。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


昨日(2015年12月2日)は栄(さかえ)駅の5番出口階段あがってすぐのプロテスタントの教会で開催されている聖書勉強会でした。

開催されるお部屋の祭壇の十字架にツタみたいな植物がかけられていて、お花が飾られていて、紫色の40cmくらいの長さのロウソクが4本立てられていてそのうちの1本に火が灯されていて、クリスマスのアドベントだからの1週に1本ずつ火を灯していくのだそうです。
祭壇のお写真を撮りたいくらいでした。

今日は席が満席になって、牧師さんがすごくうれしそうでした。

今回は信徒の方の『証(あかし)』を聴く会で、讃美歌を歌ってから聖書の『コヘレトの言葉3章11節~13節』と『ヨハネによる福音書 1章1節~5節』を読み上げて、証をしてくださるご年配男性の話を聞きました。

といっても、聖書勉強会事態がだいたい40分間くらいで、男性の『証』の話の持ち時間が10分程度ではなかったかなぁという感じでしたので、詳しい信仰のお話を聞けたわけではなかったんです。

その男性がどうしてこの信仰に導かれたかについては少し聴けたのですが、私が聴けたらなぁと思った、

「この信仰で自分はどう変わったか」

については聴けませんでした。

『証』が終わってそれについての質問タイムがありましたがいらしていた方たちの中でご年配の方がご質問されていましたが、戦争の時にクリスチャンだった祖父母の方は石を投げられたという話や、戦後小学生だった方は家に神棚がない人は手を挙げてと先生に聞かれて手を上げたらその日からいじめられたという話をなさっていたりしました。

日本はクリスチャン人口が少ないけれど、信仰している人は3世代とか2世代とかでとても長く信仰しているのだそうです。

そして40分ほどで『証』の時間が終わって、讃美歌『十字架のもとに』という歌をみんなで歌って、その後、20分ほどお茶を飲みながらの談笑タイムでした。

私は牧師さんの隣の席だったのですが、牧師さんが温泉まんじゅうをくださった方に、

「ありがとうございます。感謝いたします。」

とおっしゃっていて、お饅頭ひとつのささやかなことでも感謝なさるその姿勢がやはり私とは違うなと思いました・・・

牧師さんにお聞きしてみたのですが、先週の聖書の勉強会はアダムと女の知恵の実を食べたのところの少しの文章のところを勉強したけれど、この勉強会で聖書を全部勉強するには20年かかるのだとか・・・
( ̄0 ̄|||)

聖書を専門的に学ぶところは聖書学校というのがあると知り、検索をかけてみたところ、コース受講だとトータルで45万円かかるのでとても手が出ません。

さて、ちゃんとした聖書が欲しいと思い始めたので牧師さんに聖書のことをお聞きしたのですが、新共同解約の聖書はサイズによってお値段が違うのだとのことで、実際に勉強会で貸し出している聖書を3つ取り出して見せてくださったのですが、老いてからも読めそうな文字サイズのものは一番大きいサイズの聖書で、お値段はやっぱり7000円くらいだそうで・・・
( ̄0 ̄;)

牧師さんは、

「聖書は高いから、今すぐ手に入れようと思わなくてもお貸しするからいいんじゃないかな。」

とおっしゃるので、一般的なホテルに置いてある文庫本の聖書なら友達からいただいて持っているんですが、抜粋なのだと思うんですと言ったら、『日本ギデオン教会』のなら抜粋じゃないですよ、あれは新約聖書だけの聖書ですよとのことで、そうなんだ~と思いました。

聖書は2月か3月くらいに買えるようにお金を貯めて・・・ってところかしら・・・

さて、教会ではクリスマスのための電飾の飾りつけを伝道師さんや信徒さんたちがやっていました。

24日・25日はなにか集いがあるのかもしれません。

来週は聖書の勉強をする日です。
行く予定で、とても楽しみにしています。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015.12.03 / Top↑