『泣きっ面に蜂』な出来事でした


実は8月の5日だったと思いますが、体が弱っていて心も一切無用論的な無欲的な状態になっているところへ『泣きっ面に蜂』な出来事がありました。

私がすごい方だなと思って尊敬の目で見ていて心の中で慕って心に入れていた方に、軽蔑され嫌悪されていることをその人からはっきりと告げられたのです。

嫌悪のエネルギーを込めて剣を突き刺してきたのがわかる攻撃的な言葉と対応だったためすぐにその方から立ち去るよりほかなく、SNSの友達からはずしておきますと伝えたら、その方はすでに私を友達からはずしているとおっしゃり、最後の別れの言葉として精神疾患には同情するという言葉と共にあることについて私を軽蔑していて嫌いだと侮蔑の言葉の剣で斬りつけてきました。

もともと体が弱っていて心にも影響が出ている時だったため、また尊敬していた方だったので思っていたよりダメージが大きかったです・・・

私が今の肉体的事情や置かれている環境や状況などの立場、経済的事情、経験してきたことや学んできたことでできることで、また私がそれが大好きだからこそやりたくて、生来の怠け者でだらしがなくてダメダメ人間な私でも少しはこれで誰かのお役に立つこともあるだろうと私なりに少し頑張っていたのですが、尊敬していた人から軽蔑されて嫌悪されていたことを思うと涙があふれてきて・・・

その方に言い返したい言葉は色々と浮かんできました、でもどれも手短く言い返すには適切な言葉ではありませんでしたし、その方は私が知ってもらいたいことを長文で書いたメールを興味ないと一蹴したので何を言い返したところでその方の心には届かないだろうと思い、何も言い返すことができなくてそのまま泣き寝入りして立ち去るしかありませんでした。

その出来事が起きたあと、ブルーノさんの聖霊治療を3日間することができませんでした。
なぜならブルーノさんの交友会の代表から何度も何度も、

「一度ブルーノさんのゴミ箱に捨てたら二度と拾いに行ってはいけません」

と教えてもらっていたので、そのことについてずっと思い返しては言い返すための言葉をたくさん考え続けたり泣いたりをどうしてもしてしまうため、ブルーノさんのゴミ箱に捨てることができず、ゴミ箱から何度も拾ってしまうようならブルーノさんも助けられないのでハイルシュトロームを受け取ることができませんでした。

レイドウレイキやエモーショナルトラウマレイキを受け取ってみたのですが、ダメージが思っているより大きいようですぐの改善を感じませんでした。

そこでフランク・ローレンツェンさんの『ハーモニック・レゾナンス』というクリスタルボウルのCDをリピートで流して眠りについたら次の日はほんの少し持ち直していたので、やっと長年メールで交流をとっている占い師の友達にことの事情を説明したら、友達も信じられない気持ちでその方の言葉を読まれたそうで、詳しい事情を友達にお伝えすることになったのでその方とのメールのやりとりを読み返したらまたダメージをくらってしまい、2日メールが書けずただ『ハーモニック・レゾナンス』を2日間聴き続けました。

『大天使オラクルカード』を引いてみたら『エンジェルセラピー』というカードを引いたので大天使ラファエルさまを呼んで数時間ヒーリングしていただきながら眠ったのですが、起きたらだいぶ心穏やかになっていて、その方とのやりとりを見てもダメージがこなかったので友達に事情説明のメールが書けました。

尊敬している方からの軽蔑と嫌悪でこんなにダメージを受けてしまうとは思ってもみませんでしたが、尊敬していたからこそその方の攻撃的な言葉は私の心の中でとても影響力が強かったのだと思います。

もともと私は生まれつきメンタルが強い方ではないと思います。

スポーツ選手のようにプロのメンタルトレーナーに専属でついてもらってメンタルトレーニングを受けたことなんてありませんからメンタルトレーニング方法は知りません。

大学に行っていないから心理学を専攻して専門的に学んだこともありませんし、民間の心理カウンセリングの資格の専門的な勉強も、NLPの資格の専門的な勉強も、コーチングの資格の専門的な勉強もお金を工面することが難しいため受けたことがありません。

