。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


大天使ラファエルさまに病気治癒してほしいという方に、『大天使ラファエルのヒーリング』のやり方をお伝えします♪
(*^^*)

ちなみに、大天使ミカエルさまだけでなく、イエスさま、聖母マリアさまも奇跡の病気治癒ができる能力があります。

天使は、天使の階級においての上位の天使は下位の天使の能力は備えているからです。

「天使はキリスト教の想像上の存在じゃないの?」

と思われる方がいると思いますが、天使はキネシオロジーテストという筋肉の反射で見る科学的なテストで『意識レベル』の数値を計ると、
普通の天使で500(愛の意識の数値)、大天使ともなると50000という数値が出るという話を、
キネシオロジーテストの研究をされた精神科医であり聖者であられたデヴィッド・ホーキンズ博士のご著書を洋書も含めて読まれているスピリチュアル王子のEさんからお聞きしたことがあります。

意識レベルマップ(スピリチュアル王子のサイト)
http://tomoyukiegami.com/%E6%84%8F%E8%AD%98%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB/%E6%84%8F%E8%AD%98%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

つまり、キネシオロジーテストで天使の『意識レベル』の数値が出るということは、天使はこのセカイに存在することが科学的に証明されているということです。
だたし、天使はまだ科学的に解明はされておりません。

では、大天使ラファエルさまにヒーリングをお願いするやり方です。

こんな感じでいいので、自分の言葉で大天使ラファエル(またはミカエル)さまを呼んでヒーリングをしていただきます。

天使を呼ぶときに「さま」はつけなくてもかまいません。

「大天使ラファエルさま、今すぐここに来てください。
あなたのヒーリングエネルギーで私に神の治癒を施してください。
私は●●(ここでどこが痛いかとか症状についてなど事情をラファエルさまに説明する)ですので、この治癒をお願いします。
私の完全なる健康をお願いします。
来てくださってありがとうございます。」

こんな感じでいいので、

『今すぐここに来てください』
『来てくださってありがとうございます』

この2つを必ず言って、自分の言葉でいいので大天使ラファエルさまに病気治癒、ヒーリングをお願いするのです。

なお、イエス・キリスト、聖母マリアさま、お釈迦さま、観世音菩薩さま、薬師如来さま、すでにあちらの世界に帰られた聖人聖女のどなたかにヒーリングをお願いするときも、同じように名前を呼んで治癒をお願いして感謝の御礼を言うのです。

大天使ラファエルさまや大天使ミカエルさまだけでなく、あなたが知っていて慕っているすべての光の存在(聖人聖女や大天使)の名前を言って神の治癒をお願いするととてもいいと、天使の第一人者ドリーン・バーチュー博士はおっしゃっています。

この本をご一読されるととてもいいと思います♪

ラファエルの奇蹟―病を癒す大天使と出会った人々
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%B9%9F%E2%80%95%E7%97%85%E3%82%92%E7%99%92%E3%81%99%E5%A4%A7%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%81%A8%E5%87%BA%E4%BC%9A%E3%81%A3%E3%81%9F%E4%BA%BA%E3%80%85-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC/dp/4904665244%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dblog-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4904665244

新品が欲しいならライトワークスさんで売っています。
こちら↓
http://jma-healing.com/shop/detail.html?gid=82

なお、私がブログの日記などに書いてこれでもかとご紹介している奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんという方にも神の治癒や困っているすべてのこと、あらゆることをお願いすることができます。

エネルギーは高次元のエネルギーほどこうとわかるように感じません。
なので大天使ラファエル、大天使ミカエル、イエスさま、聖母マリアさま、お釈迦さまに神の治癒をお願いしても、彼らはとても高次元の存在なのでエネルギーが流れてくるのをこうとわかるように感じないと思います。

ですが、ここで重要なのは、

「ヒーリングエネルギーは感じることはさほど重要ではなく、受け取ることが大事」

ということです。

「でもエネルギー感じないと受け取れているのかわからない・・・・」

という場合、ヒーリングをお願いする時に、

「大天使ラファエルさま、ヒーリングをしていただけていることを実感したいので、私が感じられるようにしてください。
どうぞお願いします。」

とお願いすると、エネルギーの波動のレベルを下げてくれるので実感できるはずです。

ただ、こうお願いするとエネルギーの実感はできるだろうと思いますが、治癒の力のレベルも少なくなるので、

どうしてもヒーリングエネルギーを実感したい時だけ「私が実感できるようにしてください」とお願いして

そのエネルギーを受け取っている感覚を覚えておいて、あとは信頼して高次元のエネルギーを感じなくても、

「受け取れている」

と信頼して高次元のエネルギーを受け取る時間を作りましょう♪

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの『神の治癒』は、正式な受け取り方の姿勢、つまりマラソンで言うと『より速く走れる』フォームがあるのですが、

