職員さんは悩み相談をお金をいただいてやることにご理解がありました


昨日、お昼休みにB型作業所の職員さんにビジネスでお金を得ることも目的に入れて心のお悩み相談を占い鑑定会社など悩み相談会社に所属してやることも視野に入れていることを考えていることについて聞いていただきました。

作業所の職員さんはビジネスでの心のお悩み相談をお金をいただいてしてもいいものだということにご理解がありました。

職員さんも、ちゃんと、

「心の悩み相談のプロの人たちだって生活をしているのだからお金が必要なんだから、心のお悩み相談でお金をいただくのは当たり前のことです。
ビジネスでお金を得ることも目的に入れて心の悩み相談をやったっていいと思いますよ。」

と・・・

ちゃんとわかっていてくださいました。
(*^^*)

考えてみたら、福祉も、介護は愛の奉仕だけどお金をいただいて働いていますものね。

占い師さんって人気商売だから、人気があってもその日に『ご指名』がなければ収入0円の日もあるし、鑑定会社に所属していても人気がなかったらご指名はありませんからまったくお金が稼げない場合もあるんですよね。

ご指名があっても、あまり人数はこなせないんです。
なぜなら霊的エネルギーと精神的エネルギーをたくさん使って、体力も使って、頭脳戦なので頭をフル回転してセッションをしますし、霊能力やシックスセンスでの霊視もプラスしてする人はかなりエネルギー使いますし、クライアントさまからネガティブエネルギーももらってしまうからなんです。
(ネガティブエネルギーの影響を受けないのはかなり愛の波動が高くないとならないです。聖者のレベルじゃないとネガティブエネルギーの影響を受けます)

私の友達で占い師をしている方がいらっしゃいますが、2時間セッションをしたらもうクタクタだとおっしゃっていましたので、そんなに稼げないと思いますよ。

私は今のところオラクルカード対話カウンセリングは3~6時間セッションしますが、6時間は終わると即寝転がって5時間は眠って休みますから、時給3000円としても6時間で18000円ですね。

毎日ご指名があればいいけれど、無い日は無いわけだから、よほどご指名が途切れない占い師さんでないとさほど稼げないと思いますよ。

私がお金を得ることも目的として心のお悩み相談をビジネスでお悩み相談会社に勤務してやることも視野に入れ始めたのは、将来的に姉と一緒に暮らす日がなきにしもあらずになったからです。

姉が若い頃の私と同じ道を歩みそうなので、いずれ倒れて生活保護で一緒に暮らす可能性もあるので、自分で稼げる仕事をしてお金を得られないとかなり生活厳しいな・・・と・・・

あと、自分がプロとしてどこまで通用するのか、やってみたい気持ちもあります。

名古屋精神障害者家族会のピアカウンセリングも考えているので、タイミングが合ったら名古屋精神障害者家族会のほうに電話してピアカウンセリングメンバーになれないか聞いてみようと思います。

やっぱりね、心のお仕事はしたいんですね。
(*^^*)

ただ、心のお仕事でご指名がなくて稼げないなら、プロとして通用しないということだから、そうなると愚痴聞き・悩み相談サービスのお仕事ならできるのかもです。

関連記事
スポンサーサイト