどっぷり浸かっていたい人から見ると、

「冷血漢」
「人でなし」
「人じゃない」

になるみたいです。

「大切な思い出」っていうのもただの記憶になっちゃうようです。

そして自分を愛しているから他者も愛せるけど、自分以外に一番大切な人が思い当たらなくなるみたいです。

愛している人と別れても寂しくないし、

愛している人が死んでも悲しくないんです。

江原啓之さんがお葬式にニコニコして来るという話みたいにです。

『奇跡のコース』のワークブックをやっている人ならおわかりになるでしょうか?

私は今この段階、このへんの意識の状態みたいです。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment