【固定】 心傷ついて自信のないカウンセラーも世の中に必要です


昨日、スピリチュアルTVの金鶏塾のチャットで、

「自信のないカウンセラーのセッションなんて受けたくない」

と書き込んだ方がいらして、テディさんがそれにうなづいていらっしゃいました。

心が傷ついていないキラキラした方は、たしかにそう思います。

ですが私の経験からすると、自信のないカウンセラーや心が深く傷ついているカウンセラーも必要だということを知っています。

私自身が心が深く傷ついていて、ヒーリングというものがあることも知らなかった時、テレビで見る『SMAP×SMAP』のSMAPメンバー(つまりアイドルさん)たちや、フィギュアスケートの試合で浅田真央さんや他の選手たちの明るさに触れたくて番組を見るものの、

「自分と住む世界が違う人たちだ・・・
 この人たちは私の深く傷ついた心や苦しみをわからないんだろうな・・・」

と感じて、彼らがまぶしくて、彼らのようになれない自分の苦しみを感じていました。

そういう深く心が傷ついて自信を無くしている人に共感したり同感したりするカウンセラーは、キラキラした自信のある人よりも、心が深く傷ついているカウンセラーのほうがいい場合もあるのです。

なぜなら、クライアントは同感をしてほしいので、

「自分の苦しさ、辛さをこの人はわからないだろうな」

と思うため、キラキラカウンセラーには依頼したくないのです。

「私の苦しく辛い気持ちをわかる人」

に依頼したいのです。

もちろん、心が深く傷つくような体験があって、そこからセルフヒーリングで心を癒して意識を上げたキラキラカウンセラーさんは、自信があって幸せな顔をしていますが、深く傷ついた経験からクライアントさまに共感したり同感したりして、あなたと共に涙ぐんでくれたりします。

そうするとクライアントさまは、

「この人は私の気持ちをわかってくれる」

と感じて、ほっとしたりして心が癒されるのです。

心癒されていないカウンセラーの場合、相手に優しい愛を注ぐと、

「自分もこんな風に優しく愛されたい」

と思うため、苦しくなってしまったり、感謝の言葉の見返りが欲しいと思ったりします。

心が傷ついていても波動が綺麗なカウンセラーはいますが、心キラキラのほうが波動が高くそのエネルギーがクライアントさまに流れてクライアントさまを自然とヒーリングしてしまいますから、カウンセラーはセルフヒーリングで心キラキラになる必要性はあります。

というわけで、心が傷ついていて自信がないカウンセラーも、世の中の心傷ついて自信がなくなっているクライアントさまには必要だということを知っていていただければと思います。

あなたが心深く傷ついていても、心キラキラカウンセラーにご依頼したいというならそうなさればいいですし、
自分の深く傷ついて辛く苦しい気持ちを「よりわかってくれる」、心傷ついて自信のもてないカウンセラーにご依頼したいのか、どちらか

「自分にとって近づけるカウンセラーなのか」

をよく考えてカウンセラー探しをされるといいと思います。

オラクルカードヒーラー
しおんえつこ♪
関連記事
スポンサーサイト