心のお仕事を有料でやることを『悪』だと思ってしまうので訊いてみました


本格マヤ暦占いが無料でできるサイトを教えていただいて、
そのページを見に行ってみたのですが、
その中の1つのページがありまして、

【マヤ暦占い】 超簡単なマヤ暦占いの方法をお教えします
http://isegohan.hatenablog.com/entry/2015/02/05/132240

上記ページに、簡単にざっと言うと、
この方は本格マヤ暦占いが無料でできるようにしたので、
有料でやっている方から嫌がらせを受けたとのことで、

電話占いについて、
人の心の弱みにつけこんだエゲツナイ商法だと、
マヤ暦セミナーってなんですか?と、お金を取るのですか?と、
新興宗教ですか、怪しすぎます(笑)と・・・

この方は本格的なマヤ暦占いを勉強するのに、
お金払って本を買うなりして、自分で勉強したのだと思うので、
この方はマヤ暦占いにある程度のお金を
支払っているはずなんだけどなぁ・・・

マヤ暦セミナーというのも、
授業なわけで、

コーチングだってセミナーがありますし、
授業なわけで、

授業に授業料を支払うのなんて
至極当然、当たり前の話だと私は思うんです・・・

授業を受けるのって、
自分でわけもわからずこれかなと思った本を
何冊も買って時間をかけて読み漁って
ノートにまとめてみて学ぶより、
2時間なら2時間で時間を作って、
それを生活の中のスケジュールに組み込んで、
わかっている先生からわかりやすく教えてもらって、
疑問に思ったことについていろいろ質問できるという
利点があるんですよね。

と思ったりしました。

でもそれはここでは問題ではなくて、
私はこの方の言う、

「人の弱みにつけこんだエゲツナイ商売」

という発言に、

「心についての悩み相談を
有料でやることはやっぱり『悪』なのかな・・・」

と気持ちがぐらついてしまって、そこです、そこなんです。

私が問題にしているのはそれ、注目点がそれなんです。

一般的な人の労働賃金から見て、
お財布から出すには高額なセッション料金をいただいて、
霊視鑑定やタロット占いとかセラピーとか、
そういう手法での心の悩み相談を
お仕事としてやることについて、
私もいろいろ考えてみることがよくあるのですが、

お金をいただくことによってプロはすごく
セッションに責任を持ち最良を提供しようとするし、

お金を支払うことによって、お客さまは、
なるべく多くを持ち帰ろうと
メッセージをちゃんと受け止める、

というメリットがあることも知っているけれど、
私はマヤ暦占いの方の発言に

「やっぱり有料は『悪』なのかな・・・」

と心がぐらついて、
プロの鑑定師の友達にメールを出して事情を説明し、

「どうしたら心の悩み相談をするのに
お金をいただくことに対して、
ぐらつかない心を持てるのでしょうか?」

とお訊ねしてみたのです。

すると、プロの鑑定師の友達から、
こういうお答えをいただきました。
ブログに掲載してもいいとご許可をいただいたので、
原文そのまま書き記します。

プロの鑑定師の友達の答え

「無料の人は有料の人から、
最も言われたくない事を言われたから、
相手が最も嫌がる言葉を言い返したんでしょうね。

「窮鼠猫を噛む」です。
単なる喧嘩上の言葉なので、
立場が変われば言う内容も変わるレベルの、
小さな言葉だと思います。

人の弱みに付け込むのは、
全ての商売がそうではないでしょうか?
お腹が空くという弱みにつけこんで、食料品を売る。
美味しいものを食べたいという弱みにつけこんで、
美味しいものほど値段をつり上げる。

でも、私たちが日頃、スーパーの店員に
弱みに付け込まれていると感じないのは、
店員に押し付けがましさがないからだろうと思います。

「魚沼産コシヒカリが食べたい?
あと千円出せば売ってあげますよ。」

とは言わないでしょう。
ただ、魚沼産には高い値札を貼って、
お客さんの意志に任せますよね。
スーパーの人も、

「人の弱みにつけこんだ商売するなよ。
食べないと生きていけないんだから、
無料で配れよ。」

って言われる事があるかもしれませんが、
でも実際に商売をやめる人はいないと思います。

無料や格安で売る人が、
正規の値段で売る人に文句を言われるのは、
よくある話です。
または正規の値段で売る小売店が、
格安店に客を取られて潰れているのもよくある話です。
地域に大型量販店が建つ計画が、
地元住民によって邪魔されるのは、こういった理由からです。

