。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


「苦しい」という感情と感覚を感じているとき、目の前にたくさんあるささやかな幸せに気づきにくいものです。

いえ、そのささやかな幸せを幸せなことなんだと知っていても、「苦しい」という感情と感覚があるため、それが幸せだという幸福を感じられないのです。

その「苦しい」という感情と感覚は、レイキやフラワーエッセンスでのセルフヒーリングに取り組み心の癒しをして心を満たすと、平穏で穏やかになり苦しみは感じなくなるので、こんな穏やかで平安で静かな心の状態が幸せなんだなと気づけます。

目の前にあるささやかな幸せとは、私たちが

「それはごく当たり前の普通ことだろ」

って思っているようなことです。

心臓が普通に動く、呼吸が普通にできる、歩くことができる、身体を普通に動かすことができる、空腹になるとお茶してお菓子をつまんだりご飯を食べられる、などなど・・・

こういう私たちが「当たり前のこと」と思っていることが、できない人もいるのです。

私が今、いちばん幸せを感じるのは、晴れた日の朝10時頃にカーテンを開けてレースのカーテンだけにして、朝日の中でお布団でむにゃむにゃうにゃうにゃしてまどろんだりうとうとと眠ったりすることです。

そして昨日は朝9時に全体掃除があったので参加したあと、カーテンを開けてまたお布団でむにゃむにゃしようかなって思ったのですが、自分にとってワクワクすることを考えたら起きたくなって、お茶を入れて飲みながら窓から射しこむ朝日の光を浴びていて、

「ああ、私、過去世でシスターをしていた時、いつもこの時間の太陽の光を教会の聖堂で感じながらお祈りして神さまを感じて幸せを感じていたんだろうな」

って思って、窓から射し込む太陽の光を感じながらお茶して幸せな気持ちになっていました。

そのことを友達にメールしたら、昔苦しかった時期に友達から私が言ったようなお布団でうにゃうにゃという、そういうのが幸せなんだよと教えられたのだということを話してくださいました。

それで私は若い頃に東京の羽村市で一人暮らしをしながら苦しみを抱えていた10年間、いつも自分の心をなぐさめてくれていたささやかな幸せのことをメールで伝えてみました。

私の心を慰めてくれていたのは、

☆綺麗な星空
☆昇り立ての黄金色の朝日
☆沈む朱金色の夕日
☆茜色の夕焼け
☆青空に映える富士山
☆毎月1度の満月と満月の前後の日
☆春に咲く近所の工場の大きな桜
☆秋に咲く近所の工場の金木犀
☆お気に入りの銭湯の湯船

これらに触れることが、私の心を毎日なぐさめるささやかな幸せで、私はこれらに神さま(創造主)を感じていました。

そして低賃金で自活していた私は、仕事で忙しすぎたり、お金がなくて3日ご飯を食べられないことなんてざらにあったので、ご飯を食べられること、空腹になったらなにか食べることができることが当たり前ではない体験をしていたので、今でもご飯を食べる時に、

「いただきます。
 ありがとうございます。
 今日もご飯が食べられます」

とお礼を言ってから食べ、食べ終わると、

「ごちそうさまでした。
 ありがとうございました。
 今日もご飯が食べられました。」

とお礼を言います。

さすがにお店で食べる時は「いただきます」しか言いませんが・・・

そして私は、今、一人暮らしなので一番風呂に入ることができて、肩まで浸かることができることもいつも感動します。

私が子どもの時、いつもお風呂はいちばん最後で、継母のあとに入るのですが、継母の決めたお風呂のルールに、頭と身体を先に洗ってから湯船に浸かるというのがあったのです。

私はそれを忠実に守っていたのですが、継母があがったあと、お風呂の湯船には3分の2のお湯が残っていたのですが、頭と身体を洗うとお湯が3分の1に減ってしまうのです。

だから浸かると胸の下くらいにしかお湯が増えなくて、冬は肩が寒いので、肩を温めるときは足をしっかり折り曲げて湯船に寝そべるのですが、すると今度は足が寒くなるので、今度は肩と胸を出して足を湯船につけて温めて・・・の繰り返しをします。

中学生のある冬の日、私は、お風呂は私が一番最後なのだから湯船に浸かって体をしっかり温めてから頭と身体を洗えばいいじゃないかと思って、先に湯船に浸かったんです。

すると5分後でしたでしょうか、継母が足音を荒げて階段を下りてくる音がして、継母が怒りの形相でお風呂場に入ってきて、物も言わずに私の頭をグーで殴りまくったのです。

私が湯船から上がると、「ふんっ!」という感じでお風呂場から出て行きました。

それで私はまた継母の言うことに従って、寒いなか震えながら頭と身体を先に洗い、湯船に寝そべったり起き上がったりして肩と足を暖めていました。

継母がなぜ言いつけを守らなかった私を物も言わずにこちらの言い分も聞かずに殴ったのかわかりませんが、もしかしたらお風呂の残り湯を洗濯のすすぎに使っていたのかもしれません。

愛の心に乏しいダメ虐待継母でした。

まぁそんな体験がありますから、今でも一番風呂で肩まで浸かれるという贅沢はいつも感動します。

それに、ホームレスの方は、駅の固い床の上に、かけぶとんすらなしに寒い思いしてわずかな時間浅い睡眠で安心もできずに寝て、通行人に蹴られたりしているし、食事支援はあるけど普通のご家庭で食べるような、奥さんやお母さんが毎日違うおかずを作ってくれるようなご飯も食べられないんです。

それを考えると、生活保護の私の暮らしは、まるでお姫さまです。
私は『貧乏セレブ』と言っていますが、恵まれています。

本当だったらホームレスになって餓死していた私は、統合失調症になって父に保護されて父が他界後、生活保護を受けられたので、恵まれているのです。

だからオラクルカードや対話ボランティアや猫ボランティアやお金が工面できるときは編み物ボランティアをして、あとはブログ運営でみなさまのお役に立っていきますね。

そしてもしお金が豊かに稼げるようになることがあったら・・・貧困支援に協力したいです。

セルフヒーリングには私が取り組んでいるものと名前を知っているものでは以下のものがあります。

☆レイキヒーリング
☆リコネクティブヒーリング
☆シータヒーリング
☆コンシャスタッチ
☆クォンタムタッチ
☆フラワーエッセンス
☆アンジェリックエッセンス
☆エンジェルエッセンス
☆ネイチャーエッセンス
☆QE(瞬間ヒーリング。本があるのでそれを読んで練習すればできます)
☆ME(マトリクス・エナジェティクス)
☆癒しの大天使ラファエルヒーリング
☆奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの聖霊治療
(病気だけでなくあらゆることで奇跡が起きます)
☆イエス・キリストのヒーリング
☆ヒーリングミュージックを聴く
※フランク・ローレンツェンさんの『ハーモニック・レゾナンス』というクリスタルボウルのCDは心が深く傷ついている方にもおすすめです。
※風鈴演奏家の日向真さんの風鈴ミュージックもヒーリングミュージックなので風鈴の音の高波動で癒されるのでおすすめです。
☆ヒプノセラピー
(過去世退行催眠療法。前世療法。ブライアン・Lワイス博士の瞑想CDブックつきの前世療法の本を買ってCDを聞けば自分でできるそうです)
☆ドロレスヒプノ
☆マインドブロックバスター
☆ハニエル先生の自己調律ワーク

ヒーリングとはまた違いますが、EMDR(トラウマを克服する精神医療もしくはセラピーセッション)やEFTもあります。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.08.17 / Top↑