。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


『タロットオラクルセッションを受けました』その1~2の続きです。

タロット4

そしてAさんが私がエゴの声をとても聴いているから、エゴはできない理由を常にささやいてくるから耳を貸さないでと、スピリチュアルTVの視聴者であり出演者であるおじさまと同じことをおっしゃいました。

それについていろいろメッセージをいただいたのですが詳しく思い出せなくて、でもいただいたメッセージに対して私がまだ「できるのかな・・・」「そうなのかな・・・」と疑いを思ってしまうことが次に引いたカードにも、その次のカードにも出てきました。

剣のカードはエゴが働いていて自分をがんじがらめにしているのだというカードなのだそうです。
だから、剣のカードが出るたびに、

「まだ頭で抵抗していますよ。」

とおっしゃって、神さまの話をまたしてくださって、それを聞いていたら私の疑いの思考が止まったのです。

それで次にカードを引いたら、カップがたくさんあるカードを引きました。
これはとても良いカードで、『運命の輪』のカードにつながってくるのだとことでした。

タロット5

このカップがたくさんあるカードは心キラキラ100%の状態で、神さまからの贈り物をものすごくたくさん受け取ることになるのだそうで、『運命の輪』で出た『赤いじゅうたんが目の前に敷かれてその上に乗って歩く』状態になることだそうです。

「とにかく私はエゴの思考が強いんですね。とてもたくさんのキラキラ心があるのにそれをエゴでがんじがらめにしているんですね。このカードで私はまだ悟りを得ていないということがわかるんですね。」

と言ったら、「そうですね」とのことでした。

そしてAさんが、カップのカードと運命の輪のカードとエゴの剣のカードを指示しながら、

「しおんさんがね、幸せになることは神さまが決めていることなの。だからどうしたって幸せになるの。だって決まっているんだもの。エゴの声に耳を傾けるのをやめると幸せになるんですよ。」

とおっしゃるので、

「ああ、そうか、じゃあ、エゴがささやいてきたら、

「私が幸せになることは神さまが決めていることだから、だからどうしたって幸せになることが決まっているんだよ。」

と言ったらいいんですよね。」

と言ったら、Aさんが、

「そうそう!その通りです!それを言ったらエゴはだまるしかなくなるんだよ。」

とニコニコ顔でおっしゃいました♪

そして陰部のかゆみについては、頭で考えすぎだということ、そこに意識を向けすぎているからひどくなってしまうんだということ、お薬で治らないのは精神的なものが原因だけど、妖艶な大人の女性になりたくないのだとかセ●●●が受け入れられないというのは関係ないから気にする必要がないことをおっしゃってくださいました。

尿とりパッドを使っているので、それが肌に悪いということもあるから、布ナプキンにするとか、柔らかい布を当てるとかしてケアすると違うと思いますよとのことでした。

そして、セッションを受けた今の私にブルーノさんや聖なる愛の光の存在からのメッセージを聴きたいですと1枚カードを引いたら、出たカードは、

「思考するのやめてね」

のカードでした。

最後に最初によけてあったカードはなんだったのか見せていただいたのですが、どういう意味のカードかが思い出せません。

タロット6

神さまは万能であること、エゴの声を聴いていると神さまの愛を受け取ることができなくなってしまうこと、だからエゴの思考をやめること、エゴは私を幸せにしたくないからできないよ、無理だよと常にささやくこと、エゴは神さまを理解できないこと、でも神さまが私を幸せにしたくて決めたことはそうなるということ、神さまはみんなをしあわせにしたいんだということ、神さまはいくらでも与えてくれるということ、だから神様を信頼するのだということを話してくださったのですが、スピリチュアルTVの視聴者で出演者のおじさまと同じことをおっしゃっていました。

何枚もエゴを表すカードが出て来たので、ほんとに私はエゴの声ばかり聴いているんだなと、理性で判断しているつもりが実はエゴの怖れの声だったのだと知ることができたので、これからは思考に気を付けようと思いました。

それに、私が「現実はこれこれというものだからできない」と思うのが、それだけ今まで長い人生の中で、愛から遠ざかったものばかりすごく見てきたことが関係あるのだと、だから神の治癒で心と体と魂の浄化にさらに取り組んでいくことが大事であることを痛感しました。

ブルーノさんの『神の治癒』に取り組んでお助けをたくさん体験し、成功体験を積んでいきます♪

Aさん、ほんとうにありがとうございました♪

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016.04.15 / Top↑