占いの業界では、弱みにつけこむ売り方をする店や
占い師はすぐに潰れます。」

ああなるほど、ととても腑に落ちる解答でした。
私は友達にお返事をしました。

「確かに自分にとって高いお金を支払って、
優しい言葉かけをしてもらいたかったとき、
自分にとって手厳しい嫌なことを言われたら、

「高いお金を取っているのに、
こっちはお客さんなのに」

って思いますね。

そういえば私もお心づけで今のところやっていますが、
『スピリチュアルやヒーリングの料金が高い理由について』
という記事をブログの上のほうに固定してあるからなのか、
同業者さんからは文句のメールが来たことが1度もありません。

ですがその記事を見た人から、

「月収18万円で子ども3人育てている家庭がたくさんなのに、
月収50万円でセッション料金を計算するなんてバカにしています」

と文句を書き込まれたことがあるのですが、
それに対して私はうちにいらしてくださる60代のヘルパーさんに、

「月収18万しかないのに子ども3人も生むというのは、
親として自分の月収で子ども何人を育てられるかを、
きちんと計算していなくて、
子どもについての家族計画をきちんとして避妊しなかった、
ということでもあると思う」

と私の意見をヘルパーさんに話したら、

「セックスだけはどうにもならん。」

とヘルパーさんに言われたこと、
また、子どもが天国でお母さんを選ぶという話があり、
子どもはなにもかもわかっていて生まれて来ると言いますが、

親がお金があまりないということを
天国の子どももちゃんとわかっているなら、

「お金がないのに自分が生まれたら、
親はお金の面でとても大変な思いをする」

と、その親を選ばない選択も
天国の子どもにはできるはずだと思います。

シングルマザーで性風俗のお仕事をして
辛い思いをして必死に子育てをしている人もいますが、
天国の子どもがそれをわかっていて
そのお母さんを選んで生まれてきたとしたら、
ずいぶんとひどい子どもだなと私は思ってしまいますが、
それにもそれを体験して学びたかったということかなと思います。
(スピリチュアルな理由として言われていることになりますが)

買うほうは安くて良いものが手に入れば
自分はお金が手元に残るから助かりますが、
品質の高いものを手に入れる価値があると感じたら、
お金を工面して高いものを買った時、
自分がそれだけ高くて良いものを買えるだけの
実力があるんだと誇りを感じたりすることもあります、

高いお金を出すのだから、
メリットを持ち帰ろうとしますよね。
多くを持ち帰ろうとする。
だから言葉(メッセージ)からも
しっかりと受け取ろうとする。

作る人も含めて、売るほうも、
責任をちゃんと感じる、
人がお財布から出すには高いお金をいただくのだから、
良いものを提供しようとする。

提供する人も生活していったり家族を守ったり、
自分が一生を最期の日を迎えるまで
自分で稼いだお金で生きていかなくてはならない。

それがわかっているのに、
有料でやる人に文句を言う人の言葉を聴くと、
私はやっぱり有料でやるのは『悪』なのかなと、
そう思ってしまうのです」

と、プロの鑑定師の友達にメールしました。

プロの鑑定師の友達は、

「無料でやるのも良し悪しだと思います。
占いは聖書の時代から仕事として存在していて、
もともと有償のものです。
誰かが無料にしたおかげで、誰かが生活に窮する。
無料の人は、他に収入源があるから良いけど、
有料の人はこれまでの生活を失う可能性があるわけです。

無料にすがってくるクライアントと、
収入源を失う占い師・・・
どちらが困窮度が高いと思いますか?
本当に愛が必要なのは、占い師のほうかもしれませんよ。

ただ占いの場合は原価がないので、
無料に慣れたお客さんが、
有料だともっと得るものがあるんじゃないかと
来るケースが多いです。
そこでお客さんに『差』を感じさせることが出来たら良いだけです。

だからマヤの人も、無料の人に、

「裾野を広げてくれて有り難う」

と言えば良く、
無料の人は有料の人に、

「どんどんお客さんを紹介させていただきます」

と言えば良かっただけです。

シオンさんはどうするのか・・・
これはなかなか答えが出ないですね。
占いでも音楽でも、アマチュアでいるほうが幸せ・・・
というのは常に感じています。」

プロの鑑定師の友達は、月18万円で子ども3人の発言のことや、
シングルマザーのことの私の言葉にも
お返事をくださいましたが、それは省きます。

私は友達にこうお返事しました。

「有料の人の中には、生まれて来る前の神さまとの約束で、
霊能力やなにかの手法で鑑定師のお仕事だけを専門的に
させられてしまう人や、
病気になって企業労働が困難になるとか、
シングルマザーになって自宅でできる仕事をとなり、
実は勉強したら占いがすんなりできる
生まれ持った才能があった・・・という人もいて、
鑑定師の仕事を専門的にするように「させられる」人もいますよね。

