【固定】【奇跡の幸福と治癒】奇跡のヒーラー ブルーノ・グルーニングさん

※この記事は、より多くの方に幸せになっていただくために多くの人の目にいつでも触れるよう、gooカテゴリーをいろいろ選択しなおし、記事日時を更新して掲載しなおします。

より多くの方に奇跡の治癒と幸福を体験していただきたいことが目的なので、優しく温かい目で見てやっていただけるとうれしいです。

ブルーノ・グルーニング交友会(ドイツ非営利社団法人)はスピリチュアリティの本質の王道のおそらく基礎的なことを学べる近道となる会であり、
ブルーノ・グルーニングさんのご発言されたお言葉を学べる大きなヒーリングの会ですが、
団体として『秩序』と呼ばれる戒律にあたるものはあり、
ブルーノ・グルーニングさんのお言葉を学びたい方が入門すれば良いことで、スピリチュアリティの本質はブルーノ・グルーニング交友会に入門しなくても学べます。

※この記事の文章を勝手にコピペして自分のブログに無断転載しないようお願いします。
ブルーノ・グルーニングさんを紹介したいなら、ご自分でブルーノ・グルーニングさんの紹介文を考えてブログに掲載するようお願いします。
どうしてもこの記事の文章を読んでもらいたいと思うなら、この記事のタイトルと記事URL(記事アドレス)のリンクをブログに貼るようお願いします。
なお、有限会社『ゆめの家』の宝喜美子さんはこの記事のリンクを貼ることも文章転載も禁止します。
なぜなら私の記事の全文無断転載に関して、ブログ閲覧者さまやお客さまに法的に通用するきちんとした謝罪をなさらなかったからです。


゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。‥*‥゜゜‥*。。*‥☆‥*゜゜

1959年に肉体を去られた奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさん。

日本ではまだあまり知られていませんが、ブルーノさんが生きていらした当時はヨーロッパやアメリカではとても話題になっていてブルーノさんの奇跡の治癒を求めて何万人もの人々がブルーノさんのもとへ詰めかけました。

新約聖書に書かれているイエス・キリストがなされた奇跡の病気治癒、聖母マリアの奇跡とされている『ルルドの泉』の奇跡の病気治癒と同じようなことができた方で、今現在はあらゆることで奇跡を起こせる方です。

ブルーノさんの奇跡の病気治癒はそれを体験した人の担当医に認められ、ブルーノ・グルーニング交友会の医学チームの医師たちによって証明されております。

ブルーノさんは生まれてくる前、あちらの世界でこの地球上を観ていて、地球上の私たちがとても苦しんでいるのを観て、

「あの人たちを助けたいです」

と神さまに申し出たら、

「では、行ってきなさい」

と神さまからご許可をいただいて、神さまの愛と治癒のエネルギーを流して病気治癒ができる能力を持ってこの地上に生まれてきて、幼い頃からその能力で人々を治癒してきました。

ブルーノさんは肉体を去られる前に、

「私は肉体を去ってもこの世界にいてあなたが呼べばすぐに来て治癒します」

と言い遺され、ブルーノさんの奇跡の治癒は今現在でも世界中のあちこちで起きていて、多くの方が奇跡の治癒を体験しています。

ブルーノさんが生きていらした当時、あるおうちの2階のバルコニーからブルーノさんが人々に話しかけただけで、即座の治癒を体験する人々がたくさんいらしたのです。

寝たきりでベッドで運ばれて来た方が起き上がって立ち上がって自分のベッドを押して帰る、

歩けなくて車椅子で来ている方が、立ち上がって自分の車椅子を押して帰る、

杖をついて歩いていた人がその場で杖を放り投げて歩いて帰る、

盲目の人がその場で目が見えるようになる・・・

イエス・キリストの奇跡の治癒や、ルルドの泉のような奇跡の治癒がブルーノさんによって起き、ブルーノさんが肉体を去られた今もなお、世界中のあちこちでブルーノさんにお願いしてハイルシュトローム(治癒エネルギーの流れ)を受け取ると、病気治癒だけでなくあらゆることで奇跡が起きる『神のお助け』が起きるのです。

ブルーノさんは奇跡の治癒では給料としての金銭をまったくいただかない方でした。

人々がお金を引っ込めないとブルーノさんは貧しい人のポケットにそのお金を入れてしまう方で、決して自分の懐にそのお金を入れて私用で使わない方でした。
それどころか自分の最後のお金まで貧しい人に施してしまう方でした。

ブルーノさんは生計を立てていくためのお仕事は別にされていて、奇跡の治癒では自分が私用のために使うお金をまったくいただきませんでした。

遠方の方々が奇跡の治癒をお願いするのに手紙にお金を同封していたり、ブルーノさんの足代を心配した方がブルーノさんの家の前にボウルを置いてその中にみなさんがお金を入れたりして返却することもできない場合のお金は、ブルーノさんは講演会や会合を行うための活動費にしたそうで、それらのお金を私用で使うために懐に入れて収入にしたりはしない方でした。

ブルーノ・グルーニングさんは第二次世界大戦で兵士として前線に送られましたが、

「私は決して人を撃ちません」

と言ったので当時はとんでもないことだったので、軍会議にかけられ殺されそうになったのですが、仲間がうまく言ってくれたりしてなぜかまぬがれて、前線に送られて人を撃たなければならないときは空に向かって発砲したそうです。

