聖骸布から再現したイエスさまのお顔にさほど違和感を感じませんでした


イエス・キリスト でユーチューブを検索して動画を観ていたら、

【動画】聖骸布に基づくイエス・キリストの体と顔の再現の試み
https://www.youtube.com/watch?v=_1iFVnre1MU

という興味深い動画を見つけました。
本物の聖骸布からコンピュータで再現しているのだと思いますが、再現されたイエスさまのお顔に違和感をそんなに感じません。

そういえば、私は聖母マリアさまってゆるいウェーブの金髪だと思っていたんです。
それで成田美名子さんの『エイリアン通り』(エイリアン・ストリート)という少女漫画の中で、主人公のシャール君が演劇で聖母マリアさまの格好をしていて、その絵で聖母マリアさまが黒髪で描かれていたのでびっくり仰天したことがあったんです。

それなのに成人男性のイエスさまのお姿が、焦げ茶色のゆるいウェーブの長髪でおひげを生やしている美男子というそのイメージのお顔が、自分の中でまったく違和感を感じないというのがどうしてなんだろうと、不思議であることに気づきました。
(*@0@;)

今、友達が貸してくださっているキリスト教関係の本の中に、イエスさまは特に神の子として目立った特徴があったわけではなく、美男子でもなかったというような文章が書かれていたんですが、だとしたら人類の願望として聖母マリアさまもイエスさまも美男美女でイメージされているため、そのイメージのお顔に多くの人が違和感を感じないということであれば、ユダヤ人は基本的に美男美女が多いということなのだろうかと思わざるを得ないです~

聖母マリアさまとイエスさまが美男美女であるかどうかは、神への信仰となんの関係もないことなのですが、美男美女好きな私としては、聖母マリアさまとイエスさまは美男美女であって欲しいという欲があります。

そういえばお正月とクリスマスに私のレム睡眠の夢に出てきてくださったイエスさまも、とても美男子で、髪の毛の色は濃い目の栗の皮の色で、肩より少し長いゆるいウェーブがかった長めの髪の毛で、おひげは生えていなくていばらの冠も被っていませんでした。

イエスさま・・・
聖母マリアさま・・・

お会いしたいです♡
(*´ 0 `*)

。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。
~上記記事を書いた1時間後談~

さらに イエス・キリスト でユーチューブで動画を探して観ていたら、聖骸布が本物かどうかについて科学的に調べたことについての日本のテレビ番組の動画が引っかかりました。

トリノ聖骸布は本当か?
https://www.youtube.com/watch?v=0acc2CF69fA

レオナルド・ダ・ヴィンチによって作られた写真のネガではないかという仮説があるそうですが、炭素14のなんちゃらいう測定できちんと調べなおした結果、聖骸布は1900年前のものと測定されたとかで、本物なのか作られた物なのかわからないのだとか~

あっ、たぶんこの炭素14のなんちゃらいう測定は20世紀に測定されたのだと思います。
20世紀に測定されたのなら1900年前のものだとしたら、イエスさまの時代だということになりますね。

ダ・ヴィンチが作ったものなのだとしたら、信仰を得るためにこういうものを作るあたり、やっぱり多くの●●●が目当てであるとも言えるのではと思いますね~~~

宗教はやっぱり●●は目的にありますし、ユニセフや国境無き医師団やNPO法人だってブルーノさんの交友会だって、やっぱり●●は多く集まらないと活動できませんしね~

ところで、神さまは人間のことなどお見通しで、科学が発達することだってお見通しのはずなのですから、科学技術の発達で自分への信仰がゆらぎ自分が否定されるなんていうことになるようなセカイはお創りにならなかったろうなんて思いますが、そういえば量子力学とかいう私にはさっぱりわからない最新科学によって、やっと科学が宗教に追いついたなんて話を聞きましたが・・・

理科すらも学ばなかった私でもわかるような量子力学の本があったら、量子力学による宗教の世界についての科学的証明とかの本が読みたいです。

できれば今年中に、

物質のすべては光
http://www.amazon.co.jp/%E7%89%A9%E8%B3%AA%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AF%E5%85%89%E2%80%95%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E7%89%A9%E7%90%86%E5%AD%A6%E3%81%8C%E6%98%8E%E3%81%8B%E3%81%99%E3%80%81%E5%8A%9B%E3%81%A8%E8%B3%AA%E9%87%8F%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4152090979%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dblog-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4152090979

という本は読みたいです。

関連記事
スポンサーサイト