『「幸せ脳」をつくる3つの法則』を読みました♪


『「幸せ脳」をつくる3つの法則』という本を読みました。

「幸せ脳」をつくる3つの法則「幸せ脳」をつくる3つの法則
(2013/01/19)
加藤 直哉

商品詳細を見る


実は去年の8月に慕っていた鑑定師さんに私のしていることを軽蔑されて嫌悪されていることを伝えられて縁を切ることになり、精神的ダメージを受けて2ヶ月ダウンしたのですが、友達のセラピストさんがこの本を読んでみてくださいって送ってきてくださって貸してくださったのです。

そろそろお返ししなくてはと日記に書くためにざっと読み返していて、この本は本当に良い本で、著者の医師の加藤直哉さんは優しいいい人だなぁと思いました。

人間関係について、「51」にすること、「51」と「49」の差は大きいことについても書いてあり、この「51」と「49」の数字について、ちょっと加藤直哉さんがおっしゃっていることとは違うけど、フィギュアスケート選手の浅田真央さんのコーチの佐藤コーチが真央さんに、

「50:50にしたいと思うだろうけど、「51」僕にちょうだい。「1」でいいの。ぜったいに良い結果になるようにするから」

とおっしゃっていて、真央さんがそれを受け入れたという話をテレビ番組の真央さんの特集で見たことがあります。

加藤直哉さんのおっしゃっている「51」は相手に「51」持たせるということではなく、人間関係をうまくいかせるための秘訣の1つめの法則なので、それは本を読んでのお楽しみです♪
(*^^*)

2つめの法則は良いことが起きた時にはある言葉を言って、悪い言葉が起きた時はある言葉を言うということが書いてあり、それは私はちょっとしっくりとこないなぁと思っていたら、あまりにも辛い場合はこの言葉ではダメなので、人生でとても辛い体験ばかりしている患者さんと加藤先生が2人で考えたある言葉が、私にもとてもしっくりとくる言葉で、私もこれから良いことと悪いことが起こったときにこの言葉を言うよう心がけようと思いました。

忘れてしまわないといいんですけど・・・
(^◇^;)

そして3つめの法則もある大作戦をミッションとして行うのですが、それをやる前に

「愚痴・悪口を言わない」
「良い言葉を使う」

という習慣をしっかりつけないとならないそうで、その上であるミッションをある決まった期間、徹底的に集中して行うのです。

脳は言葉を聞いていて、愚痴・悪口は脳内にアドレナリンを放出するんだそうで、「幸せ脳」から遠ざかってしまうことが書いてあり・・・

でもね、前に『たけしのニッポンのミカタ!』で、態度の悪いお客様の対応をした受付のお姉さんたちが、休憩時間にそのお客さまの悪口を言い合うと、ストレス物質クロモグラニンaの数値がかなり減り、悪口を言わなかった人の数値はほとんど変わりがなかったという検証結果が出ているんです。

それを書いた記事がこちら
http://blog.goo.ne.jp/sion-etsuko/e/755678807f9000db337625d905a4ff4c

悪口を言うと脳内にアドレナリンが放出されるけど、ストレス物質クロモグラニンaの数値は下がるってどういうことなのでしょう。

そして肉体的にそうなのであれば、良い言葉を言うとアドレナリンやクロモグラニンaの数値は下がるということなのでしょうか?

そこらへんについてはこの本には書いてありませんでしたが、怒りを感じた時に丸めた毛布でもなぐって発散するのもひとつの手だと思いますが、それだと幸せ脳にはならないということだろうと思うので、加藤直哉さんのおっしゃる3つの法則をやったほうがニコニコで生きられる可能性が高いと思います。

1つめの「51」の法則は難しいなぁと思いましたけど・・・

愚痴・悪口を言わないというのも、奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんが、

「私たちは言葉に気をつけなければならない」

とおっしゃっていて、善のエネルギーとつながっているために悪い言葉を使わないことをおっしゃっているのですが、たとえば、

「記憶力が悪い」

と言わずに

「記憶することが得意でない」

と言うのだと交友会の代表に教えていただきました。

これは爬虫類脳が関係しているんだと思います、「記憶することが得意でない」と言った場合、爬虫類脳は「記憶することが得意」までしか理解しないということだと思います。

そして加藤直哉さんが、「腰が痛い」とか「身体のどこどこが痛い」と言うのは体のその部位に悪口を言っているのだと教えてくださり、私はびっくりしましたが、なるほどと思いました。

それでブルーノ・グルーニングさんも体に出ている症状や好転反応で出る痛みや症状のことを「レーゲルングの痛み」だと思って喜びなさいっておっしゃっているのか・・・と納得でした。

そうそう、「富」を得るためには「人間関係がうまいこと」がとても関係しているということが書いてありました。


とても良い本で、これは私は買って手元に置いておいたほうが良いなと思いましたので、来月にでもamazonギフト券で買うことにします。

思考の心がけで幸せになりたい方、おすすめの一冊です♪

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment