『本物の母』は愛の意識が高くなると悲しまないと思っています


私は今世では母として出産して子育てはしないので実際どうなのかなって思ってはいるのですが・・・

出産して母になるというのは2つの側面があると思うんです。

1:妊娠期間中に母性が芽生え脳の一部が変わり出産して母となるという動物的本能によるもの

2:赤ちゃんから子供を育てていくことで学んでいき母となるということ

この他に、

3:出産しないで他者が産んだ子供の母となり子育てしていって学んで母となるということ

4:出産しないで前世・過去世で培った強い母性により他者の産んだ子の母となる、最初から母性あふれる母な人

私が本物の母だと思っているのは4です。
マザー・テレサと同じですね。

で、4の場合は愛の意識が高まって(キネシオロジーテストでの意識レベルがとても高くなると)、我が子が病気になったり死んだりしても悲しむという感情が湧かないのではないかなぁと思っています。

常に平和で平穏で平静で冷静な状態です。

3も意識が上がればこの状態になれると思います。

1と2は動物本能としてのが母性があるのでどうしてもこの状態になれないと思ってますが、悟りに到達したらこの状態になれるのかもしれないです。

これは自分の親に対してもそうだと思います。

悲しむのはエゴ(自我)のドラマの人間関係にどっぷり浸かっている場合じゃないかと思います。

と、私は推測して考えています。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment