【固定】 心と体の違いの悩み(性同一性障害)の方へのメッセージ


心と身体の性別が一致しなくて性別に悩みを持っている『性同一障害』の方へ、スピリチュアリティの観点から考えられることを書きますね。

それから、自分の性別を受け入れられるようになるかもしれないフラワーエッセンスについても後半で記載します。

まず、この地球は2極性を体験するためにも作られているので、肉体の性別は『男』か『女』かのどちらかを選ぶようになっています。

テレビ番組でアフリカのある地域の人たちなどで、普通に成長していって途中で自分の肉体の性別が自然と変わってしまったという人たち(?)の特集をちらっと見ましたが、そういう特殊なケースは除いておいて・・・

また、男か女かの性別を医師によってつけられたけれど思春期になっても男性もしくは女性特有のものがなくて染色体を調べたら実は染色体では男だった(もしくは女だった)という特殊なケースも脇に置いておいて・・・

この地球上に生まれてくるにあたって、魂は心の学びのためにどちらの性別を選ぶか決めているそうです。

余談ですが、それだけでなく、自分が心の成長をするために両親を選んで生まれる家を選び、友達として出会う人も選んだり、人生で「これは体験する」という人生の計画書(青写真。ブループリント。油絵で言うなら下絵)を決めて生まれてくるのだそうです。

その「次の人生」の計画を立てるときに性別を選ぶわけですが・・・

どうも私の関わっている方のお話を聞くと、あちらの世界で『意識体』として存在していても心の性別と霊体の性別があるようなことをおっしゃっているのですが・・・

スピリチュアリティで言われているのは、

『魂に性別はない』

ということです。

美輪明宏さんがいい例ですね。
彼女は男性に生まれていて、同性愛者でいらっしゃるけれどたぶん性適合手術はなさられていないのではと思います。
お姿は女性を選ばれていますし女性として生きていらっしゃいますが、美輪さんは男性性と女性性の両方を兼ね備えた心をお持ちでいらっしゃるユニセックスです。

実は私たちは美輪さんのような男性性も女性性もバランスよく兼ね備えている心の持ち主になるために輪廻転生を繰り返して心の成長の学びをしています。

でもとりあえず、魂が霊体をまとってこの地球上に肉体をもらって生まれてくる時に心の成長のためにどちらかの肉体の性別を選ぶようになっています。

で、私たちは多くの人が地球での輪廻転生の魂の歴史において、男性の人生も女性の人生もどちらも何度も体験しています。

なので私たちは女性の心(女性性)も男性の心(男性性)もどちらも持っています。

しかし、輪廻転生で男性もしくは女性の人生体験をした数のどちらかが圧倒的に多いという場合や、今世に一番影響を与えている前世・過去世の性別の心とその性別のエネルギーが強く今世の自分に影響している場合もあります。

心と身体の性別が一致しないという『性同一障害』の中で、生まれてきて自分の性別を知った時、

「あ、間違った身体で生まれた」

と思ったなど、自分がこの肉体の性別ではないはずだと感じている方は、おそらく輪廻転生において圧倒的に片方の性別ばかりを体験し続けてきた魂の可能性が高いです。

つまり、

男性の体に生まれたけど自分の心は女の子だと物心ついた時から思っている方は、輪廻転生において圧倒的に女性の人生ばかりを体験してきたか、今世の自分に一番影響を与えている前世・過去世の魂の性別が女性である可能性が高いということ。

女性の体に生まれたけど自分の心は男の子だと物心ついた時から思っている方は、輪廻転生において圧倒的に男性の人生ばかりを体験してきたか、今世の自分に一番影響を与えている前世・過去世の魂の性別が男性である可能性が高いということ。

輪廻転生において、片方だけの性別を特に多く連続して体験している人は、

「俺は男性性をしっかり学びます!」
「私は女性性をしっかり学びます!」

と神さまと約束して何度も何度も男性もしくは女性だけの人生を体験していて、それで男性性か女性性をしっかり学んだと思った時に、

「男性性はしっかり学んだので今度は女性性を学びます!」
「女性性はしっかり学んだので今度は男性性を学びます!」

と神さまと約束して、今まであまり体験しなかった性別の肉体を選んで生まれてきた場合、自分の心が男の子もしくは女の子で

「体の性別が違う」
「間違った体で生まれた」

と思ってしまい、自分の体が心と違うと悩み始めることになります。

だからこういう場合、心の性別のほうで生きるとか、性転換手術をする場合は、神さまと約束してきた、

「今度は男性性(または女性性)を学びます!」

という約束を放棄してしまったということになります。

『オーラの泉』で性同一性障害の芸能人がゲストで出ていらっしゃいましたが、あの番組はゲストに恥をかかせないという美輪明宏さんのご意志だったため、江原さんも美輪さんも私が書いているここの部分のことを一度も言わなかったのだと思います。

もし私が書いているこれらの理由でないという場合、あらかじめ性別適合手術を受けて生きる人生を選んで生まれてきていたということかもしれませんが・・・
なぜならそういう西洋医学の性別適合の医術が開発されて存在しているから、性別適合手術をして生きる人生を歩むというのを計画して生まれてきた人ももしかしたらいるのかもしれない可能性はあります。

また、前世・過去世で同性愛者の人生を経験していることで、その性別の人のエネルギーが今世に影響しているケースもあり、それで今世に女性の体に生まれているのに男として男を好きだったり、男性として生まれているのに女として女を好きだったりする方もいます。

そしてここでご注意なのが、自分の性別を受け入れられないという理由が、両親(もしくは父親か母親のどちらか)が男の子が欲しいのに女の子が生まれた場合か、女の子が欲しいのに男の子が生まれた場合に、親が子どもに

「男の子が欲しかったのに」
「女の子が欲しかったのに」

と言って自分の性別を否定されたことで、

「男の子(または女の子)に生まれていれば自分はお母さん(またはお父さん)から愛されたのに」

と心傷ついて、親から愛されたいがゆえに自分の性別を嫌悪するようになり自分の性別を受け入れられないようになったケースの人もいます。

それは赤ちゃんの頃に親がそう言っていたのだとしても、実は赤ちゃんは親の言っていることがわかっているので、心に傷がついて親から愛されたいがゆえに物心ついた頃にはすでに自分の性別を嫌悪している場合があります。

下手をするとお腹の中に居る時にすでに胎児の性別がわかっていた親が、望む性別の子どもじゃないと夫婦で話し合っているのを胎児のときに聞いていた場合もあるし、母親がそういう心・意識を持ち続けていたりしたのを胎児がテレパシー(感応力。心話)で感じ取っていた可能性もあります。

なので一度親御さんにそういうことをお腹に居た時に考えたり夫婦で話していたことがあったか、生まれてきたばかりの赤ちゃんの時にそういう話を夫婦でしていたか、お母さんが赤ちゃんの自分を世話していた時や自分が物心ついた時などに、

「あなたが男の子だったらよかったのに」
または、
「あなたが女の子だったらよかったのに」

など自分の性別を否定することを言ったりしていなかったか、親御さんに確認してみてほしいのです。

たった一回でも言われていたら実はそれが強く心に残っていて、親から愛されたいがゆえに自分の体に嫌悪感を持つ場合もあるのです。

もしくは、ヒプノセラピーができるヒプノセラピストさんに退行催眠療法をしてもらったり、ブライアン・L・ワイス博士の前世療法瞑想CDブックつきの本を買って前世療法瞑想CDを聞いて子どもの頃まで遡ってみられないか試みてみるかです。

ワイス博士の前世療法 (瞑想CDブック)ワイス博士の前世療法 (瞑想CDブック)
(2006/06/22)
ブライアン・L・ワイス

商品詳細を見る


また、心は男性でもあり女性でもあり、でも持っている意識体のエネルギーが男性性のエネルギーが強い場合、女性性のエネルギーが強い場合もありますが、そういう場合で肉体の性別は受け入れられて違和感がないのだけれども、なぜか異性とのセ●●●が受け入れられず、同性に性欲を抱きやすいケースもあります。
性別を受け入れられるバイセクシャルの人もいますがそれは心がユニセックスだということなので何も問題ありません。

さて、輪廻転生や過去世の魂の影響であるにしても、意識体として持っているエネルギーが肉体の性別と反対のエネルギーであるにしても、両親が自分の性別を否定したことが原因だとしても、心と体の性別が一致しない『性同一性障害』の方にとてもいいフラワーエッセンスがあります。

性別適合手術をする前にある程度の期間、以下のフラワーエッセンスでぴんとくるものを
「もうほんとに必要ないと感じるなぁ」
と感じるまで摂り続けてみてはいかがでしょうか?

