。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


人付き合いのことになるのですが、まず私自身は愛の意識レベルが高いと言われてしまいますがキネシオロジーテストで私の今の意識レベルを調べていないのでどうだかわかりません。

そして私はコミュニケーションスキルが乏しいです。

ネット上の文字でのコミュニケーションは本当にうまく自分のことが相手に伝わらないし、相手のことも伝わってこないし理解できないことには気づいていていましたし、会って話すのでもやはり自分の気持ちをきちんとは伝えられないし、相手も同じように自分の気持ちをきちんと伝えられなくて、しかも「自分の世界の価値観」でしか相手の言うことを理解しないため、お互いに相手の言うことを理解し合えないわけで、

「機械のこわさ」

のことを作業所の職員さんからお伝えいただき、機械(文字)でのコミュニケーションなんて決してできないのだということをお伝えいただき、なるほどと思いました。

私は基本的に人間が苦手なので人付き合いもあまりしてこなかったのですが、そんな私でも初めから違和感なくスムーズにお付き合いができる人というのが何人かいて、その人たちはたいてい私と同類の人で“心の綺麗な”聖職者の魂の方々です。

ですがそれ以外の方々は私はスムーズなお付き合いというのはできたことがありませんし、たいてい最初からなんらかの“違和感”を感じながら、

「この人はどんな人かな?」

と手探りで付き合い始めます(交流を取り始めますという意)。

それでとりあえず手探りで仲良くコミュニケーションを取っていくのですが、その相手とのやり取りの中で、

「んっ?」
「んっ?」

という、違和感や不快をどんどん感じ始め、

「あ、この人とは付き合っていくことはできないな」

と判断したらその人との付き合いをやめる発言をして、その後は相手が近づいてきても無返事無対応をして離れていけるように努めます。

そうすると相手が大人な心の持ち主でない場合、こちらがもう「付き合う意志がない」ことを示す無返事無対応をしても相手はこちらと付き合いたい意志があると引くことをせずこちらに向かってくる人もいるので、ほとほと困ってしまいます。

『無返事』という返事も立派な返事なのです。

『無返事』『無対応』というのは、

「あなたと付き合う意志はありません」

と態度で示して言っているのです。

そうすると子供な人はこちらの無返事無対応を、「いじわるだ」とか「裏切り者」とかジャッジし、それを周囲の人に

「私はこんなにひどいことされているのよ」

とばかりに言いふらし相手を貶める言葉を言って攻撃しますが、あまりにも子供すぎます。

「子供」という言い方はちょっと柔らかい言い方なのですが、別の言い方をすると「幼稚」という表現になります。

私は子供な方は好きじゃありません。

それに、

「親しき仲にも礼儀あり」
「礼儀は人と人との間を美しくする」

という言葉が好きでそういう対応を好みますし、私は基本的に話す言葉が丁寧語が普通語なので馴れ合い言葉は美しくないのであまり好みませんから、丁寧語を普通語として使わない方はそれだけで私はあまり近づきません。

もちろん、仕事先やなんらかのコミュニティ内では完全無視というわけにはいかないので最低限のお付き合いをしますが、馴れ合い言葉を使われるたびに私はやはり違和感を感じて不快な思いをします。

※中には馴れ合い言葉がとても似合う自然体な意識の高い方もいてそういう方はそれなりに受け入れられますがそれでも丁寧語を使って欲しいと思います

キネシオロジーテストにおける意識レベルが高くなると美しい言葉(丁寧語や尊敬語・謙譲語、雅言葉、貴族が使う言葉)を好むようになりますが、馴れ合い言葉が親しみのある言葉だと思っている方々は心が子供過ぎるか、話している相手を子供だと思っているかだと思います。

さて、「この人どんな人かな?」と手探りで付き合い始めているうちに違和感や不快をいろいろ感じて、付き合う意志がなくなって付き合いをお断りする発言をして無返事無対応をして意思表示して離れていこうとされた場合、それをしている方はあなたのことが嫌になったのだからあなたがどんなに相手に近づきたくても引いてあげて離れていってあげるのが大人の対応、そうしてあげることです。

あなたが相手に好きという感情を持っていようが憎しみという感情を持っていようが、相手があなたを嫌がって離れていこうとしているのなら引いてあげて離れていってあげるのが大人の対応、そうしてあげることです。

片想いはどうしたって片想いです、相手に興味をもたれなかったり相手が嫌がるのなら相手に近づけません。

家族や会社や所属しているコミュニティ(リアルで会って同じ目的をもって一緒に活動するコミュニティ)の者同士ではないなら義務で付き合う必要はないので、「この人とは付き合えないな」と思ったら相手と付き合うのをやめるという「離れる自由」があります。

クラスメイトで付き合わなかった人だっているはずです。

家族同士でも波長が合わなくて離れて疎遠で生きていく場合があるのですから、他人同士なら付き合えないと判断すればさっと離れていくのは当たり前のことです。

そもそも、相手を貶めるような発言や相手に対して攻撃的な発言をしているのなら、相手に近づけなくて当然です。

小学生の男の子が好きな女の子に近づきたくていじめるというのがありますが、そんなことをすればその女の子はその男の子のことを「自分をいじめる人だ」と思って嫌になるから決してその女の子に好きになってもらえないのと同じです。

『覆水盆に帰らず』
『一度失った信用は二度と取り戻せない』

です。
発する言葉は気をつける必要があります。
(私はブログを書く上で反感を買う記事を書くこともありますが)

出会った人と自分が付き合えるかどうかを見定めるために交流を取っていった上で、なんらかの理由で「付き合えないな」と思って付き合いをやめるというのは人付き合いの中でよくあることです。

『波長が合わない』
『住む世界が違う』

と思ったほうがよろしいでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.07.03 / Top↑