。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


『あかりさんのセッションを受けました』その1~4の続きです。

あかりさんに、私がレム睡眠の夢の世界でとても暗い世界にいることが多くて、神さまに事情を説明してから、

「平和で平穏で穏やかな明るい世界の夢を見せてください」

とお願いして眠らないと、レム睡眠の夢で暗い世界にいるからなぜなのかをお聞きしたら、あかりさんが目を少し閉じてチャネリングされて、

「しおんさん、過去世でシスターだった時、とても苦しんでいたんです。
神と結婚して『神の花嫁』だから、人を癒すけれど、自分はとても苦しんでいたんです。
自分がとても苦しいのに人を癒して、その人が喜ぶのを自分も喜んでいたんだけど、その時もしおんさんは人を愛しているという感じがなかったの。
それでとても苦しんでいて闇にいたんです。
それが夢に現れていて、暗い世界にいるの。

その当時ね、そのシスターだったしおんさんは、自分が人を愛していることを感じられなくて苦しんでいることを何度も神さまに問いかけたし、上の位の人にも相談したのだけれど、上の位の人もシスターだからとても厳しいことをしおんさんに言って、しおんさんは苦しくて心に闇を感じていたの。

今は変わりつつあるけれど、昔のカトリックの世界って、正しいことを言っている人を排除したりもしていて、けっこうドロドロの暗い世界なんです。
上の位の人にも厳しいことを言われて、シスターだった(過去世の)しおんさんは苦しみから抜けられなかった。

今のしおんさんならわかると思うけど、自分が苦しいのに人を癒すのはね・・・
だからシスターだった過去世の人の闇の部分で暗い世界の夢を見るのよ。」

と・・・

私はちょっとびっくりしました。
なぜなら、かなり癒されて心が満たされた私は、過去世のシスターだった自分が、苦しみの闇の中にいて人を癒し続けたとは思っていなくて、神さまの愛を感じて平安と穏やかさの中にあるのだと勝手に思っていたからです。

そういえば、2010年だったか、作業所で霊能力のある若い女性とお茶していた時、私の左肩の上に金髪ウェーブの女性の顔が見えるとおっしゃって、あることで心配していた私の顔を、その金髪の女性が抱きしめたとおっしゃっていました。

その金髪の女性は聖母マリアさまなのかと思っていたのだけれど、もしかしたら過去世のシスターだった私かもしれません・・・

その過去世のシスターの私はまだ闇の中にいるのだろうか、それとも私の魂が記憶しているそのシスターの記憶が、私に暗い世界の夢を見させるだけなのか・・・

とりあえず、セッションが終わったあとから過去世のシスターの人のことをブルーノさんやイエスさまや聖母マリアさまにお願いして、聖霊治療していただいて、アインシュテレンしています。

そしてあかりさんに、この間、OSHO禅タロットを弾きに行ったら、占い師さんから、

「あなたが来ると私のほうが癒されるんです」

と言われたことを話すと、あかりさんが

「うんうん、そうだと思う。
それくらいシフトアップしているよ。」

とおっしゃるので、悟りを得るのにブロックとなっているものについてお聞きしてみました。

その6に続く・・・

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016.01.17 / Top↑