。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


ついこの前、

お金はとても大事でとても良いものです
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1972.html

という記事を書きまして、

それを仕事にしているプロの方が
(ご自分が仕事にしているという認識がないにしても)

「お金をいただけたらやる」
「お金をいただけないならやらない」

という考え方をするのは
『プロ意識』なのだと書いたのですが、

それはそのプロの人自身の為だけでなく、
そのプロの方を利用しているお客さまに対して
金銭的な不平等をさせない為でもあるというがあります。

私もオラクルカードヒーラーとして
税務署に開業申請を出して
プロとしての立場に立ってから、
このことを受け入れたんですが、

お客さまの立場でしかなかった頃は、

「お金でやるやらないを決めるなんて・・・」

という考え方は持っていましたし、
今でも心が堕ちるとそういう考え方を
してしまう時があります。

ある特殊な心の境涯を得た方が、
お話会を3000円だったかでおやりになっていて、
それにお金を支払って参加してくれて
自分の特殊な心の境涯の話を熱心に聞いてくれる人がいるという、
そういうお立場の特殊な心の境涯の方がいました。

その特殊な心の境涯の方をある方が
あるオフ会に参加しませんかとお誘いをしたら、
その方はある理由を述べて断られたとのことを、
発表なさった方がいました。

なので私は

「お金のことがあるからではないでしょうか」

と思ってそういう発言をし、

さらにそういう特殊な心の境涯になっても
肉体を持って生きている以上、お金は必要なので、

「女性はしたたかで現実的なので、
特殊な心の境涯でもそうだと思いますよ」

という発言をしました。

その発言が気に入らなかった方が
私に対しておっしゃった言葉は、
私にとって綺麗な気持ちでその方に向かうことは
もうできないなと思う発言だったので、
次の日にその方をリストから外したのですが、
リクエストが来たので離れるために仕方なくブロックしました。

実は、私はもっと過去に、
あるセラピストさんから言われた
わたしへの一言が、
心が堕ちてしまっていた私にとって
その当時とても傷ついて、泣いたことがありました。

その発言はおおよそ社会的に通用しないというか、
まず社会人ならお客さまに対して言うことは
商売の基本からはずれるだろう言葉で、
それを言われたお客さまは顧客をやめるという
選択をする方が多いだろうと思う言葉でして、

私はその方から離れる決意をして
やっぱり友達リストからはずしたのですが、
その方もやっぱりつながってこようとされて、
私はその方の提供するセッションが
とても自分にとってメリットがあるものだったので、
もう一度つながることにしてつながっているし、
セッションも受けたりしているのですが、

でも、その方に向かうとき、
どれだけ癒しに取り組んでも、
いつもそのわだかまりとなってしまった
その言葉を思い出し、

自分の幸福のためにそういうことをなさる
そのセラピストさんに対して、
全面的な「好感を持っている」という気持ちには
なれないまま、つながっています。

その方の提供してくださるセッションは
腕がとても良いので、
お礼の贈り物をしたりしています。

だからもう、この前起きたトラブルの件の方には
好感を抱くことはもうできないだろうことがわかっていたので、
とりあえずリストからブロックをせざるを得なくなり・・・
再度リクエストが来ていなかったら、
ブロックまではしなくて済んだのですが・・・

どんなに聖霊療法に取り組んでも、
このわだかまりの気持ちは
記憶がある限り消えない・・・

虐待してきた親に対しても、
フラワーエッセンスでかなり開放されたけど、
親を好きになる気持ちを抱くことはどうしてもできない・・・
なぜなら、暴力を振るわれた記憶は消せないから。

それと同じようなものなんだと思います。

この前の件は相手の言い分もわかるし、
自分にも言い分があって、
私はケンカがとても苦手なので
その場はその方に負ける選択をすることなりました。

だからよけいに納得ができないのだというのも
「わだかまり」の原因になっているのはわかっていますが、

私の考えていることは個人営業のプロの立場に
立っていない方には理解できないかもしれない、
一般的な人たちに通用しないという、
そういう考えを述べたことによってのものなので、
せいぜい抵抗できたのは、

「控えるかどうかはわかりませんが」

だけでした。

親や姉や関わった人たちとの関係で、
理論・理屈・正論で支配されるのが
とても嫌になってしまったので、
「逃げるが勝ち」
をしたということなのだと思います。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016.08.13 / Top↑