「相手の気持ちを知りたい」方へ


霊能者さんやチャネラーさんや、
タロットカードリーダーさんや、
オラクルカードリーダーさんの
セッションを受けて
相手の気持ちを知ろうとしている方、

あなたは、霊能力やチャネリング能力や
タロットカードやオラクルカードで、
誰かが自分の心を覗き見してくるのを
どう思いますか?

嫌ですか?
それともぜんぜんかまいませんか?

たいていの方は嫌だと思います。

自分の心を除き見してくる相手を、
「失礼な人だ。マナーが悪い。」
と思いませんか?

ここまで言えばすでにおわかりだと思いますが、
あなたが霊能者さんやチャネラーさんや、
オラクルカードや、タロットカードで、
相手の気持ちを教えてもらうのは、

『相手の心を覗き見している』

ことで、相手に対してとても失礼で
マナーの悪いことです。

そういうわけで、
タロットカードで相手の気持ちを知ることは
タブーとされていますから、
オラクルカードで相手の気持ちを知ることも
タブーとされています。
これを知らないタロット占い師さんや
オラクルカードリーダーさんもいると思います。

霊能力でもチャネリング能力でも同じことで、
タブーのはずです。

そして、タロットカードやオラクルカードや、
霊能力、チャネリング能力で
相手の気持ちを知っても、実は意味がありません。

なぜなら、結果が出たらその一瞬が過ぎたら
その情報は過去のものになり、
「今この瞬間」
には相手の状況が変わって相手の心境が
変わっている場合があるからです。

あなたが霊能者やチャネラーや
オラクルカードやタロットカードで
相手の気持ちを聞いて、結果の情報を知ったとします。

その結果の情報が出た瞬間のすぐあとの「今この瞬間」に、
相手があなた以外の人との出会いがあって、
その人とのコミュニケーションによって、
その人に恋愛感情を抱いてその人と
恋人同士になってしまうこともあります。

また、恋愛ではなくても、
友達とケンカしたあととか、
なにか他のシチュエーションで
相手の気持ちを知りたい場合も、

相手がどういう状況になって
どういう心境を持っているかは、
その瞬間、瞬間で変わるので、

霊能力やチャネリング能力や、
タロットカードや、オラクルカードで
相手の気持ちの情報を得たとしても、
その情報が次に会うまで継続しているわけではありません。

もちろんこれは、相手と会ってとか
電話やメールで言葉を交わして
コミュニケーションを取っての相手の情報だとしても、
同じことです。

ですが、相手の気持ちを知りたいなら、
相手に聞くことです。
相手に、

「私のこと、どう思っているの?」

なんてストレートに訊く勇気がないのであれば、
相手とコミュニケーションを取って、
相手の自分に対する言動と行動をよく見て、
理性的に判断することです。

でも、相手があなたに、

「好きです」
「愛してる」
「一緒にいられて嬉しいよ」

と言ったとしても、それは「今この瞬間」の話であり、
あなたとのコミュニケーションがどうかによって、
相手の気持ちは「今この一瞬」で変わり、
過去に示してくれた相手の気持ちが
覆されることなどよくある話です。

人の心は移ろいやすい(変わりやすい)ものなのです。

『100年の恋も冷める』

と昔から言いますが、恋した相手との間の、
一瞬の出来事で一瞬で恋心が冷める、
なんてこともあるのです。

もちろん、ほんとに良いコミュニケーションを
取り続けることができて、
相手と一生添い遂げる、なんてこともあります。

とにかく、相手とのコミュニケーションで
相手の気持ちを知るのがいいですよ。

霊能力やチャネリング能力や
タロットカードやオラクルカードで
相手の気持ちを知っても、
人の心は移ろいやすい(変わりやすい)ものなので、
あまり信頼性のないものだということが
わかっていただけましたでしょうか?

関連記事
スポンサーサイト