自然と思考する気持ちがなくなってきてはいるのですが・・・


2015年9月の9日(水)のスピリチュアルTVのテディさんが主催している、『悟りのサポートトーク サットサン』(スカイプ)で、テディさんに質問してみました。

『サットサン』でのことは口外しないようにとのことなのですが、それはどうやら他の人のことは口外してはいけないということで、私のことなので書いてもいいのではと思います。

テディさんに、

「エゴ(自我)は静寂を怖れますか?」

と聞いてみたのですが、エゴが静寂を怖れるのではないようです。

なぜこのような質問をしたのかということをテディさんに話しました。

「私は最近、思考してもしょうがない、思考しても意味がない、思考したことは現実に起きていないことなので消え行くものに過ぎない、なのに私は過去の出来事をあれこれ思い出して反芻してしまうんです。

思考する気がなくなっているのについ過去のことを思い返してしまうので、どうせ思考するなら、未来にと言うかこれをいずれ実現したいということについて、どうしたら実現できるか、アイディアをひねり出してみたりするような思考をすればいいのにと思います。

もう思考する気持ちにならないのに過去のことをあれこれ思い出してしまうんです。」

と伝えたら、テディさんが、

「しおんさん、とてもいいところまで来ているんですよ。」

とおっしゃってくださった上で、しおんさんは思考癖がついているからだとおっしゃいました。

でも、今のこの自然と思考する気がなくなっている心の状態は、悟りにとても近づいているということのようです。

私は2000年か1999年の終わりごろに、1日思考が止まってしまう状態になったことがあり、これは悟りの前段階の目覚め体験だそうなのですが、仕事もこなせたし人に話しかけられれば受け答えはできたし、食事もできたしお風呂も入れたし電車も乗れたし、買い物もできました。

でも考え始めると考え続けることができなくて、思考が止まり、頭がとても静かなのです。

なので思考する必要がないときは思考が止まってる頭の静かな状態になれたらかなり心がらくになるだろうと思っています。

思考してはいけないわけではないですし、過去のことを思い返してはいけないわけではないのですが、過去のことを思い返してもあまり意味はないので、私としては同じ思考するのなら自分が実現したいことについて思考できればいいのに、創造力がなさすぎてそれができない状態です。

悟りを得られているある方から瞑想を何度もおすすめされているのですが、先日瞑想は2時間くらいやるものだと思っていることを伝えたら、10分か20分でいいのだと教えていただき、びっくりしました。

私がやっている聖霊治療も広義の意味で瞑想だそうなのですが、心を静かにして浮かんでくる思考は流すようにする10分か20分の瞑想に無理せず取り組んでいきます♪


スピリチュアルTV
http://spiritual-tv.com/
(スピリチュアリティの大学院。スピリチュアル中・上級者向けです。)
スピリチュアルTVはご寄付で運営されており、ご寄付されるとテディさんがあちこち取材に行けるので番組内容がよくなります♪

なお、スピリチュアルTVのチャットはこちらのページ↓のほうが文字入力がしやすいです

http://www.shoutmix.com/v3/chat.php?id=teddybear3#



関連記事
スポンサーサイト