『色づけ』はその人次第なので・・・


人がどんな世界的価値観で『自分が見るもの』に色づけして私の記事やチャットでの発言の内容を解釈して理解するかはその人それぞれです。

『起きる出来事は無色透明』

なので、色づけはその時の自分の心の状態による『世界的価値観』によるものです。

そしてその色づけは、私や他の人もそういう色付けで見るかといえば、そうではないのです。

その『色づけ』はあなたを中心とするあなたの世界の中でしか通用しなくて、私や他者のセカイでは通用する場合と通用しない場合があります。

だから私の記事やスピリチュアルTVのチャットでの発言、スカイプで私が話したことに対してどう色づけして自分が見ているかをその人が言っても、私も、そして誰でも、

「“あなたは”そう思うんですね」

だけになります。

その人の心の状態(意識レベル)、世界的価値観が変わってしまえば、同じ記事でも『色づけ』が変わり、言うことが違ってきます。

だから私の記事に対してなにをどう思ったかを内観することで自分がどういう思考をする心の状態なのかを知ることができるだろうと思いますが、自分を正当化してしまえば盲目状態になりますね。

普段のブログには顔写真も本名も公開していませんが、仕事用ブログへのリンクは貼ってありますのでそこから飛んでくれば私の顔や本名はわかります、仕事用ブログには私は顔写真も本名も公開していますし、ユーストリーム放送で顔出しで出演しているので私の顔や本名を知っている方は多いだろうと思いますから、私に匿名性はあまりありません。

顔も本名もネット上に公開している人が

「自分の発言に責任を持たない」

ということは基本的にはできないことですから、匿名性でないので発言したくてもできないこともあります。

(知ったことか!など「知らん」発言で責任逃れをすることは多少できると思いますが)

言い返したくても飲み込んで大人の配慮をする場合もありますし、相手にしない場合もあるし、特定の人のことを言う時に名指しでは言わない場合もありますが、名指しで言わないのは相手への配慮でもあります。

どう『色づけ』して見るかはあなたの心の状態、意識レベル、輪廻転生を含む生きて来た環境での体験などの世界的価値観によります、それはあなたのセカイの中でのことで私や他者の世界では通用する場合と通用しない場合がありますので、それはご承知いただきたいと思います。

ブログやチャットの発言だけで私(またはその人)をジャッジ(判断)することも、実は本当はできないことなのですが、自分の知っている情報だけでジャッジしてしまうしかないのは仕方ありません。

だからこそ、私のセカイとその人のセカイとのずれが生じるということになります。

そのずれを修正する必要がある相手ならずれが少しでもなくなるよう努力したりはしますが、ずれが生じたままでいいという相手ならなにもしないと思いますし、私は相手のことは本当には理解できないと思っているほうで、誤解は誤解させたままでもいつか分かる日が来るというのは本当だと思います。

愛を誓い合って結婚した男女が短期間で離婚するくらいなのですから、人間関係において恩を仇で返すようなことをするのは人は日常茶飯事的にしていますが、私もそういうことはあります、親切にしてくださった方と無理だとわかってお付き合いをやめることを選択した場合などです。

『恩を仇で返された』と思うのは基本的には自分の親切になんらかの見返りを求めていた場合です。

スピリチュアルTVのチャットでのことをご存知の方なら、私がなぜこういう記事を書いたのかはおわかりいただけることと思います。
顔も本名も公開していない匿名性の高さだといろいろ言える人もいるだろうとは思いました。

ただ、私はまたいつもどおりチャットには顔を出し発言します。

関連記事
スポンサーサイト