ブルーノさんは戦争でふとももに銃弾を受けたそうです。ブルーノさんはそれを受け入れたそうです。
つまり、自分を銃で撃った兵士をゆるしたということです。

また、ブルーノさんは戦争で兵士だったとき、戦争で町の人々が飢えで苦しんでいたのを、人々を助けるために戦車で軍の食糧倉庫を破壊して中にある食べ物をみんなで分け合って食べて人々を飢えから救い、それも問題になりましたがなぜか助かったそうです。

ブルーノさんはおそらく聖者レベルの方であったろうと思われます。
エゴ(自我)から完全に離れていた方でした。

「ちっぽけなブルーノのことを信じる必要はありません。
ですがあなたは自分自身を納得させなくてはならない。」

「信じなさい、受け入れなさい。
神の力があなたがたを治癒し助けます。」

「説明することのできないことはたくさんあります。
ですが決して起こらないということは何ひとつありません。」

ブルーノさんはそうおっしゃっていらっしゃいます。

ブルーノさん(に力を授けている神/創造主/聖霊 の愛)は、病気治癒だけでなくお金のことなど物質面や仕事、住みたい家、人間関係についても、動物や虫に関することなどでも、あらゆることであなたにとって本当に必要な奇跡を起こして助けてくださいます。

ブルーノさんは『神』のことは「エネルギーの根源」だとおっしゃっているとのことでしたが、スピリチュアリティを学ぶとわかってきますが『あらゆるエネルギーの根源』とは『神』のことだといずれわかります。

日本人が理解しやすいように例えて言うならば『お天道(てんとう)さま』(太陽の愛のこと)がわかりやすいと思います。

そして、ただハイルシュトロームを受け取って棚から牡丹餅が落ちてくるのを待つだけではなく、それに関して現実的にも行動することになるのですが、ブルーノさんにお助けをお願いしてハイルシュトローム(治癒エネルギーの流れ)を受け取っていると、自分の内に「このように行動したい」という想いが湧き起こってくるので、そう行動することになるのです。

就職や転職でしたら内側から湧き起こってくる思いに突き動かされて就職活動をすることになり、それをしていると、本当にあなたにふさわしい仕事に導いていただけたり、あなたにふさわしい会社に採用されたりしますし、

住みたい家を探していることについてなら、内側から湧き起こってくる思いで行動して不動産情報をチェックをしたり家を見学したりすると、あなたにふさわしい時期にあなたが望んでいるような良い物件が見つかったりして契約できたりします。

犬さんや猫さんやうさぎさんなど可愛がっているペットさんの健康のことや、助けたい動物さんのこともブルーノさんにお願いして助けてもらうこともできます。
例えば、釣り糸が足にからまっている鴨さんや鳩さんを捕まえたい時などにブルーノさんにお願いするとそっと近づいて捕まえることができたりして助けたりができます。
蟻さんや虫さんが部屋に入ってきたとき、ブルーノさんにお願いすると、自ら部屋から出て行ってくれたりします。

恋愛を含む人間関係だとハイルシュトロームを受け取ることで相手を許せるようになったり自分自身の愛の意識が高くなっていき『見返りを求めず与える愛』で相手を愛せるようになりますし、相手のこともブルーノさんにお願いしてハイルシュトロームを受け取っているとブルーノさんが相手を癒してくださってだんだんと相手の心が癒されてくるので相手が良い方向へ変わっていきますし、

恋愛や結婚(夫婦関係)の場合はあなたが母親を許せずにいると恋愛はうまくいきませんからブルーノさんの聖霊療法に取り組むことであなたの心が癒されて愛にあふれている状態になると『見返りを求めず与える愛』で相手を愛せるようになり、とてもいい恋愛相手や結婚相手とめぐり会わせていただけるし、今の恋愛相手や配偶者と良い関係が築けたり、本当にあなたにふさわしい人にブルーノさんは出会わせてくれるのです。

親子関係(親から子への虐待、義理の親子関係での親子間虐待も含む)がうまくいっていないのでしたら、親自身と子どもがブルーノさんの聖霊療法に取り組めば、親子共々、心の傷が癒されて愛の心が豊かになって変わっていくので、良い親子関係が築けます。
(フラワーエッセンスでのヒーリングを併用すると改善がとても早いのでおすすめです)

お金についてもあなたが父親を許せずにいるとお金も仕事もうまくいかないですし、あなたの心が癒されていない上に『お金のブロック』があるとお金は入ってこないので、お金のブロックをはずすセミナーに参加したりもいいですし、ブルーノさんの聖霊療法で心を癒し、お金に関するブロックをはずしていきながら、ブルーノさんに経済的なことのお助けをお願いすると経済的なお助けがあります。

病気を患っている当事者の方も自分で聖霊療法ができますし、病気を患っている方を介護している方もその病気の方のことをブルーノさんにお願いして聖霊療法をすることができますし、最期を迎えようとしているご病気の方ならご本人とご家族にとって最善最良の最期をベストタイミングでお迎えすることになり、ご家族やパートナーを亡くされた方は心の悲しみ、心の傷をブルーノさんにお願いして聖霊療法をして心のケアをすることができます。

