。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


9月だったかそれとも8月だったか忘れましたが、前にイオン熱田の占いコーナーで『ОSHО禅タロット』で心の状態を見てもらったという日記を書きました。

その時、実は別の占い師さんに、四柱推命でお仕事についても見てもらったのですが、四柱推命で見てもらったら平成27年の今年は最悪の年だと言われたんですね。

ですが平成25年か26年だったかしら、西洋占星術で仕事について見てもらったとき、平成27年になったらお金が入ってくると言われたんですが、平成27年って今年で、お金は500円~1500円くらいの小額だけれど作業所で働くようになったので少し入ってきてはいるんですが、西洋占星術では今年は良い年だったようなんです。

日本人の場合、星占いは東洋占星術のほうが的確なのか、西洋占星術のほうが的確なのかって疑問が湧き起こりますが、きっとどちらであっても自分に当てはまる部分を採用すればいいんだろうと思います。

西洋占星術では私は記憶力は悪くないと言われるんですが、四柱推命ではサンペキ木星なので、

「三歩歩いたら忘れちゃう」
「一晩寝たら忘れちゃう」
「だからすべてメモを取らないとダメ」

と言われたことがありますが、ほんとにその通りで、細かい暗記力がほとんどなくて、かなり大雑把に覚えて、そしてすぐに忘れてしまうので、復習、復習、復習なんです。

正確に言うと脳はどうやらかなり細かく記憶しているようなんですが、『思い出す能力』に極端に欠けていると言ったほうがいいようなのです。

なので記憶力に関しては四柱推命が的確で、西洋占星術は的確じゃないってことなんだろうと思います。

西洋占星術、東洋占星術のどちらでも見てもらって自分が心当たりがあって当てはまるものを自分の傾向として採用するのがいいんだと思いますが、一度自分という人間がどういう傾向にある人間なのか、また自分という宇宙の縮図を深く見てもらいたいものだと思います。

そういえば、以前、バイト先に手相を見られる女性がいらして、その女性が私の手相を見て、

「30代で大病する。それはかなり長く続く。でも治る。」

っておっしゃっていたんですが、それ的確なんです。

29歳(数え年で30歳)で統合失調症になりこれは大病で長く続いているし、34歳で糖尿病になりこれは一生付き合っていかなくてはならない病気だったりします。

「でも、治る。」

なんですが、レイキやフラワーエッセンスや奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの聖霊治療や神さまに真剣にお願いしたことで、幻聴は普段聞こえなくて、すごく心の調子がよくなってキネシオロジーテストで計る意識レベルの数値も悟りのレベルの700以上が出ているくらいなので、もしかしてほんとは統合失調症って治癒が起きていてほんとはお薬飲まなくてもいい状態なのかもしれないんです。

占いをする時、特定の質問に対して占術で見てくれますが、私は

「私という宇宙の縮図を教えてください」

で多角的に見てもらって「自分を知る」ということをしてみたいなぁって思ったりします。

そうそう、四柱推命では「水に関する仕事が向いている」と言われ、西洋占星術では「目に見えない世界に非常に関心が高い」と言われ、『魂の目的~ソウルリーディング』では「生まれつきのヒーラーです。手からエネルギーが出ています」と言われ、また別の方が四柱推命で見てくださったときは、「エネルギーヒーリングに向いている」と言われました。

霊的なことや心についてなどの目に見えないことで、水もしくは液体に関するものでヒーリングとなると、フラワーエッセンスやアロマオイルやオーラソーマ、そしてスピリチュアルなこころのお茶会なんかが思い浮かびますが、思い出す能力に欠けていてもできるお金がいただけそうなことってなにがあるんだろうかと思います。

そういえば、お茶を煎れるのが上手いって言われるんです。
お茶って癒しのタイムで心のお喋りをしたりするなら、お茶会開催がやっぱりいいのかな・・・

そういえば、今、占い雑誌ってなにがあるんでしょう。
久しぶりに読んでみたいです。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.10.01 / Top↑