。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


どんな音楽が好きかについては個人個人の好みがあると言えばそうなのですが、スピリチュアリティにおける音楽のことについて知っていることを書きますね。

キネシオロジーテストという筋肉の反射で見る科学的なテストがあり、このテストで人間の『意識レベル』が計れます。

意識レベルは地上で肉体など物質を持って出せる数値は1~1000までなんですが、意識レベルについての詳しいことは聖者デヴィッド・ホーキンズ博士のご著書『パワーか、フォースか』を読まれると書かれています。

さて、聖者デヴィッド・ホーキンズ博士のご著書を洋書も含めて読まれている方からお聞きしたのは、人間は生まれてくるときに基本の意識レベルを決めていて、地上に生まれて来ていろんな体験を積んでその意識レベルを上に上げるように努力するのだそうです。

で、音楽の好みについて、この意識レベルの数値の高さが関係してくるのです。

持って生まれてきた基本の意識レベルが高い人は波動の高い音楽、すなわち意識レベルの高い音楽を好みます。
また、セルフヒーリングに取り組んだり悟りの勉強をして意識レベルが高くなった人も、波動の高い音楽を好むようになります。

意識レベルがどんどん高くなっていった人は、意識レベルが上がる前まで好んで聴いていた音楽はそのまま好きでいて時々聴きますが、何曲か聞くと違和感を感じたり心地よくない感覚を感じ聴くのをやめて、クリスタルボウルやシンギングボウルや風鈴ミュージックなどのヒーリングミュージックや、クラシック音楽や讃美歌(歌とは言えないけどお経など)を聴いて心地よい感覚を取り戻すことをします。

逆を返せば、心傷ついたりしてその対象に怒りを感じたりしている人は意識レベルが下がり暴力的・破壊的になるため、その暴力心・破壊心を解消してくれるロックやヘビメタやデスメタルのような破壊的な音楽を好むようになるのです。

音楽にも意識レベルがあり、破壊的な音楽は意識レベルが低いのですが、その音楽の波動が未来にまで影響し、その波動の低いエネルギーによって病気になったり死に至る場合があるということが、聖者デヴィッド・ホーキンズ博士の『パワーか、フォースか』に書かれています。

さらに言えば、クリスタルボウルや風鈴ミュージックなどのヒーリングミュージックが心地よくない人というのは意識レベルがあまり高くないということになるのだろうと私は個人的に思っています。

音楽の好みは個人の嗜好によるものだけではなく、意識レベルの数値が関係してくるのです。

ですから、私は相手の好みの音楽を知った時、この人は自分に合う人であるか合わない人であるかを見当をつけ、音楽の好みが合わない人とは仕事でもない限り時を同じくしません。
なぜなら、一緒の空間で時を過ごすのに音楽をかける場合、相手と自分の音楽の好みが合わないと相手の好みの音楽を聴かされるのは精神的苦痛だから一緒に時を過ごせないです。(それは相手も同じはずです)

もちろん、音楽の好みが一致しているからと言って、自然体でスムーズに付き合える相手とそうでない相手といることはみなさんおわかりだと思います。

セルフヒーリングに取り組み意識レベルの数値が上がっていって愛の意識が高くなってくると好む音楽が変わり、クリスタルボウルやシンギングボウルのヒーリングミュージック、クラシック音楽、讃美歌(または歌ではないけどお経)という波動の高い音楽を好むようになり、波動の高い音楽のエネルギーで良い影響を受けますのでセルフヒーリングに取り組むことをおすすめします。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.11.26 / Top↑