受験でしたら学校でいじめにあっていたり家庭で虐待されていたりして親から愛されていないことを実感していて苦しんでいるのなら勉強に実が入らないのは当たり前ですから、ブルーノさんにお願いして親御さんやいじめをするお友達のことと自分の心のケアについて、

「ブルーノさん、お母さん、お父さん、(またはクラスメイトの●●さん)、そして私の心のケアをしてください。
ハイルシュトロームを流して下さい」

とお願いして、指をふんわり軽く曲げて手のひらを上にむけて太ももの上に置き、手足は組まず背筋を伸ばしてハイルシュトロームを受け取り、

「ブルーノさん、私がどういう高校(大学、専門学校、私立中学)を受験するといいのか、私が学校で学びたいことはなにかがわかるよう、将来的になにを仕事にしたいと思ってなにを勉強したいのかがわかるように、そして私が勉強に実が入るように助けて下さい」

とお願いしてハイルシュトロームを受け取ると心の内に想いが湧き起こって来て何が学びたいのかがわかるようになり、また、受けたいと思う学校に導いていただけます。

それらのためにはブルーノさんの教えを学び、思考の仕方に気をつけながら、つまりポジティブ、前向きな言葉で思考をし、ブルーノさんにお願いしてハイルシュトロームを取り込むことです。

ブルーノさんはこう言っていらっしゃいます。

「治癒(奇跡)はあなたにふさわしい時期に起きます」

なのであきらめずに、

「神が必ずそれを為されるのだ!」

と強く信頼して、神さまに遠慮することなく、

「私は神が目の中に入れても痛くないほど激しく神が愛しているわが子である神の子なのだ!」

ということを受け入れ、「必ず神がそれを為される」と「強く確信」してハイルシュトローム(治癒エネルギーの流れ)を受け取りアインシュテレンをし、治癒・奇跡を獲得してほしいのです。

※ハイルシュトロームを受け取ること、またそれによって治癒や奇跡が起きることをアインシュテレンと言います。

※肉体の病気の症状のことや、ハイルシュトロームを受け取ることで好転反応が起きることを『レーゲルングの痛み』と言い、これは持続しない痛みですが、レーゲルングの痛みの期間は人によって個人差あります。
肉体に感じる痛みだけでなく、人間関係のトラブルとして現れるものやその他自分が「困った状況だ」と思う出来事が起きることも『レーゲルング』と言います。

ただし、ブルーノ・グルーニングさんにお願いしてハイルシュトロームを受け取り続けることで『現世利益主義』に走るのは違います。

現世利益主義に突っ走った時点で「その人」の意識が低くなり波動が低くなるので、神さまではなく悪霊(堕天使)とつながりやすくなります。

神さまにサポートをお願いしながら“自分でできる努力は自分でする”ことが必要です。

現世利益主義に走ると悪霊や動物霊(こくりさん)に目をつけられる、ということはよく霊能者さんが口を揃えたようにおっしゃっていて、スピリチュアリズム普及協会さんの記事にも同じことが書かれている記事がありますが、

『ひふみ神示(日月神示)』だと聞いていますが

「すぐに現世利益を与えるのは悪霊ぞ。」

という神さまからのメッセージがある
と聞いています。

これを読んだ神さまに帰依していない方々、ブルーノ・グルーニングさんをただの現世利益をたくさん得るために都合よくブルーノ・グルーニングさんを利用しているだけという、ブルーノ・グルーニングさんの背後におわす神さまへの冒涜をしているのと変わらないことをなさっている現世利益主義の悪人や俗人の罪人な方は、悪霊(堕天使)とその手先の低級霊や動物霊(こくりさん)が現世利益を叶えているだけの話ですので、現世利益主義に突っ走るのは気をつけられてくださいませ。

神さまは私たちの『こころ』を100%幸せにして救いたいと思ってくださっていますが、俗欲をなんでも満たすということではなく、ハイルシュトロームにより心を幸福の境涯にすることで、エゴが薄まり、俗欲がかなり減ってきますし、なにかレーゲルングが起きない限りは常に心が癒されて満たされていて苦しみがない心の状態になり、平和・平穏・幸福の心の境涯にしてくださるのです。

ブルーノ・グルーニングさんは霊的なことについては一切お言葉を残しておらず、悪魔についての詳しいことや黒魔術や呪術、また白魔術という魔道のことや悪魔憑きの話など、霊能者さんやスピリチュアリズムで伝えられていることなどは一切お言葉を残していないと交友会側から聞いております。

ブルーノ・グルーニングさんが言い残していないから悪魔憑きとか動物霊憑きなんてありませんというのは霊的に通用しません。

また、ブルーノ・グルーニングさんは、

「神に戻りなさい!!」
「この道は神に戻る道です」

とおっしゃっていて、つまり神さまへの信仰をすることをおっしゃっているのです。

しかし、ブルーノさんは、自分がもう一度伝える古代の人たちがみんな知っていたことを学ぶことが神さまへの本当の信仰に戻り私たちが神の子となる道なのだということをおっしゃったわけですが、

私は聖書についてちゃんと教会の牧師さまから教わったり、3年後(2021年)に牧師になられるクリスチャンのご夫妻からマンツーマンで聖書と神さまのこと、イエスさまのことについて教えていただいて聖書の勉強を始めたので知識としてはわかるようになってきたことなのですが、

ブルーノさんが「この道は神に戻る道です!」とおっしゃったその意味が、

「私の伝える教えさえ学んでいれば、神への本物の信仰をすることができるようになる」

という意味でもしおっしゃったのだとしたら、ブルーノさんは本当のことを私たちに伝えていないということなのです。

なぜなら、ブルーノさんの『ハイルシュトローム』は、イエスさまが聖書の『イエスとサマリアの女』の箇所で語っておられる『乾く水』になるものであり、イエスさまにより与えられる、『私が与える水は乾くことのない命の水である』の『命の水』となるものではないのと、

神さまへの本物の信仰ができるようになるのは、聖書の教えをしっかり学んで、イエスさまの十字架のことが本当に実感で『わかる』ようになると、イエスさまが心と体に入って来てくださって、私たちの内に『愛の泉となる命の水となる石』が据えられ、イエスさまが私たちの内側から『愛の泉』となって『命の水』を溢れさせてくださり、イエスさまの神さまの愛を受けて流せるようにしてくださり、

そうなることで本当に神さまを愛し信頼することができるという本物の神さまへの信仰ができるようになるということをクリスチャンのご夫妻から教えていただいて、私はそれを今はまだ知識として知っているという段階なのですが、

そうじゃない神さまへの信仰、つまりブルーノ・グルーニング交友会の人たちは、ブルーノ・グルーニングさんにあらゆることをお願いして現世利益が色々と与えてもらえるようになって幸せになったから、じゃあ神さまを信じます、ブルーノありがとう、とやっているだけで、現世利益を与えてくれるから神さまを信じますというのは本物の神様への信仰にはならないんです。

新約聖書に、イエスさまが天に上げられてから、12使徒がイエスさまの教えを伝道しておられたのですが、使徒ステファノさまがイエスさまの教えを伝道していたら、ユダヤ教のラビや信者によって、石打の刑にされて、使徒ステファノさまは死んでいくときに、主(しゅ)に呼びかけられて、

「主イエスよ、わたしの霊をお受けください」

と言い、それから、ひざまづいて、

「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」

と大声で叫んで眠りについた、つまり殺されて死んでいった、罪を犯す隣人を愛しゆるしながら神さまとイエスさまを信仰し殉教したのです。

これが本物の神さまとイエスさまへの信仰心なのです。

イエスさまも、神さまの私たち堕落した人間への怒りを宥める犠牲の子羊となり十字架刑になり殺されることは、旧約聖書の時代ですでに預言されているのだそうですが、イエスさまの御人生では無実の罪で私たちの罪のために殺されることが決められていて、イエスさまはユタや教のラビやポンティオ・ピラトの部下たちに捕まえられる直前に、神さまに『ゲッセマネの祈り』をされておられ、この祈りは簡単に言うと、

「神さま、父よ、私を十字架刑から助けていただきたいのです、でも父よ、それがあなたの御心ならば、私はそれに従います」

という意味のことをお祈りになられたのだけど、神さまは初めからの御計画通り、イエスさまを十字架刑からお助けにはならず、御自分の怒りの宥めの犠牲の子羊とされたのです。
(三日後に御復活なされ生き返りました)

12使徒はイエスさまの教えを伝道する活動をしていることで、迫害をされたのです、現世利益を色々与えられてばかりなわけではないのです、イエスさまの御名をもって病気治癒をしたり悪霊払いをしたり洗礼を施したりする神の権威を行使させていただけるという神の賜物の恵みも、食事と宿を人々から施していただけるメリットも与えていただけていたけど、迫害され、それでも神さまへの信仰心がゆらがなかったのです。

これが本物の神さまへの信仰心で、ブルーノ・グルーニング交友会の人たちがやっている、1日のあらゆることをブルーノさんにお願いして現世利益がいろいろと与えられ、現世利益が与えられることで神さまを信頼し神さまを好きになり感謝するだけのちょっとした信仰か信仰もどきをすることは、神さまに戻ることではないのです。

神ヤハウェさまと神である御子イエスさまと聖霊への本当に本物の信仰をすることが、本当に神へ戻る道なので、ブルーノさんはカトリック信者だったのにそれをまるで一言も私たちに伝えていないようなのです、これについて交友会側に問い合わせましたが、それについてブルーノさんがなにもおっしゃっていないようで、「わかりません」と交友会側には言われました。

そして、私自身が神ヤハウェさまとイエスさまと聖霊への強い信仰をしていくにあたってブルーノさんのことはどうしたらいいですかと問いかけ続けたら、ブルーノさんからのハイルシュトロームが流れて来なくなり、それはおそらく私が問いかけ続けたことで神ヤハウェさまがブルーノさんに、
「しおんえつこから手を引きなさい。この者は私と私の子イエスと聖霊だけに向かわせる」
とお決めになられたのだろうということがわかりました。

本物の神さまへの信仰は、神ヤハウェさまと神の御子イエスさまと聖霊を本当に信頼し愛することなので、ブルーノ・グルーニングさんはカトリック信者なのにそれをまるで私たちに伝えておられないのです。

ブルーノ・グルーニングさんの教えを学び『神の治癒』に取り組むことで、いずれは神ヤハウェさまと御子イエスさまと聖霊だけを信仰する、それは神の御心に適うように悔い改め、神の御心に適うように神に主導権を渡し神に委ね、イエスさまに倣う生き方をする本当に本物の信仰をする道を生きることが、本当に神さまに戻り神の子となることなのです。