私が心を改善して意識と波動を上げるためにしているのはレイキヒーリングとフラワーエッセンスとブルーノ・グルーニングさんの聖霊治療です。
QE(瞬間ヒーリング)とマインドブロックバスターも少しやりましたが・・・

お金のない私は3000円のレイキ交流会で学んだレイキのやり方で2年間レイキヒーリングをしながら2年間かけてレイドウレイキの第一段階の受講をするためのお金を貯めて受講してさらに1年レイキに取り組み続け、4年目からはレイキを常に受け取り流す設定をして受け取り続けました。

そして2012年5月からお金を工面できるときだけフラワーエッセンスを摂り、そして2013年の9月からブルーノさんの聖霊治療に毎日取り組んでいて、そのことによってかなり意識が上がりましたので、一般的な人とはちょっと違う心のあり方になったりしています。

メンタルコントロールについてはセルフヒーリングしか手段がありません。

キネシオロジーテストで個人の意識レベルを2人の方に測ってもらったことがあるのですが、ある男性キネシオロジストさんの時は824と結果が出て、その一年後に別のキネシオロジストさんがエゴの意識を薄めて何度も何度も測ってくださってその時は悟りのレベルの数値が出ていて最高値は820~840でした。

普段は思考を意図的に止めることはできるのですが、どうも悟りに到達しているわけではなさそうですし、メンタルトレーニングの仕方を知らないですし、理性もあり自分を客観視することはある程度できますが感情も出てくるようになったので自分をコントロールできないことだってあります。

それは仕方のないことだと思います。
悟りに到達していないんですから・・・

その方は1年ほど前はとてもとても心優しい方で、自分を攻撃してくる人に対して、お仕事関係で関わらなければならなかった相手でもあるからなのか、強く拒絶し離れることをすることができなかったくらい心優しい方でした。

また私はその方を知ってお顔を見たときに辛そうでさみしそうな苦しみの中にいるお顔をしていらしたので、すぐに何か深く心が傷ついている方なんだとわかり、あるヒーラーさんをご紹介したら数日後にそのヒーラーさんの対面セッションを受けられました。
それによってご自分を愛することを決めることができたそうなのですが、ご自分を守るためにどうやら利己心とドライで冷たい心と攻撃性を身につけたようです。

これはその方の個人情報になると思われる方もいらっしゃると思いますが、その方はそれを公言していらっしゃいましたので問題ないかと思います。

私も自分を守るために利己心を培ってドライで冷たい心を持ち攻撃性を身につけたことがあるのでおそらくはその可能性が高いと思います。

その攻撃性で自分を守ることは確かにできますし自分を守るために攻撃するしかない場合は致し方ないこともあるのですが、相手の心を傷つける愛のない行為であることは否定のしようがありません。

起きる出来事は無色透明で自分の主観的価値観で色付けして見るため、攻撃されたと傷つくのは自分が勝手に傷ついているに過ぎないのですが、相手が攻撃の意思をもって攻撃行為に至りそれで自分が傷ついた場合は「傷つけた」「傷つけられた」が成立します。

質(たち)が悪いのは自分は相手を攻撃している、したのだ、という意図の自覚がない場合と相手を攻撃し傷つけることをどうでもいいと思っている場合です。
相手が自分に攻撃したため復讐するのは当然の正当性だと思っている場合もありますがこれはケースによって情状酌量をしなければならない場合もあります。

その方が最後の言葉として私を軽蔑して嫌っているという侮蔑の言葉を伝えてきたのが攻撃のためなのか、それとも私に気づきを与えたくてのことなのかはわかりませんが・・・その言葉は攻撃性を感じました。

