。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


あるジャンルの掲示板で、いろんな人が利用する掲示板において、自分たちのラブラブぶりを見せている人たちというのもいるのですね。

それは私が関わっている掲示板やSNSだけでなく、ネット上ではよくあることなんだろうと思いますが、見かけたことがある人も多いかと思います。

それに対して、

「自分は悪いことをしているつもりはない」

と思っている方々もいると思うんですが、たしかに悪いことをしているわけではないんですが、これは人心というものを理解していない人の言うことだと私は思っていたんです。

というのは、別にラブラブぶりを公表することは悪事ではないし犯罪ではないんだから悪いことではないんですが、それを見る人たちはそれをニコニコと受け止められる幸せな人と、恨み辛み怒り憎悪の感情を持つ不幸せな人と、それについてどうでもいいと受け取めるという無関心な人の3タイプに別れるんですね。

その受け止め方はその「読んだ人」「見た人」それぞれのことであってラブラブぶりを公表している自分たちには関係ないって思うかもしれないけど、霊的視点から見れば充分影響を受けるんですね。

ひとつ言いたいのは、自分のブログでとか、『ラブラブぶりを語ろう』がテーマの掲示板とかSNSコミュニティでラブラブぶりを公表するのは特に問題ないだろうと思います、そういうテーマで集まっている人たちが書いたり読んだりするわけですからね、嫌なら見に来なければいいだけで。

でも特定のジャンルの掲示板として開設された掲示板で、いろんな心を持つ人が集まっていろんなテーマでトピックを立てて利用するような掲示板で自分たちのラブラブぶりを公表するのはちょっと違うと私は思うんですね。

ラブラブぶりを公表することがテーマではない公共の場でラブラブぶりを周囲に「見てよ見てよ」と見せるというのは違うということですね。

ニコニコと受け止めてくれる人たちと、どうでもいいと受け止める人たちは問題ありませんが、自分が今恋愛では幸せではないとかとにかく幸せではない状況にある人たちは、逆恨みで生霊やら念を飛ばすし実際にその人と肉体を持って関われる人だと怒りや憎悪でなにをされるかわかったもんじゃありません。

逆恨みで後ろから刺されたっておかしくないし、念やら生霊やらでサイキックアタックやら厄災を受けたっておかしくないわけです。

そんなことを考えていたら、『オーラの泉』のビデオテープをDVDに落としている時に、元タカラジェンヌの寿美花代さんの回がまさにどんぴしゃな回でした。

寿美花代さんは何十年も前の若い頃、タカラヅカの男役トップスターで華々しく活躍し、退団後に俳優でいらっしゃると思うのですが高嶋忠夫さんとご結婚なされて美男美女カップルになったのですが、世間も羨む幸せな結婚生活が始まってご長男が生まれて、生後5ヶ月でご長男の道夫くんが何者かに殺されてしまったのですね。

そしてその後3ヶ月ほど、いやがらせの電話が毎日かかってきて、電話に出ると「おぎゃあ、おぎゃあ」と赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきたり、「ママ、助けて、怖いよ」と男の子のまねして言う人だったりなど、いやがらせが3ヶ月続いたそうです。

そのことを話された寿美花代さんに美輪明宏さんは、

「あなたのファンの中にはね、あなたの幸せをニコニコと受け止めてくれる人だっているの。でもあなたを独り占めしたい、他の人のものになってほしくないって思う人もたくさんいるんですよ。これは正負の法則なの。」

こんな感じのことを美輪明宏さんはおっしゃっていました。

寿美花代さんの場合はタカラヅカの男役トップスターでしたし高嶋忠夫さんも俳優さんなのでしょう、二人の交際や結婚や出産はマスコミが嗅ぎつけ報道するので幸せな姿を世間に公表することになりますから、それを見て私がさっき言った、

「ニコニコと受け止めて幸せを見守る人」
「どうでもいいと無関心な人」
「逆恨みで怒りや恨み辛みや憎悪を持つ人」

のそれぞれがそれぞれの思いで二人を見たわけで、勝手に逆恨みした人がご長男の道夫くんを殺してしまったわけです。
肉体をもってこの2人の近いところに行けたからですね。

ネット上で住所や本名、顔も公表していなくても、生霊や念を飛ばされたりしてサイキックアタックや厄災を受けたりすることもあり、それは自分が

「私はそれらに影響を受けません!」

って『設定』したとしてもその『設定』が有効にならない場合もあるんですね。

特に生霊や死霊の場合、歳をとったりして精神的にも肉体的にも弱って来るときまで待って弱ってきたら呪ってきたりすると美輪明宏さんは『霊ナァンテコワクナイヨー』で語っています。

自分たちはラブラブな幸せぶりを公表することを悪いと思って居なくても、幸せをシェアすることでみんなも幸せな気分になるはずだ、幸せのおすそ分けだと思っていても、受け止める側には赤の他人であっても逆恨みをする人だっているんです。

私もよくブログで反感を買うような意見を書いているのでサイキックアタックは受けているようで、なんか体だるいな、重いな、肩痛いな、やたら眠いな~ってときに、大天使ミカエルにバキューミングしてもらったり、エーテルコードカットをしてもらったり、プロテクトしてもらったり、ホ・オポノポノをしたり、生霊さんや死霊さんにレイキエネルギー流したりして対処しています。

自分には自分のセカイがあるけど、自分を見る他者には他者のセカイがあって、相手の世界観で自分を見てくるのだから、自分が思っていることが通用したり通用しなかったりが同時進行であるっていうことです。

寿美花代さんの件は特にひどすぎるケースですが現実に起きていたことですから心に留めておく必要があるでしょう。

科学的な法則ではないかもしれないけど美輪明宏さんがご著書にしたためている『正負の法則』は霊的にあることなのでしょう。

このセカイはエゴ(自我)と共に作っていて、エゴは飴と鞭を与えるそうですからね。
その飴と鞭は嫌と言うほど私は体験しています。

そのエゴの飴と鞭を聖霊の視点で見られるようになることで平安と平穏を我々は獲得できるということで、イエス・キリストと聖霊のメッセージである『奇跡のコース』がもたらされたということですね。

「自分はラブラブで幸せだから幸せのおすそ分けでシェアする~」

っていうのは自分がどう思っていようとも諸刃の剣だということです。

どんなことでも2極があるので諸刃の剣と言えますけどね。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.01.23 / Top↑