本当にこれらのフラワーエッセンスが必要ないと感じるようになると、自然と、ほんとうに自然と摂る気がなくなるのでわかります。
拒否の抵抗で摂りたくないからというのは違います。

☆キャラリリー
(性別に深い悩みを持つ男女を助けます)

http://www.en-ciel.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=2667

☆アルパインリリー
(自分自身が女性であることに馴染めず
女性性を受け入れることが難しい人に)

http://www.en-ciel.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=2543

上記ページはいちばんこれらのフラワーエッセンスの説明が『FESフラワーエッセンスハンドブック』の説明文を長めに引用されているものでしたのでこのページを選びました。
このサイトさんで買うかどうかはもうちょっと最後まで読んでみていただければと思います。

これらのフラワーエッセンスの詳しい説明がされている本は、
『FESフラワーエッセンスハンドブック』
になります。

FESフラワーエッセンスハンドブック
http://www2.enekoshop.jp/shop/afeejapan-fes/item_detail?category_id=0&item_id=1460343

これらのフラワーエッセンスはお店によって販売価格が違う場合もありますので、海外直輸入店では日本のフラワーエッセンスショップより安かったりします。

たとえばフラワーエッセンスセラピストさんからご紹介いただいた、好評だというショップさんはこちら↓

iHerbさん
http://jp.iherb.com/search?kw=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9#p=1&cid=3448

検索で  FESフラワーエッセンス 格安 で検索すると格安サイトさんが引っかかりますので自分の気に入ったお店を探してみていただければと思います。

性別適合手術に踏み切る前にぜひこれらのフラワーエッセンスを

「もうほんとうに必要ないと感じる」

というところまで摂ってみていただいて、それでもやっぱりそれでも性別適合手術をしたいのであれば、よくよくこれから先の経済的な面や恋愛や結婚や親戚や今までの友達との関係を考えて、性別適合手術についての詳しいことを医師によく聞いた上で、将来的に肉体的なリスクはないかや、社会的なことや仕事についてのメリットデメリットはなにかなどを考えたうえで自己責任でご決断をされるといいかと思います。

フラワーエッセンスは色々あります。
このブログのトップページに掲載している記事に、フラワーエッセンスを選ぶのに良い『花カード』のサイトを掲載している記事がありますのでそれをご覧になると色々な心の引っかかりをらくにしてくれるフラワーエッセンスを見つけられます。

また、これはスピリチュアルな能力をお持ちの精神科医の越智啓子せんせい監修の『不思議クリニック』に体の性別の悩みを抱えている女性のケースが書かれていて、その女性たちにアロマオイルのベルガモットの香りを嗅ぎながら光の『呼吸法』をしてもらい、越智啓子せんせいのハンドヒーリングとボイスヒーリングをしてもらったら性別に関して開放が起こったケースが書かれています。

この場合の『光の呼吸法』とは、アロマのベルガモットの香りを嗅ぎながら、息を吸う時に自分の周りに充満している愛と癒しの白い光を吸い込むイメージをして、息を吐く時に

「性別に関するわだかまりを解放します」

と「意識して」息をふ~~~~と吐き出すのでいいだろうと思います。

先ほどご紹介したフラワーエッセンスを摂ったりベルガモットの香りを嗅ぎながら『光の呼吸法』をしたり、経済的に余裕があれば越智啓子せんせいのセッションの予約を取って沖縄の『天の舞』まで越智啓子せんせいのセッションを受けに行ってみることをおすすめします。

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの紹介文はこちら
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1406.html
(病気治癒だけでなくあらゆることで奇跡が起きます
奇跡が起きるかどうかはあなたにかかっています
それゆえブルーノさんは奇跡が起きることは保証はしていません
が、あなたが神さまの愛の送信を受信できれば奇跡は起きるでしょう

心と肉体が違うことで苦しんでいる性別に関しての心の救済を
ブルーノ・グルーニングさんにお願いして
ハイルシュトロームと呼ばれる神さまの愛と治癒のエネルギーを
受け取られてみてはいかがでしょうか?))


奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんのことを紹介している『スピリチュアルTV』の動画は以下のものになります。
ブルーノ・グルーニング交友会の公式動画もあります。
この動画を観るだけでハイルシュトローム(神のエネルギー)が流れてきます

難病が治った 奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん①
https://youtu.be/kkECeW5mGkE

奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん3 医師が証明
https://youtu.be/5z_e3ImESBA

集まれスピ仲間5 ブルーノグルーニングさん特集
https://www.youtube.com/watch?v=8KgYETL0WaQ

ブルーノ・グルーニング ドキュメンタリー映画10周年
https://www.youtube.com/watch?v=e9bvDNij4f4

※この記事は同性愛をおすすめしているわけではありませんが、同性に恋してしまうときは恋してしまうのでそのときは自己責任でどうするかお決めいただければと思います。
関連記事
スポンサーサイト