NO6 友達とスピリチュアルな話で盛り上がりました♪


『友達とスピリチュアルな話で盛り上がりました♪』のその5の続きです。

私がオラクルカードのプロとして活動していた時、ブログを見た方から無料セッションの申し込みがあり、それをきっかけに友達になりたいと思ったと言われたので、友達としてではなく、とりあえず交流をとってみましょうとお会いしたら、2回目にお会いした時にその方がご自分の身分を告白なさって、それでどう考えてもそういうご身分の方とつながりを持つわけにはいかなくてどうしたものかと思ったんです、と話したら友達もその方のご身分を聞いて「えっ」とびっくりした声を出されました。

でも後日別の理由でその方とのお付き合いをお断りして関係を切ったのですが、そういうご身分の方との交流は固くお断りしますというのを利用規約にちゃんと書かないとダメなんだ、そこまで記載しないとダメなんだ、って思ったけど、利用規約ってちゃんと読んでもらえるのかどうかわからないし、ブログってデメリットがあって検索でその記事だけ見に来てすぐにコメントされてしまうから、トップページをちゃんと表示してブログ利用規約を読んでもらえないし、トップページを表示させても読まないのかもしれないと話し、

自分の身を守るために現実的対処として利用規約を書いて禁止事項を書いているけど、それを読んだ人からこの利用規約は恐れがいっぱいだ、恐れがあるうちはスピリチュアルヒーラーなんてやれないんだと言われたりしたんだ、そういう問題じゃないだろう思ったと友達に伝えたら、それはおかしいです、現実的対処はしっかりしないとならないと友達はおっしゃってくださいました。

法律的に有効かはわからないけれど、利用するならこれを守ってくださいねと提示してあって、コメントに関して否定・反論コメントは求めていないことを利用規約に記載しているのに、攻撃コメントを書く方がいて、法律的に有効ではないからとか、発言の自由があるからとか、怒りを発散したいからいい人間サンドバック見つけたとかで攻撃コメントを書くのかわかりませんが、たいていは攻撃のコメントばかりが来て共感コメントって滅多にないですと伝えると、共感するひとは「あ、いいね」で終わってしまうからっておっしゃるので、やっぱりそうですよね、もうコメント受け付けない設定で記事投稿しているんですよと伝えました。

あと、プロとして活動していたときも、今現在もこれはどうしたものかと思いあぐねていることがあるんです。

その7に続く・・・

関連記事
スポンサーサイト