。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


2016年3月24日(木)に名古屋国際センターで開催された『マザー・テレサ展』に友達(仮にAさんとします)と行ってきました♪
*゚゚‥¨゚゚*‥。。(*゚ ▽ ゚*)。。‥*゚゚¨‥゜゜*

マザーのいろいろなお写真が40枚くらいでしょうか、展示されていて、1枚1枚の写真の下にマザーのお言葉が書かれていました。

私が特に惹かれたお写真は、マザーの足の裏のお写真と、とても大きなパネルの写真で、マザーが神に祈りを捧げている時のお写真でした。

マザーの足の裏、足指の下の腹の部分に大きなまめができていて・・・
それはそれはたくさん歩かれた方のおみ足でした。
インドのスラム街を、世界中を、たくさんたくさん歩かれて道端に倒れている方を助け続けたのでしょう・・・

マザーのお言葉の中で特にこれは私が心掛けなければと思ったお言葉は、原文そのままに暗記することはできていないと思いますが、

「人は利己的、不合理、批判的です。
それでも人を愛しなさい」

「人の中の美しいものを探して見るようにしなさい。
誰でも心に美しいものを持っています。
私はそれを探して見るようにしているから
人を愛せるのです。」

確かこんな感じのお言葉でした。

私は、エゴ(自我)が嫌です。
自分の心にエゴを見た時にもとても嫌になるし、
他者のエゴを見た時にもとても嫌になります。

だから、エゴを愛を持って眺められるようになるように、『神の治癒』に取り組み中です。

※神の治癒=ブルーノさんの聖霊療法、フラワーエッセンスを摂ること

数々のマザー・テレサのお写真に添えられた数々のマザーのお言葉を読んで、Aさんと2人で何度も涙ぐみました。
*゚゚‥¨゚゚*‥。。(* ゜ 人 ゜*)。。‥*゚゚¨‥゜゜*

さて、会場では動画を上映していました。

『マザー・テレサの遺言』というDVDを見せていただいたあと、マザーが来日された時に名古屋の南山大学で講演会をされたのですが、その南山大学で作成された講演会のDVDを名古屋だけで上映していますと見せていただき、そしてマザーの奉仕活動を写真に撮り続けた 沖守弘 さんのインタビュー動画を見せていただきました♪

『マザー・テレサの遺言』のDVDは、インドのコルカタでの『死を待つ人の家』だと思うのですが、シスターやブラザーたちが何をしているのかが撮影されていて、ハンセン病患者の方が織物をしたり畑仕事をして働いていたりするシーンが撮影されていたり、シスターたちがサリーをお洗濯しているシーンもあったり、

貧しくて病院に行けない町の人たちがシスターたちによって医療を施されているシーンもありました。
というのは、無料で手に入る薬草を煮出した薬湯水(?)を利用していたり、聴診器で心音を聴いたりもしているようで、シスターが聴診器を首にかけていました。

また、現地では酔っ払った夫にセ●●●を強要されて何人も赤ちゃんを産むことになる女性がとても多いのだそうで、育てられずマザーの元に赤ちゃんを預けたりする女性も多いのだそうです。

なのでシスターたちは家族計画について、つまり避妊だと思いますが、女性たちに教えたりもしているそうです。
(これは男性にも教えないとならないはずですが、DVDでは出てきませんでしたがブラザーたちが男性に避妊を教えているのかもしれませんね。)

マザーは中絶について、絶対ダメだとおっしゃっていました。
マザーは中絶についてある表現をしたのですが、それは確かにそうなのですが、どこの地域にでもマザーの『孤児の家』があるわけではないので、育てられないのに産むということについて考えると、どうしても私は中絶を否定はできないです・・・
(´・ω・`)

会場で案内していた係の男性とお話することができたのですが、係の方に、

「とても感動しました。
私はまだマザーのような慈悲と慈愛の心が持てていないのですが、マザーのようになりたいです」

と言ったら、その係の方に、

「あなたは自分を責めてしまっています。
マザーのような慈悲と慈愛の心を持てていない、というのは、

「私にはできていない」

と自分にダメ出しをして自分を責めているんですよ。

自分ができないことに注目するのではなく、
「自分ができること」に注目するといいですよ。

ここ(マザー・テレサ展)に来ているということは、
あなたが「慈悲・慈愛の心」を持っているということです。」

と言われまして、

「ああ、こういう風に思うだけで自分にダメだしをして自分を責めているんだ・・・」

と、自分が普段当たり前に思っていることのあれこれが自分へのダメだしで自分を責め続けているんだなと思いました。

そして、係の方が聖パウロ会が出しているDVDがあるのだと教えてくださり、それは教会関係の書店や、キリスト教関係の本を扱っている書店で買えるのだということ、聖パウロ会のDVDはamazonで売っても売れないから売らないんですよとおっしゃっていました。

「また、マザー・テレサ展をやってほしいです」

と係の方に言ったのですが、主催してくれる団体がないとできないのだとのこと・・・

なので、名古屋でまたマザー・テレサ展が開催されるのかはこれを書いている今現在ではわからないので、神さまにお願いしてみます♪

それで、係の方にブルーノ・グルーニングさんのちらしをお渡しして、非営利団体であること、そしてブルーノさんはマザー・テレサの活動に力にになってくださると思いますと、ブルーノさんのことをさっと紹介して、

「国際連合広報局NGO団体のワールド・ピース・プレイヤーズ・ソサエティからマザーが受賞したのと同じ『平和賞』をいただいているんです」

と伝えて、係の方は東京の方だったので、映画上映会は東京でもやっていますとお伝えして、よかったらちらしをもらってくださいませんかと言ったら、その方は映画のちらしを見てくださって「いいですよ」と受け取ってくださいました♪

何度も涙しそうになった『マザー・テレサ展』でした。
友達Aさんに「来てよかったです^^」とお伝えしました。

さて、女子パウロ会が出しているマザー・テレサのDVD、2枚手に入れましたよ♪

『マザー・テレサとその世界』
『すばらしいことを神さまのために』

というDVDです。

あっ・・・土曜日に座禅会に参加して、日曜日は打ち合わせがあって、月曜日はブルーノさんの交友会の他地域の友の方と長電話したら、内容をすっかり忘れてしまいました。

また見直して別の記事で感想を書きますね。

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの紹介文はこちら
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1406.html
(病気治癒だけでなくあらゆることで奇跡が起きます)

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016.03.29 / Top↑