。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


シックスセンスビジネスにはただの詐欺師や高いレベルの能力ではない人もいるところですが、それでも

「その人に依頼するからにはその人を信じる」

気持ちが大事で、セッションを受けている間はよほどおかしな悪意あるメッセージじゃない限りそのメッセージを素直に受け止めて、そしてセッションを受けた後にその内容はどうだったかについて考察したりするのがいいと思っています。

自分に活かせるメッセージなら良しだと思うので、それにより詐欺師や高いレベルでない能力の人がまかり通ってしまうビジネスというわけです。

そして不思議なのは、霊能力・シックスセンスを持つプロが決まって言う言葉が、

「本物の能力を持ってない偽者が多いんですよ。」

というもの。

これはシックスセンスビジネステクニックの1つであるし、シックスセンス詐欺をする上での詐欺テクニックの1つとも言えます。

「他の能力者は偽者、でも自分は本物ですよ」

と他の能力者をばっさり否定することで「自分は本物だ」アピールをして、また自分が本物の能力者である過去の例などをちろっとにおわせてクライアントさまに信頼させようとするんです。

ちらっと聞いたことがあるのが、

「本物の霊能力者は自分が本物だなんて言わない」

というものです。
それも一理あるのではないかと思います。

霊能力の正確性を証明するとなると物質世界的でないものに関しては証明が難しいので、それゆえに自分の霊能力やシックスセンスを本物だということができないからです。

※視えているものを絵に描いたり、亡くなった人の持ち物や服装やよく言っていた言葉や嗜好していたことなどを言ったりすることで、クライアントさまが

「それは私たち家族しか知らないのに」

となり本物の霊能力だと思うケースはありますし、霊能者が行ったことのない土地の人に知られていない物質的なことを言い当てたり、その土地の歴史や言い伝えを調べたらメッセージの通りだったとかそういうことで本物の霊能力だと思えるケースはあります。

その人が本物の高いレベルの霊能力者であるか、実はただの詐欺師や高いレベルの霊能力ではない人だとしても、実はあまり関係はなく、
『自分に活かせるメッセージ』なのかどうかなのです。
ただ、シックスセンス詐欺師の場合はその人のお金がなくなるまで搾り取り続けますから、こちらから依頼していないのに恐怖をあおるようなことを言って依頼させようとしたり、「これをすればよくなりますよ」と言って依頼させようとしたりなど、プロ側から依頼勧誘話を持ってくるのでそこで見分けがつきますので頭に留めておいていただければと思います。

もし、

「あなたに魔が近づいている」

的な目に見えないことで恐怖をあおることを言われたら、奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんにお守りをお願いするか、大天使ミカエルさまを呼んで守護してくださるようお願いしましょう^^

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの紹介文はこちら
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1406.html

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.07.27 / Top↑