NO3 タロットオラクルセッションを受けました


先日、タロットオラクルリーダーの友達のIさんのタロットオラクルセッションを受けました。

その2の続きです。

私がオラクルカードのセッションでの結果がどうなのか、自分がどれだけのことができたのかが、感想メールなどをいただいたりしないのでわからないんだとIさんに伝えると、Iさんはオラクルカードのお仕事は結果を求めるものではないのだということを諭し始められました・・・

Iさんは、

「オラクルカードでどれだけの実力が自分にあるのか、クライアントさまがその後どうなったのか、

「結果が欲しい」

と求めるのは、『頭』つまり『エゴ(自我)』なのね。

『頭』はいろんなことを言うのね。
エゴ(自我)は「怖れている」から。

しおんさんがね、オラクルカードで全力でやっても、クライアントがどう受け止めるかなの。

『クライアントがどう受け止めるか』はクライアントによるもので、しおんさんの問題じゃないの。

私もタロットセッションをやっていてね・・・」

と、Iさんがご自分のタロットセッションでのご経験を話しはじめられました・・・

その4に続く

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment