。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


モニター募集コミュニティの私が立てた『聖霊とつながるワーク』の募集トピックで私に絡んで来た人がいて、

「『レイキ』はカトリックで禁止されています」
「聖霊とはこういうものです(とウィキペディアの文章の引用をしたりした)」
「聖霊とレイキとなんの関係があるのですか」

とおっしゃるので、聖者デヴィッド・ホーキンズ博士がキネシオロジーテストでレイキの意識レベルを計って300台の愛のレベルの数値が出ていますとお返事したら、

「ホーキンズ博士は無神論者です。その博士が聖霊について語っている箇所を提示してください」

とおっしゃるので変だなと思ったのです。

なぜなら、デヴィッド・ホーキンズ博士の洋書も含めて読まれている方が、ある悟りを伝えている方について、

「彼の悟りは神とはまったく無関係のアホらしい悟りです。その証拠に、デヴィッド・ホーキンズ、道元、マイスター・エックハルトなどが語る悟りの世界とは似ても似つかないです。」

とおっしゃっていたので、デヴィッド・ホーキンズ博士は無神論者じゃないはずなんだけど・・・

と思って、検索をかけてみたところ、その方が言っている無神論者のホーキンズ博士って、

『スティーヴン・ウィリアム・ホーキング』

という理論物理学者なのではないかと思いました。

このホーキング博士は無神論者で、天国とか霊などを否定している方だったそうなので・・・

私が言っているホーキンズ博士というのは、キネシオロジーテストの研究をされた、ニューヨーク1の精神病院の先生だった、イエス・キリストとブッダの境地に立たれたと言われている聖者であられる、

『デヴィッド・R・ホーキンズ博士』

この方です。

デヴィッド・ホーキンズ博士解説サイト
http://drhawkins.jp/

管理人さんを見たらスピリチュアル王子だった・・・

ホーキン『グ』じゃなくて『ズ』。

さて、デヴィッド・R・ホーキンズ博士の『わたし<真実と主観性>』を読み始めたら、最初の方でデヴィッド・ホーキンズ博士はご病気になられてもう最後の瞬間が来た時に、頭にふっと、

「もし、神が本当に存在するのだとしたら?」

という言葉が頭によぎり、

「神よ、あなたがいらっしゃるのなら、どうかわたしを助けてください。」

と神さまに語りかけて意識を失い、意識を回復すると何か途方もなく大きな変容が起こっていて、沈黙と畏怖の念が広がっていた、ということが、『わたし<真実と主観性>』の19Pに書かれていて、また、デヴィッド・ホーキンズ博士の勤務する精神病院にいらした女性の患者さんの診察を行っているとき、ふと頭に、

「神よ、私が彼女に対して何をすることを望んでいるのですか?」

と問いかけるとその女性の患者さんがただ愛されたいだけだということがわかって、ただそれだけでその女性の患者さんの目が輝き始めたりしたという話が23Pに書かれています。

また、数年間口を聞いていない緊張病の患者さんの心にデヴィッド・R・ホーキンズ博士の『自己』が直接こう語りかけたそうです。

「自我があなたにしてきたことに対して、あなたは神を非難しているのではありませんか?」

するとその患者さんは床に飛び降りて話しはじめたと23Pに書いてあります。

まだこの本、これを書いている時点で最初の方だけしか読んでいませんが、このことから、デヴィッド・R・ホーキンズ博士が無神論者ではないことがわかります。

私はちゃんとあのトピックに『聖者デヴィッド・R・ホーキンズ博士』と書いたのですが、どうもみなさん『スティーブン・ウィリアム・ホーキング』博士と間違えるみたいです。

ちゃんと『聖者』ってつけて記載しているんですけれど、スティーブン・ウィリアム・ホーキング博士って、聖者として有名なのでしょうか?

とにかく、『わたし<真実と主観性>』をなるべく早く呼んでデヴィッド・R・ホーキンズ博士のおっしゃっていることについて勉強しないとです。

わたし-<真実と主観性>

http://www.amazon.co.jp/dp/490382165X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1439807510&sr=1-1&keywords=%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97+%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%A8%E4%B8%BB%E8%A6%B3%E6%80%A7



関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.08.16 / Top↑