NO1 ある方への祝い花


ある方が英検準2級に受かったとのことで、お祝いの花束をお迎えして写真を29枚撮って贈ったら、とても喜んでくださいました♪

なんと漢検にも受かっていたんだそうです!

私の行きつけのお花屋さんは月曜日がお花の仕入れ日だったので、日曜日にお花の注文に行こうと思っていたのにすっかり忘れてしまって・・・

それで月曜日に行ったのですが、取り寄せで作るとなると金曜日になりますと言われて、どうしたものかと思っていたのですが、お店のショーケースにオレンジ色の素敵なバラがあって、

「あ、これ、花束に入れたい」

と思ってお花屋のお姉さんに、金曜日にこの花が仕入れられるかを聞いたら、わからないとのことだったのです。

似たような花はあるかもしれないけど、必ず同じ花があるとは言えないし、似たような花もあるかどうかはわからない、その日に問屋さんに行ってみないとどんな花があるかわからない、と・・・。

そこで、ショーケースのお花たちを見て、カラフルな花束が作れそうだったので、

「わかりました、どうしてもこのバラ入れたいので、今日ここにあるお花で作っていただきます^^」

とお願いして、まずオレンジのバラを手にとっていただき・・・

ピンクのバラも入れて欲しいですが、このピンクのバラなら合いそうですね、そしたらこの紫のトルコキキョウは合いますか、紫を入れるなら黄色も入れたいけどこのアリストロメリアは合いますか、白のトルコキキョウを入れるとどうなりますか、と合わせてみてもらいながらチョイスしていって・・・

お姉さんがオレンジのバラを少しの間水あげをしている時に、赤を入れたらどうでしょうかと赤いカーネーションを合わせてみてもらったのですが、合わなくはないけど私が気乗りしなくてやめてもらって、もう一度ショーケースを見に行ったら・・・

3輪のピンクがかった赤いバラがあるのでお姉さんに

「この赤いバラ、いいじゃないでしょうか?」

と聞いたらお姉さんが、

「ああ、それはピンクのバラですよ。それは合うかも!」

と合わせてみてくださり、いい感じの射し色になりそうだったので3輪入れてもらうことにして、お姉さんがすべての花をスパイラルで組み始め・・・

そして、お姉さんが、

「このピンク入れるなら、もうこの花開いちゃっているやつ、そんなにもたないから、いいですよ、サービスで入れます。」

と言って、なんと4本もサービスで入れてくださいました!

出来上がったブーケを見てお姉さんが、

「ああ~(はぁと)かわいい~(はぁと)
(*^^*)」

とうれしそう♪
(*^^*)

もちろん私も、

「すごい可愛い花束になった~♪」

とやっぱり嬉しかったです。

でも、ある方に気に入っていただけるのかドキドキだったんですが、とても素敵な花束だと喜んでいただけました。

お花屋のお姉さんすごく嬉しそうに花束を眺めているので、

「この瞬間が醍醐味なのですね^^」

と私が言ったら、お姉さんはうなづいて、

「そうなんです^^ でも合わない花をチョイスされるお客さまがいると、はぁぁ~・・・ってなりますよ。
あきらかに合わない花をチョイスされた方には、

「ごめんなさい、これはできません」

と断りますが・・・

ほんとに可愛い花束になった時は、ほんとにうれしいですね^^」

とおっしゃっていました。

●さん、英検準2級合格、そして漢検合格、そしてお勉強をがんばっていらっしゃること、すばらしいです!

おめでとうございます!

お花の写真を29枚撮ったのですが、何枚かずつに小分けしていくつかの記事にして写真を掲載していきますね。

ブーケ1

ブーケ2

ブーケ3

ブーケ4

ブーケ5

ブーケ27

ブーケ28

ブーケ29



咲いてくれてありがとう♪
うちに来てくれてありがとう♪


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment