。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


今日は名古屋の栄駅すぐそばのキリスト教教会の一般の人も参加できる聖書勉強会に参加してきました♪

今日は教会に行く前に、栄に行かないとない銀行に行ってきたので、教会に到着したのが少し遅くなりました。

でも、時間になるまで、創世記の20章3節まで読めました。

時間になって鐘が鳴り、参加者の方でオルガンが弾ける方が音楽を1曲弾かれてから、今日の講師である伝道師さまが神さまへのお祈りを捧げて、讃美歌の441番『信仰をもて』をみんなで歌いました。

今日は旧約聖書の創世記6章1節~22節を教えていただいたのですが、レジュメは3ページでした。

レジュメの1ページ目に、古くから伝承されている洪水物語の、

☆ギルガメシュ
☆アトラ・ハシース
☆シュメール

に共通することの表が載っていましたが、これには詳しくは触れませんでした。

それで、2014年に公開されたという、『ノア 約束の舟』という映画のことが紹介され、この映画は聖書に忠実ではないそうなのですが、高評価をしたクリスチャンたちもいたということ、ぜひ観ていただきたい映画だとのことでした。

創世記6章1節~4節に『神の子ら』と人間の間に生まれた『ネフィリム』のことについて触れられているのですが、『神の子ら』とは「天使」なのかとも思ったけれどそうではないととれるということがあって、神の子らが人間を妻とするという物語は、古代オリエントにおいてよく知られるモチーフであるとのことなども教えていただきました。

あと、人間の寿命は120年と定められると3節に書いてあるけれど、ノアの大洪水のあと洪水後の人々は400年以上生きていることが、5節以下の物語と噛み合わないのだそうです。

それから、ノアの箱舟は船型ではなく箱型だとのことで、神さまのおっしゃる通りに作ったノアの箱舟の模型の写真がレジュメに載っていましたが、これが水に浮くとしたら、神さまのなんらかのお力が働いていたとしか考えようがないなぁと思いました。

ノアの箱舟は、1アンマが約45cmだそうなので、
「長さ135メートル、幅22.5メートル、高さ13.5メートル」
で1フロア4.5メートルの3フロアなので、象さんは3.5メートルなのでセーフ、キリンさんは5~6メートルなのでアウトなんだそうで・・・

それで私は思ったのですが、キリンさんはいつの時代からいたのか、ノアの大洪水のあとに現れたのか、それともノアの大洪水の前からいたなら、ノアの大洪水は地球全体規模の大洪水ではなくて、ある地域にのみ起きたことなのかいったいどうなんだろうと・・・

たしか、地層を調べると大洪水の痕跡があることがわかっているとか、そういうのを聴いたことがあるのですが、日本では大洪水物語って伝承されているのかしら・・・

そうそう、肉食が許されるようになったのは創世記の9章からだそうで、それまでは草や果物を食べていたとか・・・

他にもレジュメに書いてあって教えていただきましたが、長くなりすぎるので全部は記載しないことにします。

これは聖書の1つの解釈です^^

聖書勉強会のあとは、20分くらいお茶を飲みながら談笑しました。
といっても牧師さんとほかの方たち何人かがおしゃべりをしているのを聞いていただけです^^

ところで、私は幼いころから、

「神さまはとてもとてもお優しい」

と強く思っているのですが、旧約聖書の神さまって大洪水起こしたりするので、お優しくないので、私が神さまだと思っているのって平和の君であるイエスさまのことなのかなぁと思ったりしました・・・

あと、創世記20章3節まで読めましたが、アブラムさんだったかな、に会いに来た神さまとその使いの人が、食べ物を食べたりしていたみたいなので、神さまって眩しい光でご降臨なさるんじゃなくて、一時的に人間の姿をとって現れるのかなぁと思いました。

さて、帰りに駅の改札前の『ウィ・ド・フランス』に寄ってパンを食べてから帰宅して、聖霊治療でケアをするためにお布団に寝転がってから気づいたのですが、最近、鼻が少し詰まり気味だったのに、鼻がすごく通っているのであれっと思って、

「やっぱり、教会って波動の高い場所ってことなのかな~」

と思いました。

ですが、聖霊治療後、ユーチューブでレイキ音楽動画を再生させていたら、また鼻が詰まり気味になってしまいました・・・

波動の高い音楽動画を求めます~

一生神に音楽を捧げ続けたというバッハの曲でも鼻が詰まる~~~
(><)

波動があまり高くないものに触れると鼻が詰まるというのは私だからなのでしょうか・・・

早くネガティブエネルギーの影響を受けないくらいの波動が高くなりたいです。

今は意識レベルいくつになったろう~
知りたいです~

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016.01.14 / Top↑