日本神道には『あめのみなかぬしのかみ』さま、つまり神ヤハウェさまの日本語の御名前で神ヤハウェさまのことなのですが、他の神ではない何の存在かわからない神々を祀っている日本神道は違うのです、なぜなら日本神道には『あめのみなかぬしのかみ』さまの神の言葉となる教えがないからです。
(神社に参拝して『あめのみなかぬしのかみ』さまだけにお祈りをするのは幕屋で礼拝することと同じようなものなので良いだろうと思っておりますが)

ブルーノさんの教えを学んでハイルシュトロームを受け取り続けることは本物の神さまへの信仰には決してならないのですが、(なぜなら現世利益主義に突っ走るだけだから現世利益を与えられて神さまに感謝するだけのことしかしないのは神さまを本当に信仰することではないし、堕天使が現世利益を叶えているだけの人が多い可能性が高いからです)、ブルーノさんに拠り頼むということは、その背後におわす神ヤハウェさま(あめのみなかぬしのかみさま)にお願いするということで、神さまへのちょっとした信仰もどきをするということになります。

今まで神さまを信じられなかった人の心の在り方のことを神さまもブルーノさんもよくご存じのため、本当に困っていることへの奇跡を起こして現世利益をまず与えることで、いずれは本当に本物の神さまへの信仰をする道へ歩ませるおつもりで、神さまは私たちに奇跡を与えて助けて下さり、神さまへの信頼を取り戻させて、御自分への本物の信仰の道へ向かわせたいと神さまは思っておられ、

それは聖書をしっかり学び、神ヤハウェさまと神の御子イエスさまと聖霊への信仰をすべての人にしてほしいと神ヤハウェさまは思っておられるのです。だから御子イエスさまを救世主として地上に送ったのです。

多神教は違うのです、どの宗教にも必ず『宇宙の創造神』がおわすそうですが、『宇宙の創造神』以外の神霊、女神、男神というのは人間が想像して造った神か、神のフリした堕天使か、もしかしたら古代に地球に来て神として君臨したという宇宙人である可能性があるかの偽物の神なので、多神教は違います。

(神の創造された万物と森羅万象が神の奇しき御業によってつくられていてそれらをなさられていることでそれらに神の御力が宿っていると見て、それらも神のように思う、神と見る、神を見るという日本人の感受性の豊かさはすばらしいですが、『宇宙の創造神』以外のものに神格を持たせて神にしてしまうのは違うということです)

宗教は嫌だ、神さまへの信仰は嫌だ、自分が自分の世界において一番偉い人でいたい、自分が神だというのは傲慢で尊大で無知極まりないことです、私たちは神に作られた被造物なので神ではありません、神の分け御霊(みたま)と日本神道では言うようですが、分け御霊はただの神に作られた霊に過ぎないので神であるということではないのです、私たちは神さまに作られた被造物なのです、だから神さまを無視してないがしろにしてはいけないのです。

あなたの肉親に例えて言えば、あなたはお父さんとお母さんに愛されて恵みを与えていただいて育ってきたのに、自分が世界の中心で一番偉くてすごい人間で周囲から愛されるのが当たり前の人間だと思い込み、お父さんとお母さんに育ててもらった恩も忘れて、

「お父さん?お母さん?そんなの俺の親じゃねぇ、お前らなんて知ったことか!俺は自分の力で生きていける。仕事もできるから金も稼げる。お前らの助けなんていらねぇし、お前らを俺さまが愛する必要なんてねぇんだよ!」

と思ってそうお父さんとお母さんに言っているのと同じことを、あなたは自分の本物の御親である神さまにしているということなんです。

あなたをゆるぎなく愛し、助け、恵みを与え、憐み、私たちを悪魔の砦から神とイエスさまの砦に入れて悪魔から護り救いを与えてあなたの心を100%幸せにしてあげたいと思ってくださっている本当の私たちの御親である神さまを、愛し信頼し拠り頼むという信仰をすることが、そんなにお嫌ですか?

全部自分の力でやり遂げたい、というのは非常に無知で傲慢で尊大で、自分が取るに足りない被造物であり神さまに勝てない存在で、土の塵に過ぎないということをわかっておられない幼稚な方だということなのですよ。

もう一度繰り返しますが、ブルーノさんに寄り頼むというのはブルーノさんの背後におわす神さまにお願いするということで、神さまへの信仰への道を歩み始めるということなんです。

でもどうか、私からのお願いですが、ブルーノさんを自分に都合の良い現世利益を与えてくれるだけの存在にして、自分に都合よくどんどん利用して幸せになりましょうなんて、神さまへの冒涜をなさるような心にはならないでいただきたいです。

現世利益に突っ走った場合、神さまは私たちの愚かな行為に沈黙されます、神さまがあなたに沈黙するということは、神さまがあなたにお恵みを与えて助けることをストップするということ、ブルーノさんに「この者に手出しをするな、沈黙していなさい」とお命じになることなのです。

ブルーノ・グルーニング交友会の国リーダーが、インターネット会合で、

「1日のあらゆることをブルーノさんにお願いしましょう」

と伝えていますが、ダメです、そうやって現世利益主義に突っ走り強欲になることは神さまが嫌うことで沈黙されることです、悪魔・悪霊(堕天使)が現世利益を与え始めることなので、現世利益主義に突っ走ってはいけません。

