。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


メンターの佐々木浩一さんの1月30日のメルマガで、

「人の悪いところばかり目につく」

という質問に対してのご回答があり、

『長短同根』

だということを教えていただいたんです。

最近、私はネット上で知ったある人のある発言で、

「この人は自分さえよければいいという人なんだな」

と思ってその人を「嫌だな~、こういう人」って思ったのですね。

でも『長短同根』だと教えていただいて、置かれている状況によって、長所は短所となるし、短所は長所となるとのことで、たしかに私が嫌っている「自己中心的」と「利己心・利己愛」は、状況によっては、

「自分が幸せでいるためのこと」
「自分の身や心を守ること」

であったりする場合もあるよなって思いまして・・・

そして、佐々木さんはこうおっしゃっているんです。


他人に見るものは全て自分の中にあるものです。
さらに、自分自身に対する自己評価の傾向性が
他者評価の傾向性になります。

例えば自分に厳しい人間は実際に他人にも厳しいです。
自分に甘い人間は他人にも甘いです。

よく「自分に甘くて他人に厳しい」って言う人がいますが、
(逆も然り)、その人の実際の行動見てみたら
必ず自分に甘い人は他人にも甘いし、
自分に厳しい人は他人に対しても厳しい見方をします。
(2015年1月30日佐々木浩一さんのメルマガより引用)



私は今、とてものんびりゆったりとした自分に甘い生活をしているので、自分がしていることと同じことをしている人のことは、

「私もしているから・・・」

と許せるのですが、自分がしていないことをする人のその行為などはやっぱり許していないと思います。

私のブログを見た人が、

「しおんさんはとても厳しい」

とおっしゃっていて、私は優しい愛を発揮して優しくしているつもりだったのでびっくりして・・・

たしかに私はあるリーディングの先生から、自分にも他人にもとても厳しいお坊さんを過去世でしていたことがあって、そのお坊さんの影響をとても受けていると言われたし、前世や過去世でさんざん戒律の厳しい聖職者をやっていたそうなので基本的に自分にも他人にも厳しい心の持ち主と言えるのかもと思いました・・・

私にとっては「当たり前のこと」が「厳しい」のかもしれません。

もうちょっと優しく柔らかくなれないものかな・・・と思いました。

そうそう、この「他人に悪いところに目が行く」についての『長短同根』についてのことで、もうちょっと教えてほしくて佐々木さんに質問メールをしてみましたので、お返事いただけたらそのことについてまた別の記事にしてみようと思います。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.01.31 / Top↑
Secret