今回とてもダメージ状態に陥ったことで思うのは、もちろんどんな仕事でもプロはそうあることが求められるものですが、特に心を扱う仕事をする場合やスピリチュアリティを伝える場合、自分のコントロールができていたほうがいいと思いますし、とても強いしっかりした不動の心を持っているほうがいいとは思います。

その反面、クライアントさまが自分のコントロールができなかったり、心が繊細で弱かったり、辛い経験をして傷ついていたりする場合、プロがそれに共感する心と共感するための体験や知識がなかったり、心が強くて不動の心の持ち主だとクライアントさまはこの人は自分を理解してくれないと思うこともありクライアントさまにとって不満なセッションとなる場合もあります。

もちろんプロが心が強くて不動の心の持ち主だからこそ、繊細で弱い人はこの人の言葉を実践すれば大丈夫だと安心するケースもありますが、その場合は繊細で弱い人はどうしてもプロに依存してきますので自立にうながさないとならないと思います。

プロのスポーツ選手は普段インタビューでとてもポジティブな強い意志を語ってくれますが、怪我をしてリハビリをしている間のことを密着取材した番組で不安になったことがあることを少し語ったりしながら、強い意思でリハビリトレーニングに励んでる姿を見たファンは、プロ選手も自分たちのような弱い面があるんだなと身近に感じ、リハビリトレーニングに励む強い意志をすごいと尊敬し、さらに応援しようという気持ちになったりすりことがあるものです。

私が自分の心の機微をブログに綴っているのは、悟りに到達していないヒーラーを特別な人、自分たちとは違う人、とても優しくて決して怒らない人、人を癒せるのだから悩みなんてないんだと思っている方もどうやらわりといらっしゃるようなので、私の心の機微を見せることで自分と変わらないところもあるんだなということを知ってもらいたいということと、私が聖者を目指して悟りに到達するため意識を上げていく成長の過程を見た方がなにか気づきを得ることもあるかもしれないからです。

悟りに到達している覚者の場合は一般的な人とは心のあり方がだいぶ違うようなので他者に共感したり他者を理解したりする必要がないという心の状態になるのかもしれません。
悟りに到達していない人には到底理解できないような心の状態であるのだと思います。

たとえば悟りに到達している賢者テラさんは地球は人間のために用意された舞台だから、人間が滅亡して動植物だけ生き残り地球が自然環境を取り戻しても意味がないのだということ、地球環境が破壊されて人間も動植物も滅亡してもどうでもいいです、なんとも思いませんとおっしゃっていました。

これは悟りに到達してこの世界の真実がわかっちゃった覚者・聖者とスピリチュアリティ中・上級者と『奇跡のコース』を理解している方は至極当然の当たり前のことだとして受け止めますが、そうではない一般的な方はこの人はなんてこと言うんだ、人間として如何なものかと思うはずです。

また、私自身もセルフヒーリングによって心が癒されて改善し、スピリチュアリティの知識が増えつつあり、『奇跡のコース』のゆるしのレッスンが150くらいまで進んできた時に、もうエゴ(自我)の人間関係はこりごりだと思い、心の欠乏を抱えている人と友達になることは難しくなりましたし、意識が上がると興味をもてていたものに興味が持てなくなることや霊的知識があることで一般的な人とは会話が合わないことが多い為あまり関われなくなりましたから、私でも心の状態、心の在り方が一般的な人とは違うところがあります。

だから悟りに到達した方はそうではない方には理解できない心の在り方、心の状態であるはずです。

私はまだ悟りに到達していないし『奇跡のコース』のゆるしのレッスンも本当にやりたい時にだけ熱心にやっているためレッスン365まで一通りやるのはまだ当分かかりますから、自分のコントロールはできないこともありますが、それでも私の体験や学んできたこと、スピリチュアリティの知識が役立つこともあるかもしれないので、そんな私を温かく見守っていただけたらと思います。

ダメージから回復してきたようで、これを書き上げた今、心が落ち着いています。
順調に行っています。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment