。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


これ、けっこういつも考えていることです。

あなたは「ありがとう」の反対の言葉を知っていますか?
http://heaaart.com/post/52776

これと似たようななにかの話で、お姉さんが弟さんに靴のことかなにかでつれないことをして別れたら、弟さんがその日に死んでしまったそうで・・・

それ以来、そのお姉さんは、

「これが最期の別れかもしれないと思って相手に言葉をかけよう」

と思ってそう実行しているそうです。

とはいえ、シチュエーションによっては愛の言葉をかけられないこともある、せちがらさ・・・

明日がある、この先もあると思って言わなければならない言葉・・・

自分の心と体と時間(命)を守るために言わなければならない愛のない言葉・・・

愛の言葉かけだけができないということへのもどかしさがあります。

私は、

「今日、私が生きている保証はどこにもない」

と常に思っています。

レンタルビデオ屋さんでCDやDVDをレンタルすること、図書館で本を借りることに恐れを感じてしまうほどに。

自分が、そして相手が、

「今日が最期かもしれない」

と思うようになったのは、9歳の頃に戦争体験者の父とのこんなやりとりがあったことからでした。

父が出かけるために玄関から

「おーい、出かけるぞ。」

と私に声をかけてきたので、私が2階の部屋から、

「行ってらっしゃい。」

と声だけかけたのです。

すると、父が足早に階段を上がってきて私の頭を引っぱたき、

「玄関まで来てきちんと見送りをしろ!
出かけていった先で死んでしまって生きて帰ってこないかもしれない、これが最期の別れになるかもしれないんだぞ!」

と雷を落とすように怒鳴られました。

それ以来、私は、

「今日生きている保証はどこにもない。」

と思うようになりました。

それは、恋愛においてもそうでした。

「自分が先に死んでしまう分には別にいい。
霊魂となって相手のそばにいることもできるだろう。

でも相手が先に死んでしまったら?
相手に私の気持ちを知ってもらうこともなく死に別れたら、私は後悔するだろう。

それに、相手は今日、私ではない誰か別の運命の相手に出会ってしまうかもしれない。」

そう考えて、私はお付き合いすることができないのに相手に好きという気持ちを告白したことが2回ありました。

今は、相手に先に死なれたら、

「それもシナリオ通りだったのだろう」

と思うし、また、

「相手は霊魂になったので私の「好きです」の思念波をキャッチするかもしれないだろう」

と思ったりもします。

恋愛や結婚においては、相手に魅力を感じてもらうコミュニケーションをどのように取るかの努力も関わってくるのだけれど、ほんとに付き合うことになる相手とは、自然と『とんとん拍子で話が進む』とよく言います。

付き合う相手とは魂の歴史において好き同士の関わり合いがあり、彼氏彼女になったり結婚したりするのは生まれてくる前に約束しているという霊的な話があります。

だから、いろいろ恋愛テクニックを駆使したとしても、自然にしていてとんとん拍子で話が進まないなら、なにをどうあがいても付き合う流れにはならないのです。

ただ、自分が、相手が、今日が会える最期の日かもしれないと心に留めておいて、自分を優先するか、相手を優先するかの選択においてどう行動言動するかをちょっと考えてみる、というのはいいかもしれません。

自己犠牲して相手を大切にしても、それは相手を大切にしていることにならないです。
なぜなら、相手はあなたに自己犠牲してもらって自分に合わせてもらいたいなんて思わないからです。
自己犠牲してでも私に合わせろという人は、フォース(愛でない状態)の人ですから、そっと離れてかまいませんし、距離的に離れることができない間柄なら、あなたも我儘を言っていいし、相手に「嫌いだ」「あなたが嫌だ」と言ってもいいのです。

言わなきゃ相手はわからない、気づかないですからね。
自分の権利を主張するために怒っても別にいいのだ、と思いましょう。

今日が最期なら・・・あなたは何を言いますか?

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.11.10 / Top↑