ブルーノ・グルーニング交友会で本当に本物の神様への信仰をしている人はいません、みんな現世利益主義者で、長く居る人ほど堕天使が現世利益を与えているだけの人たちと思われます、ブルーノさんを通じて神さまが本当に恵みを与えてデモンストレーションとして助けていることはあります、それは本当に本物の神さまへの信仰に進んでもらうためのデモンストレーションと思われます、それ以外の現世利益主義者の人たちは堕天使が現世利益を与えているのです、それを交友会の入門者たちは「ブルーノさんが助けてくれた」と思い込んでいるだけです。

くれぐれも、現世利益主義に突っ走って神さまに沈黙されることで堕天使につけこまれないようにお願いします。

私が書いてるこのことは、聖書をきちんと学び始めて色々と神さまのこと、イエスさまのこと、聖書のことがわかってくるとわかるようになることなので、おそらく聖書をしっかり学んだクリスチャンの方は、「うんうん」と頷かれるだろうと思います。

死後に地獄の低層界や魔界に連れて行かれてもぜんぜんかまいません、来世にカルマで同じ目に合うのも厭いません、ということなら来世の人生で相当過酷な霊的ペナルティを受ける覚悟を決めておくといいと思います。

ブルーノ・グルーニング交友会の国リーダーは、ブルーノ・グルーニングさんの教えには精通していらっしゃいますが、その他のスピリチュアリティの知識はあまりない方ですので、この霊的なことを問い合わせても

「ブルーノ・グルーニングさんがおっしゃっていないのでそんなのはありません」

になりますが、ブルーノ・グルーニングさんが言い残しておられないだけで無いということではありません。

ブルーノさんのハイルシュトロームの受け取り方は、正式な受け取り方があるのですが、交友会がインターネット上で公開している受け取り方のポーズはこちらの動画で見ることができます。

奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん3 医師が証明
https://youtu.be/5z_e3ImESBA

※みんなでエネルギーを受け取っている場面の茶色い上着のメガネをかけているおじさまのポーズを足をどうしているかまで見て下さいませ。
この茶色い上着の男性は『スピリチュアルTV』の初代運営者のテディさん(故・小泉義仁さん)で、スピリチュアル・宗教研究家の方でスピリチュアル界のドンだった方で私のスピリチュアルのお師さんです。(勝手にお師さんにしています)

またはこちらの記事に受け取る姿勢のことが少し書かれています↓
https://www.bruno-groening.org/ja/ブルーノ・グルーニング/ブルーノ・グルーニングの教え/「アインシュテレン」

なお、ブルーノさんはうるさい音がお嫌いな方でした。
携帯電話はできるだけ完全電源オフにして、
テレビやラジオは消す、
ゆったりとしたクラシック音楽か自然音の音声(動画サイトユーチューブにあります)を流すのがいいです。
できれば、私が固定記事の中に掲載している、ブルーノ・グルーニング交友会の公式サイトのオリジナルクラシック音楽を流してくださいませ。

歌謡曲や演歌や民謡やロックなどうるさい音楽はハイルシュトロームの流れがほとんどこないなというのを実感しています。

なぜならこういう音楽は波動が低いものが多いですし、自分の波動が高くなるとこういう音楽の波動が低いものは聴いていると鼻が詰まってしまって鼻呼吸ができなくなったり、頭痛がしてきたりしますし、

自分の波動が高くなると波動の高い音を奏でられる演奏者のヒーリングミュージックやクラシック音楽や、自然音を自然と聴きたくなる心の境涯と波動の高さになるため、

アーティストさんには申し訳ないのですが歌謡曲や演歌やロックやハードロックやデスメタルなどは自然と聴きたくなくなる騒音に聴こえる音楽のため、聖者レベルであられたであろう波動がかなり高いブルーノさんのお好きな音楽ではないことが、ハイルシュトロームを受け取り続けることで自分の波動が高くなるとわかるのです。

ブルーノさんはゆったりとしたクラシック音楽や自然音がお好きのようで、どうもヒーリングミュージックはさほどお好きではないのか、ヒーリングミュージックを流してハイルシュトロームを受け取ってもあまりハイルシュトロームが流れてこないので治癒があまり起きないなというのを実感しています。

交友会のオリジナルクラシック音楽CDを持っていなかった頃はクリスタルボウルのヒーリングミュージックを流していて治癒は起きていたのですが、交友会のクラシック音楽CDを手に入れたらヒーリングミュージックではハイルシュトロームの治癒があまり起きなくなったので、ブルーノさんはヒーリングミュージックはさほどお好きではないようだと思いました。

でもそれも多分、ブルーノ・グルーニングさんてドイツつまりヨーロッパの方なので音楽の都ウィーンも近いしクラシック音楽が当たり前の音楽である国の方です、だからクラシック音楽がとても好きだったのではないかなと思います。

あとブルーノ・グルーニング交友会の音楽は、友の方がブルーノさんと神様にお願いして作曲していて、その曲を演奏会場で演奏していただく時にブルーノ・グルーニング交友会の友(入門者)の方々がずらずら並んでハイルシュトロームを受け取るポーズをして演奏中にアインシュテレンをしてハイルシュトロームを流してもらいながら演奏を録音しているので、録音した音楽自体にハイルシュトロームがたくさん入っていると聴いていまして、

