。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


私には「優しくする」はできても「愛する」はできないのだと。

それを認めてもいいのだと今日思いました。

キリスト教的概念があるため、「愛すること」「隣人愛」がとても大事だとそれに捉われていて、

「愛せないことはいけないことだ!」

という強い思い込みがあったのだと思う。

おそらくイエスさまやお釈迦さまがおっしゃっている『慈愛』『慈悲』『隣人愛』は、大聖者のレベルでできる悟りの境涯、愛の境涯なのだと思う。

なんというのかな、私の心は、

『透明な水』『空気』『何もない宇宙空間』

みたいな感じなんです。

思考と思考の合間の透き間の『無』がそのまま自分の心って感じの。

そこに「愛してる」とか「好き」とかそういう『思考』はないんです。

ですが今、気になる人がいて,

(感情的に「好き」なのかな?)

と思って、それは

「私の感情」

なのか、それとも

「私の過去世の人の感情」

なのかどちらなのかなって思うんです。

今日その気になる人とお会いして帰宅して落ち着くまで思考が捉われていたけれど、今、捉われていないので

「あれ?」

という感じ。

私は私独自のオリジナルな心で生きていると思ってしまうけど、たくさんの『過去世の私』が私に影響しているみたいな話を前世療法の話では聞くので、もう過去世の人の思い残しを満たすような生き方をしたくない、と思っているのです。

過去世の人にはあちらの世界にお帰りいただきたい。
この人生は私の人生なのだから。

「それ」について『思考』した時、『区別』が出てくるのだと。

「これが好き」
「これが嫌い」
「これは良い」
「これは嫌」
「これは受け入れらる」
「これは受け入れられない」
「これは認める」
「これは認められない」

などなどの『区別』は、『思考』した時にすべて出てくるって。

『思考』と『思考』の合間の『透き間』の『無』の状態のとき、これらの『区別』は『無い』んだって。

『思考』の元になるのは『自我』なんだって。

でも、『自我』は『危険』から回避する働きを持つ機能があると聞きます。

キネシオロジーテストでの意識レベル850以上になったら完全に『自我』から離れるんだそうだけれど、その状態で『危険』を回避することはできるのだろうか?

それとも、自我から完全に離れた人たちは、危険回避は天からのインスピレーションとか直感を使うのだろうか?

なんて思っているところです。

私は、「愛する」はできない。
ですが「優しくする」はできます。

。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。☆。。゜゜☆゜゜。。

今日はちょっと文章を崩した感じで書いてみました^^

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.10.20 / Top↑