セイント&エンジェルオラクルカード『聖母マリア』のメッセージ


※これはあくまで私のカードのリーディングですので、
カードの読み方の一例となります。


スピリチュアルTVを見ている方とこのブログを見ている方の誰かにどんぴしゃになメッセージになったらと思い、『セイント&エンジェルオラクルカード』が呼んだので引きました。

引いたカード

『母親』/聖母マリア

のカードです。

カードの意味(抜粋)

「あなたの質問に対する答えは、「母」というテーマと関連しています。聖母マリアがあなたと共にいて、悲しみや怒り、不安などといった母親との感情的な不和をサポートしてくれています。聖母マリアは二人の間に横たわる長年のパターンを癒すことができるのです。

あなたが癒されると、人生の様々なこともうまくいくようになるでしょう。あなたが女性の場合、母親との関係を修復すると自己愛や自尊心が高まります。 これは母としての、または世話をする人へのメッセージでもあり、聖母マリアはその手助けをしようとしています。もし、あなたが公共の場で子供の世話をしたいのなら、もし、あなたが公共の場で子どもの世話をしたいのなら、天が仕事を与えてくださいますようにと聖母マリアにお願いしましょう。」


私のリーディング

あなたの人生の中で、母親に対してのわだかまりがあり、聖母マリアのヒーリングに取り組んだりしながら、フラワーエッセンスやエンジェルエッセンスなどの癒しの波動水を併用したりすると、母親との今までの関係性で体験したことで傷ついた心を癒すことができ、その過去の出来事から解放されてらくになります。

聖母マリアのヒーリングは、こんな感じでいいので自分の言葉でお願いをしましょう。『聖母マリアさま、今すぐここに来てください。母親との関係性で傷ついた私の心を、あなたの母なる愛の癒しのエネルギーで治癒してください。私は私の心が癒されて満たされていくことについて、あなたを信頼してゆだねまかせます。来てくださってありがとうございます。』こんな感じでお願いして、瞑想をしながら癒しのエネルギーを受け取りましょう。

聖母マリアのエネルギーは波動が高いので、こうとわかるように感じません。エネルギーは感じることはさほど重要ではなく、受け取ることが大事です。ですが受け取れているか不安になったときは、その時だけ、聖母マリアに、『聖母マリアさま、あなたの母なる愛の癒しのエネルギーが受け取れているか私に実感させてください。どうぞよろしくお願いいたします。』と伝えると、なんらかの実感を感じるでしょう。

ですが、あなたが実感できるようにするには、聖母マリアはエネルギーの波動のレベルを下げさなくてはなりません。波動のレベルを下げるとその分、治癒改善が遅くなるので、どうしてもエネルギーを感じたいときだけ実感できるようお願いして、その感覚を覚えておいて、あとは波動のレベルを上げてもらって感じなくても受け取れているのだと信頼して、治癒エネルギーを受け取りましょう。

自分の心の内にある母親との過去の出来事のことかららくになったとき、母親との関係性に良い変化があったりしますが、母親のほうがそのまた母親との関係性で心が癒されていない場合、娘のあなたを受け入れないで冷たくされる関係性が続くのですが、しかしあなたが心癒されたとき、実際の母親との関係性に関係なく、自分の心の中で母親を許せてしまえて自分の心の内での母親との関係性が良くなるので、あなた自身はとても心がしっかりしてきます。

特に母親を許せないでいると愛情面を司る心が癒されていないことで恋愛がうまくいかないケースというのがあります。女性の場合は男性に母親のような愛を与えたいと思っても、自分が母親から愛されていないと感じているため、母親のような優しい愛を相手に与えた時に、「ああ、私もこんな風に愛されたい」と思って、つらくなってしまったりすることがあります。

これは子育てにおいても同じで、子どもに愛を与えたいのに実際に与えて子どもが喜んだとき、自分の中に母親から愛されなかった悲しみが湧き起ってきたり、その悲しみが転じて怒りとなって子どもにイライラをぶつけてしまったりするようなことになるケースがあります。

悲しみや怒りが浮かんで来たら、先ほどご紹介した聖母マリアのヒーリングを行いましょう。お子さんと一緒に受け取ると良いでしょう。お子さんには聖母マリアは外国の女神さまなのだと伝えるとすんなりと受け入れると思います。子育てで迷ったら聖母マリアに問いかけましょう。テレビ、ネットの動画、雑誌など書籍、周囲のママ友達、そして訊けるようなら自分の母親が自分を育てていた時、どんなやり方をしていたかを聞いてみたりすると、子育ての先達である母親からなにかヒントになることが聴けるかもしれません。

男性の場合は、母親から愛されなかったと感じていることから母親からの愛を取り戻そうとして、まるで少年のように彼女や妻にすごく甘えたり愛されていることを確認しようとしたりしてわざと試したりするようなことをし、それにより女性側が大人の男性から1人の女性として愛されていないことを実感してしまうことになったりしてパートナー関係がうまく築けなくなるケースもあります。

特に母親から愛されていなかったと感じている女性だと男性に甘えられることをうまく受け止められず甘えられることにうまく応えられず辛くなるケースもあり、お互いが愛し愛されることに満たされないため、パートナー関係性がうまく築けないことでケンカになったりしてしまうケースもあります。この愛し愛される関係性がうまくいかないことは母子関係にも通じてきます。

子育てにおいて、女性は聖母マリアのように子どもを愛して接することを理想としてしまう方もいらっしゃると思います。ですが自分の内にある聖母マリアのイメージと自分がかけ離れていて、自分が理想としている聖母マリアのような愛を子どもに与えられないこととの苦しみや迷い、そして子育てについて何もわからないまま手さぐりで子育てをしているため、苦しみや迷いなどの悩みが生じてしまったりします。

男性も女性も母親との関係性だけでなく、他にも持っている心の傷、例えば父親との関係性での心の傷や教師やクラスメイトから言われたことなど、なにかで作り上げてしまった心の傷をどんどん癒していくと、優しい気持ちになれたり、胸の中央に喜びの感覚を感じて見返りを求めず愛を与えたくなったりする体験をしたりして、見返りを求めずパートナーや友達や子どもに優しくすることもできるようになります。」続きます

小さな子どものお世話をする仕事をしたい方は、聖母マリアにお願いをしましょう。今まで学校体制が合わない子どもたちがとても多いので、今までの学校体制が合わない子どもたちを支援しているところをこの記事に記しておいてありますので、

お子さんが今の学校に合わないと感じている方へ
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-938.html

この記事で子どもたちを支援している団体など組織でのお仕事ができないかなど調べてみたり、また、チャイルドセラピーができるなにかの手法の資格を取ったりして、生涯学習センターや女性会館などの公共の施設のお部屋をレンタルして母親と子どもが集まってなにかをしたり母親と子どものセラピーをするような場を作ってあげたりなどもチャレンジしてみるといいかもです。


以上が私のリーディングとなります。
いかがでしたでしょうか?

なにかお役に立つメッセージとなりましたら、うれしく思います♪
(*^人^*)

オラクルカードヒーラー
しおんえつこ


※これはあくまで私のカードのリーディングですので、
カードの読み方の一例となります。


オラクルカードはJMAアソシエイツ株式会社が販売元です。
オラクルカードはライトワークスさんで販売しております。

ライトワークス

http://www.light-works.jp/
※パソコンでサイト表示させて、かなり下のほうを見ると、
『オラクルカード無料体験』
のバナー(クリックできる長方形の絵)があるので、それをクリックすると、
エンジェルカードの1枚引きと3枚引きができます。

関連記事
スポンサーサイト