。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


私自身も最近、テレビをつけてもなにかの番組を観ることができなくなっているのですが、私の周りの人もテレビを見なくなっている人が何人かいます。

ある友達Aさんは、お正月にテレビ番組を1つ2つ観たけれど内容がつまらなくて、もうテレビを見なくていいとおっしゃいました。

またある友達Bさんは、とてもテレビを見るのが好きだったのに、観ても関心が持てなくなってテレビを見る気がなくなったとおっしゃっていました。

私自身はというと、先日、30分の料理番組を15分見たら、心がとても疲れてきて布団に倒れ込み、聖霊治療に何時間も取り組み回復に時間がかかりました。

これは、テレビ番組が発している波動(エネルギー)のレベルが低いから波動・波長が合わないということが考えられるのと、

もうひとつは、地球がアセンション(次元上昇)したらしいので、光の道に進んでいる人はどんどんと波動が上がってキネシオロジーテストの意識レベルの数値が上がって愛のレベルがどんどん上がって意識が高くなっていて、波動が高くなっているため、テレビ番組で波動の低いものと波長が合わなくなって観ることができなくなっていることが考えられます。

もちろん、これは映画の場合も同じです。

演劇の場合も同じですが、特に舞台となると、演じている役者さんの波動も関係してくると思います。

これは音楽にも言えることで、キネシオロジーテストの研究をされて精神科医であられた聖者であられるデヴィッド・ホーキンズ博士のキネシオロジーテストの論文本『パワーか、フォースか』に音楽の意識レベルについてのことが書かれているのですが、

音楽にも意識レベルの数値の高さ低さがある、つまりこれは波動の高さ低さでもあるんですが、歌詞は音楽の意識レベルや波動の高さにはあまり関係がなく、メロディーそのものが意識レベルや波動の高さに関係します。

音楽は精神と霊体などのエネルギー体に影響があって、意識レベル200以下の波動の低い音楽は、聴き続けていると病気になったりするだけでなく、その音楽を聴かなくなった後々にまで影響して、病気になったり場合によっては死に至るそうです。

意識レベルの低い音楽は、破壊的な音楽、特にデスメタルなどは意識レベルが低く波動が低いそうです。

このことと私がヒーリングに取り組んだことで考えられる音楽についてのことは、意識レベルが悲しみのレベルや絶望のレベルにある場合と癒されて意識レベルが愛のレベルになった人は波動の高いヒーリングミュージックやクラシック音楽に癒されますが、

意識レベルが怒りのレベルにある場合と、生命エネルギーが強すぎてそのエネルギーを発散したい人の場合は、ハードロック、ロック、デスメタルなどを心地よく思ったりするのではないかと思います。

なので、これからの時代は、アセンションして地球が5次元の神の次元なって波動が高くなるそうなので、地球に住んでいる人も5次元レベルに波動が上がりみんなが悟りを得るようになるそうなので、意識レベル500以上・・・もしかしたらエゴ(自我)から離れる意識レベル850以上の愛の意識と波動の高い番組や音楽を作らないと、人がテレビや映画から離れていき、音楽も波動の高い音楽しか聴かなくなる時代がやってくると思います。

すでに私は、テレビ番組もそうなのですが、音楽でも神さまと直結している音楽しか聴けなくなっています。

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの交友会が出しているクラシック音楽CDと、イエス・キリストの生涯と復活後を曲にした『ロザリオのソナタ』、聖書を音楽にした『マタイ受難曲』、バッハの『クリスマスオラトリオ』、フランク・ローレンツェンさんの『ハーモニック・レゾナンス』『セレニティ』『チャクラ・ミュージック』、そして天界の楽器と言われているハープの演奏は聴けますが、

それ以外に今までとても好きで聴いていたヒーリングミュージックでも、歌謡曲でも、聴くとすぐに鼻が詰まってしまって鼻呼吸ができなくなり苦しくなって、それでもどうしても聴きたいときは鼻詰まりのお薬を飲んだりしますがお薬が効かないことが多いし、

鼻詰まりのお薬を飲まずに歌謡曲などを聴くのをやめて、ブルーノさんの交友会の音楽や『ロザリオのソナタ』の音楽を再生して聴き始めたりすると鼻詰まりが治ったり、また、鼻詰まり状態でブルーノさんの音楽や『ロザリオのソナタ』を聴くために再生ボタンをぽんと押した瞬間に鼻がすーっと通ったりすることもよくあります。

スピリチュアルな人たちてスピリチュアルなエネルギーでのセルフヒーリングにしっかり取り組んだ人たちは、もう神と直結している音楽しか聴けなくなっている人が多いと思います。

テレビ局が視聴率を上げたいなら、意識レベル500以上の愛の意識の高い番組を作らないと、視聴率は上がらない時代になっていると思いますよ。

もう、エゴ(自我)のドラマの人間関係ドラマや映画は興味が持てない人も多くなっていると思います。

特に、地球の未来を変えるためにやってきたスターチルドレン(インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、レインボーチルドレン、それより幼い世代)たちは愛の意識が高いから、今、第一線で活躍しているであろう、スターチルドレンではない古い世代の昭和40年代より上の人たちが若いころ好きだったもののリメイク番組や古い世代の好む番組は、スターチルドレンたちはさほど関心を持たないだろうと思います。

テレビ番組を作るなら、30代以下の魂が老熟したインディゴチルドレンか、天界から来たクリスタルチルドレンの若い世代にアイディアを出してもらって作るか、愛の意識がとても高い人たちに作ってもらったほうがいいのではないかなぁと思います。

まぁ、もっと言えば、『視聴率』なんて考え方はやめる時代に来ているのではないかとも思いますよ。

これからの時代は光の時代で、悟りの愛の時代になってきているのですから・・・
意識レベルの低い番組はもう通用しなくなっていますよ。
m(_ _)m

<./font>
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016.01.06 / Top↑