実際にドイツの交友会の公式サイトで音楽が聴けるのですが(固定記事で聴き方をご紹介しています)、聴いてみると体の疲れの取れ具合が早かったり体が軽くスッキリしたり、落ちた気分がすごくスッキリ軽くなってイキイキとしてやる気になってきたりするので、聴き続けてみると普通の音楽との違いがわかるだろうと思います。


ブルーノさんの聖霊療法の奇跡についてはブルーノ・グルーニング交友会に入門した友たちに配布されている冊子に友たちからの奇跡体験談が掲載され、入門すると数ヶ月に1冊ずつ国際郵便で送られてきます。

(冊子は地域コミュニティ会合に参加してご寄付をしておられることが前提で配られているものです。まだ地域コミュニティがない地域の友の方の場合は、ブックテープル専用口座があるので、そこにご寄付をお振込みになることが前提ということになるのでしょうが、コミュニティ会合でのご寄付は自由意志です。ですが冊子を製造し国際郵便で郵送するのにお金がかかっているので、それを考えれば入門者として冊子のためのご寄付は当たり前だと考えるのが大人としての良識、常識ではないでしょうか?
そこを考えて冊子の為のご寄付をどうするのかをお考えいただければと思います。
なにかを無料でもらえるのが当たり前だなんて考えるのはママのおっぱいを求めている幼稚な人の物の考え方だと思います。
ママのおっぱいを求めている、つまり『聖母マリア的お母さんの優しい愛でいろいろ無料・無償で与えてくれるのが愛である』と考えている、現実的なことをまるで考えられない幼稚な人だということを言っております。)

冊子には、ハイルシュトロームによる病気治癒に関しては、ブルーノ・グルーニング交友会とは関係の無いその方たちの担当医からの病気治癒に関してのコメントも掲載されています。

奇跡を起こすのはブルーノさんではなく、神(創造主)から流れてくるハイルシュトローム(治癒エネルギーの流れ)の力です。
ブルーノさんは変圧器となってあなたにぴったり必要な量のハイルシュトロームを流してくださいます。

たくさんの人が集まって受け取るほど多くのハイルシュトロームが流れてきます。
ブルーノさんのドキュメンタリー映画上映会や会合ではより多くのハイルシュトロームが受け取れます。

そのブルーノさんのことの動画を観るだけでもハイルシュトロームが流れてきます。

動画を観ながらお体になにを感じるかを注意しながら観てみてくださいませ♪

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんのことを紹介している『スピリチュアルTV』の動画は以下のものになります。

ブルーノ・グルーニング交友会の公式動画もあります。

この動画を観るだけでハイルシュトローム(神の愛と治癒のエネルギー)が流れてきます

【動画】
難病が治った 奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん①
https://youtu.be/kkECeW5mGkE

【動画】
奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん3 医師が証明
https://youtu.be/5z_e3ImESBA

【動画】
集まれスピ仲間5 ブルーノグルーニングさん特集
https://www.youtube.com/watch?v=8KgYETL0WaQ

ブルーノ・グルーニング ドキュメンタリー映画10周年

https://www.youtube.com/watch?v=e9bvDNij4f4


ブルーノさんの奇跡の治癒は医師が証明しております。
ブルーノ・グルーニング交友会には医師による医学チームがあり、全世界で1000人ほどの医師が所属し、ブルーノさんのハイルシュトロームによる奇跡を検証して証明しております。


ブルーノ・グルーニング交友会の入門案内はその地域にコミュニティが立ち上がっている場合は3週間に一度、会場を借りて入門案内を行っております。
また、会場まで来られない遠方の方の場合、交友会の日本の国リーダーや各地域に立ち上がっているコミュニティのリーダーがスカイプ(無料テレビ通話ソフトまたはアプリ)や電話を使って行ってくださったりします。
(電話は約束の時間にかけてきてくださいませ)

交友会は入門を強要はしません。
しかし退会については退会理由によっては交友会はなかなか認めなかったりします。
(その思考はブルーノさんにあげて、一緒にアインシュテレンしましょうと言われたりします)
「興味がなくなった」のであればおっしゃってくださいませ。

ブルーノさんの教えは真新しいものではなく、スピリチュアリティを深く学んでいる方なら誰でも「ああ」とうなづくものなのですが、古代の人間はそれを知っていたのに長い歴史の中で忘れ去られてしまいました。
ブルーノさんはそれを私たちに思い出させてくれるようにもう一度教えてくださったのです。
交友会に入門するとその教えをインターネット会合や配布されている冊子、入門した方がいただける『入門の手引き』という冊子、入門した友ならご寄付することでいただける冊子、会合に参加することで学べます。

また、ブルーノさんは

「人は1人では弱くなる。
だから3週間に1度会合に集まって
みんなでハイルシュトロームを受け取りなさい。」


とおっしゃっていて、3週間に1度みんなで集まって気づきをシェアしたりブルーノさんの教えを学んだりすることが大事だとお考えになり交友会を立ち上げようとなさられ、ブルーノさんが肉体から去られた後もブルーノさんの奇跡が起きることを知ったグレーテ・ホイスラーさんがブルーノさんのその意思を受け継いで交友会を立ち上げられました。

また、ブルーノさんのお決めになられた『秩序』があり、私たちはそれを守る必要がありますので、交友会に入門するとインターネット会合に参加することや先に入門されている友の方々から少しずつその『秩序』を教えていただくことになります。