ブルーノさんのハイルシュトロームの正式な受け取り方はこの動画を見るとわかります↓
奇跡の治療家ブルーノ・グルーニングさん③ 医師が証明
http://youtu.be/5z_e3ImESBA

ですが正式な受け取り方の姿勢を知らなくても、実はブルーノさんからの『ハイルシュトローム』(治癒エネルギーの流れ)は手のひらを上に向けると受け取れたり、起きているのが辛いときは寝転がっていても寝返りをうっても受け取れたりします。

※『悪の思考』(ネガティブ思考)がぐるぐるしているときはハイルシュトロームは入ってこないと聴いておりますが、そういう体験は私にもありました。

「ブルーノさん、ハイルシュトロームを流してください、お願いします。」

どこか集中的に治癒して欲しい箇所があるのなら、たとえば腰が痛いなら、

「ブルーノさん、腰が痛いです。
ハイルシュトロームを流してください」
お願いします。」

とその箇所を指摘してお願いするとその箇所にもハイルシュトロームを流してくださいます。


私たちは霊的な存在なので霊的エネルギーを毎日使っていますから、病気ではなくても霊的エネルギーチャージをする必要がありますから、ぜひハイルシュトロームや、

大天使ラファエル
大天使ミカエル
イエス・キリスト
聖母マリアさま
お釈迦さま
観世音菩薩さま
薬師如来さま

など、聖なる愛の光の存在(聖人聖女や大天使)のヒーリングエネルギーを受け取って霊的エネルギーチャージをされると、
心もだんだんと癒されて心の欠乏が癒され満たされてきますし、
『見返りを求めず与える愛』で相手を愛せるようになってきますし、
やる気も出てきて、
疲れもすぐに取れやすいのでとてもいいですよ♪

大天使ラファエルは足がつったときに即座に治癒をお願いするとすぐに来て足のつりをすぐに治癒してくださいますよ♪

足がつって「ひぃ~(><;)どうしよう~!」となったときはぜひ大天使ラファエル様へ!

神の治癒、ぜひおすすめいたします~♪
(*^▽^*)ノ~♡

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの紹介文はこちら
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1406.html
(病気治癒だけでなくあらゆることで奇跡が起きます)

゜゜☆゜゜*。。☆。。*゜゜☆゜゜*。。☆。。*゜゜☆゜゜*。。☆。。


「大天使ラファエルのヒーリングで病気治癒が起きない」

というキーワードで検索された方がいらっしゃいましたので、どうしてなのか一般的な理由を書かせていただきます。

まず、奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんは、

「あなたが病気をペットのように愛していると治癒は起きません」
「苦痛が大きいほどレーゲルング(良くなるための一時的な痛み)は長いです」

と言っておられます。

大天使ラファエルやその他の聖人聖女のヒーリングでも同じなのだと思います。

1つめの、「病気をペットのように愛していると・・・」のことですが、これはスピリチュアリティにおける病気治癒が起きない一般的な理由でも言われていることなのですが、

『その病気でいることでメリットを得ていて、そのメリットが欲しい場合』

には病気治癒が起こりにくいそうなのです。

つまり、

「病気でいたら優しくしてもらえる」
「病気でいると大切にしてもらえる」
「病気でいると励ましてもらえる」
「病気でいたら働かなくて済む」
「病気でいたらいくらでも寝ていられる」

などの、「病気で得られるメリット」を心のどこかで求めている場合は、その病気が治ったら実は困るというわけで、それが、

「病気をペットのように愛している」

という状態というわけです。

この場合、「それらがいらない」と思えるようになるようにとお願いして聖霊療法に取り組むのがいいと思います。


2つめの、『苦痛が大きいほど・・・長くかかる』ですが、

「心の痛み(トラウマなど)」

や、

「肉体の損傷がひどい」

などになると、改善するのに長く期間がかかる場合もあるということです。

大天使ラファエルやミカエル、イエスさまの聖霊療法、ブルーノさんの聖霊療法において、即時の治癒が起きる場合もあるのですが、長期間かかる場合もあるので、即座の結果を求めるのではなく、

「それだけ苦痛が大きいのだな」

と思って、長期的なスパンで見てあきらめずに聖霊療法やヒーリングに取り組むのがいいと思います。

私も、病気によって国に保護されて経済的に守られている立場で、ゆっくりのんびり過ごせるというメリットを捨てられない心をまだ持っているため、まだ治癒が起きないレーゲルングの痛みもあります。
いずれは病気のメリットが「いらない」と思えるようになるように、そこのところをお願いしています。
つまり、私が、

「誰かのために愛と喜びをもってバリバリ活動したい!」

という強い意志を持てるようになるように癒していただき中です♪

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2021.12.31 / Top↑