そういう人は、他に収入源となる仕事をしたくてもできないので、
(神さまによってさせてもらえない)、
そういう人は鑑定のお仕事で自分や家族が
最期まで生きていけるお金をいただかないとならないです。

無料にすがってくるクライアントと、
収入源を失う占い師のどちらが困窮度が高いかと言えば、
占い師のほうです。
(と私は思います)」

と私はプロの鑑定師の友達にお返事をしました。

私はどうするのか・・・について考えていて、
疲れやすさややたらと眠くて眠ってしまったり、
体力がなかったりして、
怠け者なだらしのない生活をしていて、

人のお手本になるような規律正しい生活もできず、
ぴしっとした心の持ち主で生きることもできない私が、
心の悩み相談のお仕事をすることをしてもいいのか、

カードの意味の説明ができるから、
お話を聞いてカードを引いて、
クライアントさまと一緒になって考えたりして会話して、
そういうのは聖職者のようなぴしっとした規律正しい生活を
しているわけではない、
そこらの人と変わらなくてもしていいのか、

それともブルーノ・グルーニングさんの『神の治癒』で
未来にはもっと健康になって元気になっていて、
ぴしっとした生活ができるようになっていて、
心の悩み相談をするのにふさわしくなっているのか・・・?

そんなことを考えています。

ところで冒頭の本格マヤ暦占いが無料でできるサイトさんや、
他のgoo占いみたいな500円とか1000円とかで
自動的に占いができるとかいうのって、
それはそれで知ることができるものがあったり
楽しめたりすると思いますが、

でも、人って自動的にとか計算で
占い結果を知るだけじゃダメなんですよね。

人って、自分の話を聞いてほしいものなの。

悩んでいることとかたわいない出来事のこととか、
恋愛のこととかパートナーとのこととか、
会社での人間関係のこととか・・・

いろいろ悩んで答えや理由が知りたくて、
それで霊視とかカードやらなんとか占いなどの
なにかの手法の占いなどで理由や原因を求めて答えを知りたくて、
そしてそれは友達や親や家族には話せないから、
霊能者さんや鑑定師さんに話を聞いてほしいんですよ。

「無料でこのページで占い結果が出ます、
はい、それでオッケーですね。」

というわけじゃないんです。

だから電話占いとかスピリチュアル鑑定とか、
霊能力セッションをやる人が世の中には必要なんです。

その人たちはそれを専門的にやることを神さまによって
「させられている」
人もいるので、生計立てていかなくちゃなんですね。

だから自分と家族を守って最期まで生きるためのお金を得るために、
有料にする必要が出て来るわけです。

命という時間も、生命エネルギーも、
霊的エネルギーも使っているし、
霊的に危険な目にも合ったりして、
それを神霊や天使に助けてもらっていて、
命を使ってやっている。

鑑定師さんとその大切なご家族や、
鑑定会社を運営している人たちが
人生最期まで生きていくためのお金を、
支払ってあげる愛の心を持ってあげても
いいんじゃないかなぁって、そう思います。

ただ、自分の貯金がどれくらいあるかを考えずに、
占いジプシー、霊能力鑑定ジプシーをしないよう、
気をつけられてくださいませね。

オラクルカード(エンジェルカード)なら
ライトワークスさんで無料で引けますからね。

ライトワークス
http://www.light-works.jp/
※パソコンでサイト表示させて、かなり下のほうを見ると、
『オラクルカード無料体験』
のバナー(クリックできる長方形の絵)があるので、それをクリックすると、
エンジェルカードの1枚引きと3枚引きができます。

オラクルカードで天使たちと存分に話してみるといいですよ。
そして

「オラクルカードがここで引けるんだよ」

って、友達と一緒に引いて、

私はこう聞いて引いたらこういうメッセージだったとか、
そんな話をして盛り上がったりしたら、

「えっ、それってこういうことじゃない?」

なんて友達がメッセージを解説できちゃったりすることもあるかもで、
占いセッションを受ける必要がなくなったりするかもですよ。

無料も有料もどちらもメリットとデメリットはあるんだと、
そういうものですね。

私の気持ちがぐらつかないようになるといいのですが・・・

関連記事
スポンサーサイト