「正式な受け取り方をしないで自己流でブルーノさんの聖霊治療をしている方は、それゆえに奇跡はなかなか起きないのだなぁと思いました」

ということを長年、交友会に所属していらっしゃる日本支部代表が私におっしゃいました。

自己流でハイルシュトロームを受け取っていても、あなたの思考の在り方が変わらないとひとつ病気治癒やなにかの問題などが起きて聖霊療法をして難を逃れても、また別の病気や問題が起き続けることになり、堂々巡りになるだけなのです。

それゆえに、ブルーノさんの聖霊療法をするのなら、交友会に入門してブルーノさんの教えを学ぶ必要があるということなのでしょう。

また、交友会の会合に集まり、たくさんの人が集まるほど、たくさんのハイルシュトロームが流れてくるので、一人でやるよりよりたくさんのハイルシュトロームを受け取れますし、会合でコミュニティリーダーや参加している友のみなさんのお助けの体験の報告を聴けるのですが、それがあなたの心の力となることもあります。

ブルーノさんの教えは真新しいものではありませんが、太古の人たちが知っていたことをもう一度思い出させるためにブルーノさんは私たちに教えてくださいました。
それをきちんと学ばないと『完全なる』健康と幸福である奇跡の治癒や幸福は起きにくいようです。

ブルーノさんの教えを聞いたとき、何度も聞いた方や、スピリチュアリティを学んでの知識がある方は、

「それは知ってる。」

とおっしゃる方はとても多くいるそうですが、ですがブルーノさんはおっしゃいます、

「あなたはそれを知っているというが、やっていないのです。」

と。

つまりブルーノさんのおっしゃっている教え(スピリチュアリティで言われていること)を「やれるようになるまで」は、ブルーノさんの聖霊療法をするのであれば、ブルーノ・グルーニング交友会で学ぶ必要が出てきて、やれるようになったら交友会は自然と卒業していくということです。
交友会は死ぬまで入門していなさいという会ではありません。
ブルーノさんの教えが「できるようになったら」卒業するのは自由です。

あなたがブルーノさんの教え(またはスピリチュアリティの知識)も学ばず思考の在り方も変えないでハイルシュトロームを自己流で受け取って聖霊療法をしても、さきほども言いましたように、1つ難を逃れたらまた別の病気や問題が出て来るという堂々巡りをすることになります。

ブルーノ・グルーニング交友会ではブルーノさんのドキュメンタリー映画の上映会を時々開催しております。
google検索で ブルーノ・グルーニング交友会 で検索をかけると、こくちーずプロの各地の映画上映会の記事が引っかかりますが、なんらかの理由でこくちーずプロには特定の地域の映画上映会が開催決定なのに告知記事が掲載されていない場合があります。
フェイスブックペーじにおいての告知記事も告知記事が出されない地域があります。

交友会に入門されていない方で映画上映会がお近くで開催されないけど映画が観たいという方は、『アネモネ』という雑誌の通販部門でブルーノさんの映画のDVD(3枚組)が買えます。

ブルーノさんの映画(上映会やDVD)や上記のブルーノさんの3つの動画をご覧になられて奇跡の治癒を体験されましたら、ブルーノ・グルーニング交友会にご報告いただけたら私たち会の友・ブルーノさんの友はとても喜びます♪

アネモネ通販部門
http://www.anemone.net/product-list?keyword=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2
(ブルーノさんのドキュメンタリー映画のDVDが販売されています。この映画を観ることで治癒エネルギーの流れが流れてきて治癒が起きたりします。)

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの、
Kreis fuer natuerliche Lebenshilfe e.V.
ドイツ非営利社団法人「自然による人生救済の会」
(ブルーノ・グルーニング交友会)

https://www.bruno-groening.org/ja

宗教団体ではありません。
ドイツ非営利社団法人です。

『神の治癒』(聖霊療法)に取り組むことで神さまの奇跡治癒やお助けを体験していくことにより、神さまを信じ受け入れるようになり神さまを信仰するようになる『神さまに戻っていく』ことになっていくスピリチュアリティ団体、『大きなヒーリングの会』だと思っていいとしおんえつこは個人的に思っています。
宗教を超えた活動をしている世界で一番大きなドイツ非営利社団法人で、ドイツに本部があります。
国・人種・肌の色・言語・信仰なさっている宗教に関係なく活動をしております。

ブルーノ・グルーニング交友会は、国際連合広報局NGO団体W.P.P.S(ワールド・ピース・プレイヤー ソサエティ)から、『ピース・ポール賞』(平和賞)を受賞しています。
その証拠の記事がこちらです↓
http://wpps.jp/news/2013/05/

過去の受賞者は、マザー・テレサ、ガンジー、ヨハネ・パウロ3世(2世?)です。

ワールド・ピース・プレイヤー・ソサエティは、街中で時々見かける、
『世界人類が平和になりますように』
と書いてある白い四角い柱の棒を立てている団体です。

ただし、宗教団体に少し関わる羽目になった私が個人的に言えるのは、こういう団体は宗教団体とやっている活動はたいして変わらないなと思う方は多いだろうと思いますが、ハイルシュトロームを取り込んで意識が上がりポジティブになってくると、
「大きなヒーリングの会なんだな」
と自然と思うようになってきます。


関連記事
スポンサーサイト