映画『ノッティングヒルの恋人』の曲


何年か前、熱田神宮前の商店街にある『BERMONDSEY CAFE(バーモンジーカフェ)』さんで『ノッティングヒルの恋人』という映画を見せていただいたことがあり・・・

この映画の中で使われていた曲が聴きたくなって検索したところ、Elvis Costello(エルヴィス・コステロ)さんの『She』という曲だとわかりました。

Elvis Costello
‘She’

http://youtu.be/O040xuq2FR0


残念ながら歌詞はどんな意味なのか私にはわからないのですが、しっとりしていてとても素敵な曲で大好きです^^

『ノッティングヒルの恋人』という映画もとてもしっとりしていていい映画で・・・

恋愛ドラマや恋愛映画にあまり興味がない私でも素敵な映画だなぁと思ったのを覚えています。

最近、『恋愛』ってなんだろうなぁって思います。

子孫を残すための肉体的なこと(フェロモンや遺伝子配列など)のこともあるけど、スピリチュアリティ的には、輪廻転生における魂の関係なんかが関わっているわけですが・・・

少し前に、『人は他者で心の欠乏を埋めるもの』というキーワードで検索していた時だったと思いますが、ある男性占い師さんのブログが引っかかって、そのブログにあった記事でなにか恋愛に関する記事を読んだら、

「過去世の自分が過去世の時の人生で恋愛に思い残しをしている場合、その恋愛相手の魂を持つ人と出会うと過去世の自分が今度こそ思いを遂げようとするので、そういう場合の恋愛は24時間相手のことを考えてスキスキしている状態になります。」

という意味のことが書かれていて、そのブログをもう一度探してみようとしたらどうしても見つからなくて・・・

で、それだと私の恋愛は過去世の人の思い残し恋愛で、今世の自分でする恋愛っていうのは体験したことがないってことだなぁと思ったわけです。

恋愛ってなんだろうなぁと思いますが、でもまぁ私は『愛別離苦』の運命を背負っているので、お釈迦さまみたいに悟って恋愛がまったく必要ない自分になれたら心がかなり楽になっていいんだろうなぁと思います。
(*^_^*)

だって、片想い後に失恋して恋愛から心が離れると心がとても楽なんですもん。


関連記事
スポンサーサイト