イメージ投影の恋愛は「いい夢見させてもらったぜ!」でいいのかもしれません


これ、大事なことですよね。
うんうん頷きながら観ました。

エックハルト・トール
~『メンタルイメージの人間関係が氾濫するIT時代』

https://youtu.be/LfUIC-Tage8


誰も本当の私を知らないしわかってはいない。
誰も本当のあなたを知らないしわかってはいない。

人は常に自分が勝手に作り上げたイメージで相手を見ています。

会ってコミュニケーションを取っていてすら、

自分は勝手に自分の世界観・価値観で相手のことを解釈して考えているし、
相手は勝手に自分の世界観・価値観でこちらのことを解釈して考えている。

相手のこと(情報)を知ることはできても、相手のことを理解することというのはできやしないのです。

理解されている、理解していると思えているときは、単に相手と自分の世界が一致しているように見えているため、理解しあえていると勘違いしているだけなのです。

でも相手のことを理解できていなくても相手と一緒にいることはできるのです。

この動画の中でエックハルト・トールさんのカウンセリングを受けていた男性の相手の女性は、男性から写真を見せてほしいと言われて若かりし頃の写真を見せたわけですが、この女性は若かりし頃の写真を見せたこの男性が熱心に自分に会いたいと言われた時に、今の自分の姿がばれると思って、きっと悩んで女友達にでも相談して、こんなことを言われただろうと私は思います。

「本当にその人があなたのことを愛しているのなら、今のあなたの姿を見ても受け入れてくれるわよ。
だってあなたの心を好きになってくれたんでしょう?」

まぁ、おそらくこういうアドバイスを悩んでいる女性に言う人は多いだろうと想定します。

これはまったく通用しない回答です。

いえ、たしかに会いたいと言ってきた人が愛の意識の高い人で許しの心が強い人で心が一番大事だと思っている人なら受け入れてくれる人もいるだろうと思いますが、まずそういう人は少数派だろうと思います。

最近はスカイプという無料ビデオ通話がありますから、ビデオをオンにして今現在の顔を見ながらおしゃべりしてコミュニケーションを取るならまだ若い頃の写真を見せられて・・・なんてケースは少なくなるかもしれません。

ですが、世の中には恋人と初めてお泊りして、お風呂上りにお化粧を落とした女性の顔を見て男性が幻滅して次の日の朝に別れてしまうというケースや、彼女が朝になって歯磨きをしている姿を見て男性が幻滅して別れてしまうケースがあるという話をテレビ番組で見たことがあり、それは本当にありえる話だなと思いましたし、結婚して一緒に生活していくことで、素のままの相手、普段の相手の姿をまざまざと知っていくうちに相手に幻滅して恋愛感情が冷めていって別れるなんてごく当たり前にあるだろうと思います。

私自身の自分の過去の数少ない恋愛の相手に対して、最初は相手のことを何も知らないのにひと目見ただけで一瞬惚れして、さらに自分の理想のイメージを相手に投影して恋心を増幅していっていたなって思いますから、会っていてすらそうなのですからネット上の限られた時間内でのスカイプでのやりとりや、SNSやメールやブログなどの本当の自分をごまかすことがいくらでもできる文字上のやりとりでのコミュニケーションは、さらにそういう自分の理想で作り上げたイメージに恋してしまうだろうと思います。

そういう恋をしてはいけないわけじゃないですが、恋が終わった後にあとからその恋愛で自分がしていたことを振り返って、

「穴があったら入りたい」

と思うか、

「あれはとても良い恋だった、素敵な恋愛期間だった、良い夢見させてもらったぜ!」

と思うか、

「とても良い勉強になった恋だった」

と思うのか、

「二度と思い出したくない」

と思うか、それ以外になにか別の思いを持つのかは、それは人それぞれなのでしょう。

私の忘れられない人への恋心も、自分が作り上げた理想のイメージを相手に投影して恋していただけでなく、すでにその人は私の記憶の中にある過去のその人を思い出して恋しているわけだから、幻に恋しているというどうしようもない状態なわけですが・・・

ただ、私はエネルギーヒーリングでのセルフヒーリングに取り組み続け、その過去の幻の恋しい人がいなくてもぜんぜん問題なく生きていけるという状態であるということは、よかったと思っています。
(*^^*)

恋は交通事故のようなものだと聞きますし、一目惚れして相手のことを何も知らないし顔も好みじゃないのになぜか相手に恋してしまうときは恋してしまうので、過去世からの魂の関係もあるのでしょうから、ファンタジーの世界の恋愛でも楽しめてその時はハッピーなのなら、恋に現を抜かして恋から冷めたら

「いい夢見させてもらったぜ!」

でも別に問題はないのでそれはそれでいいのかもしれません。
(*^^;)

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment